風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。Kindle版の無料キャンペーンも随時行ないます。多くの方のご購読を願っております。

平和

 2002年、砂子屋書房・刊の「葛原妙子全歌集」より、第6歌集、「葡萄木立」を読み了える。
 第5歌集「原牛」の感想は、先の3月15日の記事にアップした。



 原著は、1963年、白玉書房・刊。557首、著者・後記を収める。
 日中戦争が1937年に始まり、1939年に32歳で太田水穂「潮音」に入った葛原妙子にとり、戦後の富裕な生活の中で、平和に違和感を持っていたのだろう。先の「原牛」にも「異変に飢うる」の言葉がある。
 前衛短歌運動が、様々な手法的財産を遺しつつ、平和な時代に咲いた徒花のように思える。俵万智「サラダ記念日」に依って、戦後短歌より、現代短歌へ舵を切ったと、俵万智・以降に短歌を始めた僕は感じる。
 幻想、妄想の中に、罪の意識が垣間見えたりする。有名な「晩夏光おとろへし夕」の歌も、大胆な字足らずだけれども、厨歌である。中句欠の歌も、また詠まれている。60年安保に関わるらしい歌が、わずかにある。
 リアルな日常詠に好感を持つだけに、前衛短歌の奇異に走ったのは惜しい。


 以下に7首を引く。正字を新字に替えてある。
たれかいま眸を洗へる 夜の更に をとめごの黒き眸流れたり
口中に一粒の葡萄を潰したりすなはちわが目ふと暗きかも
激突の叫喚は靄の中なるをあるものは人の耳に聴こえず
われはいま氷の墓原に出没す奇怪ならじか杳けし 人よ
硝子戸に嵐閃き髪洗ふわが専念はふかしぎならむ
統率はさびしからじかこども率
(ゐ)ておみなの教師路上を過ぎにき
鋭角の影置くかほにあらはるる苦渋ありありと冬の医師なりき
0-12
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。





 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、歌集「鼓動以後」の1回めの紹介をする。
 先の4月21日の記事、同・「鼓動」を読むに次ぐ。
概要
 「鼓動以後」は、著者が1993年に亡くなったあと、歌集「鼓動」以後に紙誌に発表された全ての短歌、1,359首を「全歌集」発刊に際し、まとめて収めたものである。
 紙誌に発表する際には、推敲、選歌があっただろうが、歌集にまとめる際の自分の選歌、推敲はなされていない。
感想
 大部なので、分けて読んで記事化するけれども、何ページごと、という規則は持たない。付箋を7枚貼ったなら、そこで中断して記事化しようと思っている。
 今回は、431ページ~482ページの、52ページを読んだ。1ページ10行組み(章題を含めて)である。
 戦争体験者として、曲折はありながら、戦後の平和と繁栄に、深い感慨があるようだ。
 幼児、少年・少女を見る目は明るい。職を退いたあと、職務に励んできた分、虚しさはあるようだ。
 また故郷の広島県、とくに原爆平和公園を度々訪れている。
引用

 以下に7首を引く。
沿線の戦中戦後を知るものに感慨はありビル林立す
騒音は地上のものか高層のビルに見る東京もの音もせず
おのづから平和公園に我は来つ他に行き場所のなきが如くに
除幕の日学生なりき師の歌碑に今日来て立てば六十路(むそぢ)も半ば(白秋歌碑)
自在とはま寂しきもの企業といふ組織に励みし半生むなし
早春の今日を放たれ遊ぶもの子らは駆けつれて仔犬も走る
去来と彫る小自然石姿よし心にくき墓を残せるものか
0-36
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ