風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

Kindle本の第1歌集「雉子の来る庭」をKDPしました。右サイドバーのアソシエイト・バナーよりか、AmazonのKindleストアで「柴田哲夫 雉子の来る庭」で検索して、購入画面へ行けます。Kindle価格:250円か、Kindle Unlimitedで、お買い求めくださるよう、お願いします。

帝国図書館

 2月9日(第2火曜日)の午前10時より、和田たんぽぽ読書会の2月例会が開かれた。O・Tさんが結局、欠席となり、7名の会となった。
 課題図書は中島京子の長編小説「夢見る帝国図書館」(文藝春秋・刊、2019年7刷)である。
夢見る帝国図書館

 僕の感想は、既に今月3日の記事にアップした。


 司会のA・Tさんと、A・Kさんより、昨年は催しができなかったが、今年は通常通りの運営となるよう願っている、との挨拶があった。
 司会より左回りに感想を述べる事になり、A・Tさんは、喜和子さんの物語と帝国図書館の物語を、別々に読んだと語った。戦前の諸作家が、帝国図書館に通って学んだ事に、感銘を受けたとも。
 T・Rさんは、楽しく引き込まれて読んだ。散骨されて、喜和子さんは幸せだったろうか。先人の努力のおかげで、今の読書環境がある。「真理がわれらを自由にする」とのモットーが心に残った、と語った。
 I・Yさんは、装丁が素晴らしく、図書館という地に鍬を入れた物語に、感動したようだった。
 A・Kさんは、後の大文学者が帝国図書館に通った事、幾つもの戦争が図書館拡張を停滞させた事、戦時中も開館していた事が、印象に残ったと語った。
 I・Mさんは、本の厚さと内容の重たさに打たれたと語った。読書会でこそ、個人では読まない本を読む(中島京子の小説は、たんぽぽ読書会で3冊めという)機会があるとも。
 僕は先ほどの記事のプリントを持参し、その後半と、喜和子さんのストーリーがはっきりしないのは、喜和子さんより「わたし」への語りが曖昧であり、知人の訂正が入ったり、他人の捉え難さをあらわしている、と述べた。
 11時半過ぎ、やや早いながら、次回の課題図書を受け取って、散会した。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 和田たんぽぽ読書会の2月読書会の課題図書、中島京子「夢見る帝国図書館」を読み了える。
 僕は読書会を10月、11月と休み、1月例会も退院1週間の診察があり、参加できなかった。ブログには、昨年12月例会の記事が残っている。


夢見る帝国図書館
 2月課題図書は、中島京子の長編小説「夢見る帝国図書館」である。
 文藝春秋・刊、2019年7刷。404ページ。
 駆け出しの作家の「わたし」が喜和子さんと交流する話に、帝国図書館の歴史が挟まるのだが、同時代のパラレルワールドではなく、戦後焼け跡からの喜和子さんの物語が会話の多い文章体で、明治からの帝国図書館の物語がやや講談調で語られ、すっきりなじまない。末尾で、帝国図書館と喜和子さんの物語は結び付き、見事ではある。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ