風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

室生犀星

 岩波文庫で室生犀星「或る少女の死まで 他二篇」より、標題作「或る少女の死まで」を読み了える。
 今月3日の記事、
同・「性に目覚める頃」に次ぐ。
概要
 この岩波文庫に収められた、初期3部作は、大正8年の「中央公論」3冊が初出である。
 自伝としては、あまりに美化されたフィクションが多いと、研究家によって明らかにされている。

 「或る少女の死まで」は、4人グループで酒場で酒を飲んでいて、ある男と喧嘩をして仲間が傷つける。示談の費用にも、面談にも引っ込みがちな友人たちと、警察署内の体験に嫌気がし、宿を替える。

 酒場の女の子も死の床に臥し、同宿だった女の子(ボンタンと呼んで親しんだ)も「私」の第1回の帰郷(「都落ち」と記されている)の後に亡くなっている。
感想
 詩作では生活できない状況(今もほとんど変わらない)だった事もあり、成功を願って都会に蠢く青年たちがいて、暗い底辺を成していた。着物を売って「私」の借財返済を助けてくれる友人も描かれる。

 当時は男尊女卑があったから、か弱い女の死でもって、心境描写の結末を付ける事ができた。現在では、受け入れられない手法だろう。

 室生犀星の小説を僕は、この他に「杏っ子」しか読んでいないので、その後の作家を語り得ない。しかし伝記集「我が愛する詩人の伝記」を読んで、深く感服し、繰り返し読んだ経験がある。今もあちこち探して、単行本・版を見つけ得た。
0-83
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



 岩波文庫の室生犀星「或る少女の死まで 他二篇」より、第2作「性に目覚める頃」を読み了える。
 昨日(8月2日)の記事、
同・「幼年時代」に次ぐ。
概要
 僕の読んだ本は、1952年・初版、1969年・23刷改版、1991年・第48刷となっている。
 寺の里子になって、高等小学校を中退した「私」が、寺で自由に暮らしながら(実際は裁判所の給仕係かになっていた)、賽銭泥棒の美しい娘への欲求や、「表」という文学の友人で、娘にスレている同じ17歳の少年(後に「お玉さん」という決まった恋人ができる)が、描かれている。
感想
 賽銭泥棒の娘とは、賽銭箱に警告文を入れて、来させなくする。
 「表」は結核病(当時は不治の病気だった)で亡くなり、文学上の償いをする。「お玉さん」も結核病が伝染して臥す状態で、哀れを誘う。
 事実かフィクションか、詮索する必要がないので、男女の情の生々しい所も、哀れな様も、鑑賞できる。
 数十年後だろうが、僕の思春期とかけはなれていて、懐旧の思いは抱かなかった。
0-44
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


 

IMG_20180731_0002
 蔵書の中の岩波文庫、室生犀星「或る少女の死まで 他二編」より、初めの作品「幼年時代」を読み了える。
 小説の読了は、先の7月16日の記事、
ドストエフスキー・短編「鰐」を読む以来である。
概要
 里子に出された少年だが、しばしば実家へ遊びに来ている。少年は乱暴者になるが、寺の子になって素行が収まる。慕っていた姉は、再婚してゆく。
 終行は「私の十三の冬はもう暮れかかっていた。」である。(岩波書店編集部において現代表記に改められた)。
感想
 この小説は、幼年時代の自伝のように見せながら、多くのフィクションを含む。
 室生犀星は私生児で、生まれてすぐ寺に引き取られた。実母の顔を知らないらしい。また同じように引き取られた姉(「私」はとても慕っていた)も再婚したのではなく、遊郭に売られたのだという。
 教師への恨みなど、私怨を晴らしているような面もある。
 これらを知ると、美しい文章ながら、同情心の感興はあまり湧かない。
 詩人として名を上げながら、小説家へ転換して成功する事は、島崎藤村の例もあるが、とても困難な道を成し遂げたものだ。


↑このページのトップヘ