風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

巻頭作品

歌壇1月号
 綜合歌誌「歌壇」2019年1月号を、ほぼ読み了える。
 
到着は、今月17日の記事「届いた2冊(4)」にアップした。
 同・2018年12月号の感想は、先の11月28日の記事ににアップした。
概要
 2019年1月1日付け・刊。169ページ。定価:800円(税・送料・込み)。
 ある程度の部数は見込めるだろうけれども、出版業の困難さを思う。
 加藤孝男(以下、敬称・略)の「鉄幹と晶子」、古谷智子「片山廣子」論の連載は過ぎており、篠弘「戦争と歌人たち」は休載が続いた。
感想
 「新春巻頭作品」では、述思の歌が多く、まれに描写の歌があると、親しみが湧く。
 道浦母都子の「土佐堀川」16首には、全共闘世代も老いて、このような感慨を抱くかと関心が持たれた。
 「第7回 ぶつかりインタビュー 佐佐木頼綱 (聞き手 佐佐木定綱)」には、感慨があった。父の幸綱の世代を経て、その息子たちがこれからの歌壇の世代かも知れない。定綱は年齢の近い歌人にインタビューする時、深い話を引き出せるようだ。
引用
 1首のみ引用する。武下奈々子「きつねうどん」8首より。
死にたいと愚図る老い人連れ出してきつねうどんを食べさせにけり
 家庭で老人を世話する、誠実さの極限だと僕は思う。結句の「にけり」には引っ掛かるけれども。




IMG_20180817_0001
 今日は他の題材を用意していたが、歌誌が届いたので、速報性を考え、この記事をアップする。盂蘭盆会に絡んでか、例月号より遅いようである。
 8月17日(金曜日)昼過ぎ、郵便で綜合歌誌「歌壇」2018年9月号が届いた。Amazonに予約してあって、何度もメールで連絡が届いていた。
 本阿弥書店・刊。価格:800円(税込み、送料込み)。
 
同・8月号の感想は、先の7月22日の記事にアップした。

 今号の特集は、「短歌の物語性」である。
 僕の所属する結社誌「覇王樹」の編集人、佐田公子さんが1文を載せている。「古典のなかの歌の物語性」の副題で、「歌物語・歌語りの世界」と題して。彼女は古典和歌の研究者でもある。

 僕は「歌壇」10月号の予約を、Amazonに入れなければ。時の先取りがせちがらい時代だ。
 今号を読み了えたなら、ここにアップして紹介したい。


↑このページのトップヘ