風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

小説

IMG_20180611_0001
 村松友視の小説、「時代屋の女房 怪談篇」を読み了える。
 先の5月17日の記事、
同・「海猫屋の客」を読む、に次ぐ。その記事の内に、「怪談篇」が文庫棚にある、と明記した。
 その事もあって、昭和の、大長編ではない、この小説を選んだ。
概要
 角川文庫、1989年・刊。
 初出は、「野性時代」1986年7月号。単行本は、1986年10月、角川書店・刊。
感想
 「時代屋」店主の安さんと事実婚の真弓が、島根県の出雲へ行くと告げて何度目かの家出をする。安さんと、喫茶店のマスターと、クリーニング屋の今井さんと3人で、真弓を追って出雲へ出掛け、ついには安さんと真弓が出会う。
 それまでに真弓が、正体不明の「男」(出て来るたびに「寂しさが…」云々と描かれる)と出会い、しばらく付き添う。
 安さんたち3人と、真弓たち2人が、出雲各地を巡るストーリーが続くのだが、観光地案内風な場面もある。観光地案内の文章を、そのまま引いた所もある。
 安さんと真弓が再会する所、「男」が実は真弓と出会う以前の日付で亡くなっていた事、ドラマ仕立ての定番的大団円である。
 村松友視も、編集者から、(好評だった)「時代屋の女房」シリーズの、続編を書くよう頼まれて、渋々書いたような気もする。
 僕が特に感心したのは、会話の中に、気象変化、原子炉火災、テロ続発、が取り上げられている部分である。30年以上前に、現在を予測したかのようだ。


CIMG9342
 稀にはバイオレンス物も良いだろう、と石田衣良(いしだ・いら)の小説集「少年計数機」を読む。
 文春文庫、2004年・13刷。
 僕はこれまで、5冊の石田衣良の文庫本を読んでおり、直近では旧ブログ「サスケの本棚」2016年8月7日の記事、
「池袋ウエストゲートパーク」がある。
 「少年計数機」は、「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ(10冊以上)の、2冊目である。
 「妖精の庭」、「少年計数機」、「銀十字」、「水のなかの目」の4作を収めるが、「水のなかの目」は終いを先に読んで、読む事を止めにした。
 「妖精の庭」は、ネット覗きシステムより、モデル「アスミ」のストーカーとなった32歳の男を、やっつける話である。
 「少年計数機」は、すべてを両手の計数機で数えずにいられない、10歳足らずの少年が、父の違う兄に誘拐される話である。二人の母親に頼まれた主人公マコトが、仲間と共に少年を救い出し、兄とその仲間を逃亡させる。
 「銀十字」では、70歳過ぎの男二人(ホーム住まい)が大活躍して、引ったくり二人組を捕まえ、更に更生させる。読者ターゲットに、老人を入れる狙いか。
 「水のなかの目」は、これまでと違って、主人公マコトが殺人を犯すようで、ストーリーも合わず、2、3ページで止しにした。

 解説の北上次郎が書いているが、脇役たちも鮮やかに描かれている。



CIMG9275
 2月1日に、2冊の本が届いた。
 まずAmazonより、高野公彦氏の歌集「無縫の海」(2016年5月、ふらんす堂・刊)。
 出版社「ふらんす堂」のホームページで、2015年、「歌日記」として毎日連載された。その記事を楽しみに毎日読むようにしたけれど、僕が忘れた歌があり、推敲された歌があるかも知れない。
 今になって購入したには、複雑な事情があるけれど、今は述べない。
 なお同・連載の2016年は栗木京子氏であり、今年は伊藤一彦氏である。
CIMG9277
 福井県・在住の詩人・小説家・評論家の定道明(さだ・みちあき)さんが、小説「風を入れる」を送って下さった。
 2017年2月1日、編集工房ノア・刊。
 同社よりの小説「杉堂通信」を、ブログ「サスケの本棚」で取り上げた事がある。
 いずれも読みおえたなら、ここで感想を述べたい。


CIMG9256
 集英社オレンジ文庫の、青木祐子の小説「これは経費で落ちません!」を読みおえる。
 購入は、昨年11月3日の記事、
「文庫本2冊」にアップした。
 2016年5月・1刷、同・9月・5刷。他に「風呂ソムリエ」、「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」シリーズ、「幸せ戦争」他がある。
 主人公・森若沙名子は、天天コーポレーション(石鹸や化粧品を作る所から発展し、入浴剤等も作る)に入社5年めの経理部員である。
 周囲で意図的に、天然で、様々策動するのに、「イーブンという言葉が好きである。…差し引きゼロ。すべてにおいてどちらの負担にもならないこと。」を信条とする、仕事にも人間関係にもクールな女性である。
 それなのに1部の人たちから、とても好かれる。営業部の山田太陽に押しきられるように、交際が始まりそうなところで、ほぼ終わる。
 発行された2016年5月、イギリスのEU離脱はないだろう、さらにアメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントン氏が圧倒的に優勢と、国の女性首長がリードして、進歩主義が続き得るだろう、という期待の中にあった。
 その成り行きの中で、この小説は書かれ、読まれたのだろう。今、そういう幻想はない。
 一旦お蔵入りさせて本を読むと、このような感興を得る事もある。


CIMG9221
 1昨日の記事(←リンクしてあり。後日の読者のため)で書いた(1)に続き、田恵剛・小説集「孤独なバラ」の2回めの紹介をする。
 今回に僕が読んだのは、「螺旋」と「青い呼び掛け」の2編である。
 「螺旋」は1986年・発表、翻訳は鄭建さんが検討、「青い呼び掛け」は1985年・発表、前川幸雄さんが検討、双方が翻訳文を確認した。
 「螺旋」は、美しい女性建築士が交通事故に遭い、顔と足の怪我、片目失明の状態になり、恋人の男性が、将来と良心の間で苦しんだが(女性とその家族も別離を願う)、現実の障害を持つ娘さんと男性の恋人(もうすぐ結婚する)と出会い、一生を女性建築士と進もうと決心が着く所で終わる。やや長い、男性の心理変化を追う、小説である。
 「青い呼び掛け」は、女性一人、男性二人の、画家の物語である。パリへ留学して帰国しない男性画家と、その帰りを「十年でも待つ」という女性画家、彼女に惹かれるが事情を知って、パリ留学のうちにその男性を帰国させようと約束する、男性画家のストーリーである。「生活を把るか、芸術を把るか」の問題が、世俗的にも観念的にも描かれる。
 この本で残るのは、「生存の権利」と掌編「ハイヒールの靴をはいた若者」のみである。

CIMG9042
 大江健三郎の小説「水死」を読みおえる。
 講談社文庫、2012年・1刷。
 年老いて根気がなくなり、長編小説や難しい評論は読めないと書きながら(「サスケの本棚」などで)、文庫本で536ページの小説を読んでしまった。
 この小説の文体は、難しくない。大江の文章の呼吸といったものに慣れれば。
 内容が、何を言いたいのかわからない、とある喫茶店のママも嘆いたが、大江の大きなエモーションを感じるだけで良い。
 特殊な私小説だから、筋立てには、好都合が多く起きる。
 電話・対話の会話体、書簡・日誌の文章体が、自在に挟まれる。
 そして女優のヒロインが再び犯され、公演が中止になる、意外なアンチ・クライマックス。
 作家は、予定調和を(自身にも)信じていないようだ。

↑このページのトップヘ