風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

届く

IMG_20180128_0001
 1月28日の朝、所属する結社歌誌「覇王樹」の、2018年2月号が届いた。
 表紙の写真は、やや暗く補正してある。
 同・1月号の拙い感想は、今月5日の記事にアップした。
 今号では通常の短歌作品、批評等の他、清水典子歌集「貫流」批評特集が組まれ、5名が6ページに渉って批評している。
 ホームページ「短歌の会 覇王樹」の動きは早く、28日には作品等が2月号分に更新されていた。
 僕の特選6首(準同人、8首出詠より選)他は、僕のもう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の
1月29日の記事より、少しずつ順次アップするので、横書きながらご覧ください。
 準備不足と、腰痛に責められて、ここまでしか書けないので、ご容赦願いたい。
 読み了えたなら、ここで紹介したい。


CIMG9245
 1月14日に、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年2月号の、発送通知がAmazonよりあり、15日の午前にゆうパケットで届いた。
 雪の積もる中、日曜日に届けてくれて、郵便配達員さんありがとう。
 表紙は、節分の鬼遣らいに因んだもの。左端は雪をまとう裸木。
 巻頭初めの、「あこがれは欲のかなたにあるものと」の上の句に、頭をガツンとやられている僕である。
 また今号には、「歌壇賞」2編、候補作品、選考経過が載っており、読み甲斐がある。
 読みおえたなら、ここで紹介したい。
 
同・1月号の感想は、今月6日の記事にアップした。


↑このページのトップヘ