風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

土曜美術社出版販売

 土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫150「山田清吉詩集」より、5番めの「だんだんたんぼ」(抄)を読み了える。
 先行する同「田んぼ」全篇は、今月3日の記事にアップした。



 「だんだんたんぼ」は、2004年、紫陽社・刊。27編を抄出する。
 「あのとき」は、軍靴に踏みにじられた女性、戦後パンパンとなった女性を、半世紀を過ぎながら、詩に化することによって、幻想的に昇華することで魂鎮めしている。
 「ちょっとまて」は、父親を亡くした孫たちに、米を運ぼうとして、警察に捕まる媼を描く。「でものう 天子様にあげた命二ツ/息子二人をここに連れて来てくださらんか/そうすれぁこの米でも/己
(うら)の命でも置いていきますげの」と、媼に成り代わって方言で歌うことで、戦争の悲惨と、戦後も相変わらずの官憲の愚をあばいて、絶唱である。
 「人間であることが嫌になる今日此の頃」では、自衛隊によって憲法第九条を空文化し、海外派遣に至る頃を描いて、スローガン的ながら痛烈である。
 自分の葬儀を想定した作品は、これまでの詩集と同じく混ざっている。
 「雨の中の稲刈り」「足踏み脱穀機」「百姓の手」が、農民の苦しみを訥々と作品化した。

0-05
写真ACより、「カーメンテナンス」のイラスト1枚。


 土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫150「山田清吉詩集」より、4番めの「田んぼ」全篇を読み了える。
 先行する「藁小屋」(抄)は、先の7月22日の記事にアップした。



 詩集「田んぼ」は、2001年11月、町田ジャーナル社・刊。21編を収める。
 「無題」では、風水害に因るのか、冬になっても刈り取られない稲を描いて、農民の悔しさを表す。「足折れて 手ちぎれて 首折れて/初雪に覆われて/野垂れ死んだ稲」と比喩する。
 「貌」では、戦場の息子を想い、一人(稲の禾に悩まされながら)田の草取りをする母の姿が描かれる。
 「はんたいこら」では、「息子の嫁が己の先に死んで/ただでさえ心がてきんなっているのに/孫等もみんなで己を大事にしすぎる」と、老媼の心境を描くに、方言を使う。
 「仕事師
(しごとせ)」では、シベリア抑留から帰って農に励み、鍬の柄は擦り減ってくびれていた、という1つの生き方を示す。
 「春さきに」では、トラクター事故で亡くなる老翁を表す。
 「あんさん」では、「あのあんさんはよう働きなった」と、働き者の老人の死を、詩人・岡崎純へのリスペクトか、「ごえしたのう」と似る方言で結んでいる。
 この詩集「田んぼ」は、亡くなった農の先達と共に、孫にも伝わる農の血を描いた、農の曼荼羅といえる。
0-03
写真ACより、「カーメンテナンス」のイラスト1枚。



 土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫150「山田清吉詩集」より、3番目の「藁小屋」(抄)を読み了える。
 先行する「土時計」(抄)は、今月13日の記事にアップした。


 「藁小屋」は、1994年、木立ちの会・刊。このアンソロジーには3章30編を収める。
 題名は県の故・詩人、岡崎純の詩集「藁」(1966年・刊)をリスペクトしたものだろう。

 第1章では、母の死を描く「お盆の十五日」「母が産湯を使う時」「年忌」が、近所らしい農婦の死を描いた「十兵衛どんのおばはん」と共に感銘深い。「癌におかされ/床に臥して/やっと軀を休めると言った母」、「ハハッと笑う/カラカラと笑う/もう食べたくないという/静かに眠る」と具体的で、農家の女の忍従・忍苦の生涯を表す。

 第2章では、ネパール、インドを訪れた体験を描いて、心の転機となったようだ。
 第3章は、彼の詩によく現れる、自分の葬儀というテーマで、ほとんどを占められている。

 彼は卒寿を越えてお元気で、詩の催しにもほとんど欠かさず参加している。ますますのご活躍を願う。
0-02
写真ACより、「カーメンテナンス」のイラスト1枚。


 土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫150「山田清吉詩集」より、2番めの「土時計」(抄)を読み了える。
 先行する第1詩集「べと」は今月5日の記事にアップした。



 「土時計」は、1986年、紫陽社・刊。「べと」より、10年を経ている。
 「土時計」(抄)には、22編を収める。
 「少し馬鹿がいい」では「少し馬鹿がいい/馬鹿だからいうのではないが…少し気違いがいい/気違いだからいうのではないが…」と進む。おとぼけだろう、本人は賢いと思っているだろう。本当に自分の至らなさを視る者は、こう書かない。
 田畑を売れと迫る者、農耕牛を酷使する者、青田刈りを強いる為政者への怒りは、少しのレトリックと共に充分にうたわれている。

 「春が来た」「かかあは正直者です」「死にました」「己
(うら)があさって死んだ」「いいえ違います」では、繰り返し己の死と葬儀を描く。死んでも意識があり、5感が働いて、思いを述べ景色を見る。「死ねばチャラ」と思っているのだろうか。彼が信仰深い事とも関わるのだろう。
0-29
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。




IMG_20190225_0001

 今月18日の記事、「第39回会員の詩書を祝う会」のおり、当人より「稲木信夫詩集」を頂いた。
 土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫143。
 3冊の詩集を収め、今のところの全詩集と伺った。
 写真は照りを抑えるため、ビニールカバーを外してある。

1月号3月号
4月号
 プロ・マンガ家で、ブログ「あんこと麦と」他を運営の暁龍さんが、ブログより読める「PECO」での週1連載の他、月刊誌「別冊家庭サスペンス」にもマンガを掲載中である。
 4月号が僕のメモにあったので、Amazonで検索すると、確かにある。しかし1冊670円で、買い合わせ商品になっている。そこで暁さんに問い合わせた所、1月号、3月号にも作品掲載との事。
 そこで3冊、2,010円で規制をクリアし注文、翌日24日に届いた。順に1月号「炎上」32ページ、3月号「お前が言うな」34ページ、4月号「街角」24ページを載せている。

IMG_20190225_0002
 同じ24日に、所属する結社の歌誌「覇王樹」2019年3月号が届いた。第99巻第3号。
 「紅玉集」の僕の6首(出詠8首より選)は特選だった。
 僕の6首・他は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
2月25日付け記事より、少しずつ順次アップしてゆくので、横書きながら是非ご覧ください。



IMG_20190111_0001
 2017年4月11日の「届いた3冊」以来、4回目の届いた3冊である。これまではNo.を振っていないので、あとで記事検索から探し出して、振って置こうと思う。(追記:既にNo.(2)(3)を振りました)。
 まず美崎栄一郎「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」。2009年・初版。
 僕も手帳(予定)、創作ノート(詩)、スマホのEvernote(短歌)、大学ノート(メモ)など、記録が分散しているので、どこにメモがあるか判らなくなったりする。ノート術で良いアイデアがあれば、とAmazonマーケットプレイスで1円(+送料290円)だった事もあり、購入した。

IMG_20190111_0003
 今読んでいる思潮社「関根弘詩集」(1968年・刊)が、詩集「約束したひと」までと多くの未刊詩篇を収めているので、アンソロジーなりと後の彼の詩を読めるようにと捜した。土曜美術社出版販売の「日本現代詩文庫 27 関根弘詩集」を見つけた。しかしAmazonのマーケットプレイスでは、プレミアが付いて、手が出せない。
 こういう時、有効な最終手段がある。出版社のホームページから、在庫があれば直接、注文出来るのだ。
 今回、「古い在庫なのでヤケがありうますが。」という問い合わせはあったが、OKを出すとすぐに送って下さった。定価1,080円。ヤケありにより、80円値引き、送料無料、無料の郵便振替用紙付き、だった。
 「約束したひと」(抄)が重なるが、後の多くの詩集を、全編、あるいは抄出で収めている。

IMG_20190111_0009
 1月11日に、綜合歌誌「歌壇」2019年2月号が届いた。Amazonでも毎月14日発売(後に14日到着)だったので、予想外に早い到着である。
 「歌壇賞決定発表」他、通常歌にも関心がある。次の3月号も予告は充実しているようで、早くも楽しみである。


↑このページのトップヘ