風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

思潮社

 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、「詩集<北山十八間戸>全篇」を読み了える。
 先行する、「詩集<実視連星>から」を読む、は先の10月20日に記事アップした。



 実は僕は、詩集「北山十八間戸」が鮎川信夫賞を受賞した時、書店より取り寄せて読んでおり、2017年4月5日の記事にアップした。


 それより、どれだけ読解が進んだかわからない。彼は技術の威嚇論によって戦後詩を切り捨て、IQ高官論によって同輩詩人を切り捨て、詩集「あたらしいぞわたしは」や「ボーセンカ」シリーズで、孤独な道を進んだ。詩「かわら」で「僕もまた政治家なので/文学も出世の手段としか考えない」と語るに至る。
 「北山十八間戸」の冒頭「エンジンについて。/表現の構成要素について。」は、彼の表現意欲の発動点と、二重性格的な面を(「グラムの道」には「性格はひとつになりたい」の1行がある)、表したのだろう。「どこにでも小さな商店のある日本」と一人の僧による「中世の救済院」、ともに人の世のあわれだろう。
 「外地」では竹島や色丹島を、政治論ではなく詩化しようとする。末尾「和傘をひらく」と古い日本寄りを暗示するようだ。
 「赤江川原」は中世の、「近畿」は戦時中の占領地の、日本的心情を、現代の自分が感じているようだ。
 境地は1種清しいらしく、「錫」などに社会的に向日的な行もある。
0-84
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 昨日の記事、「ふくい県詩祭in三国」に参加、のおり会場で頂いた3冊を紹介する。なお当日・10月26日には、他に2冊を入手したけれども、それは明日に紹介する予定である。
IMG_20191027_0001
 まずT・篤朗さんより、同人詩誌「果実」81号を頂いた。
 2019年11月、果実の会・刊。50ページ。
 同人が新しく2人加わり、9名。教員・教員経験者を同人とする。

IMG_20191027_0002
 無料展示台より、同人詩誌「角」第51号を頂いた。
 2019年9月5日、角の会・刊。30ページ。同人20名。
 若狭を主とし、県内、都内の詩人に同人は及ぶ。

IMG_20191027_0003
 これも無料展示台より、笹本淙太郎・詩集「有の光芒」を頂く。角の会・同人。
 2014年8月31日、思潮社・刊。
 2章40編。125ページ。定価:2,400円+税。

 読み了えたなら、ここで紹介する。


 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、「詩集<実視連星>から」を読み了える。ここには6編の詩を収める。
 先行する同「詩集<心理>から」を読む、は今月8日の記事にアップした。

 

 「船がつくる波」は、生活が順調に進んで、家を持った体験を基にしているように思われる。番地からは1戸立てのようだが、作品ではマンションのように書いた。本より、韜晦は許される。「真金は/鉄のこと/鉄はきのうから わたしのもの/ちいさな前の橋//借りられて/支払いをすませ/彼のもの//強い箱がたの 波」などの部分が、先の想像を誘う。
 「梨の穴」は、H・Bとその伯父、飛田いね子とその兄、タレント(?)の関口知宏、3つの話が錯綜する。「映写機の雲」は、自分を投影するらしい「石川」と、二人の先輩を描く。「イリフ、ペトロフの火花」は、小ロシアの兄弟の若い死までを描く。現代詩作家の、小説や映画のように物語りたい、という欲求の表れのようである。
 「実視連星」は、難解である。エピゴーネンや批判に苦しんだ彼が、容易に読み解けない作品を書こうとしたかのようだ。あるいは恋人との語れないエピソードを基とするか。
 「編み笠」は、史実かフィクションか、韓国の大統領を射殺したシロク(仮名)の話と、編み笠の数人が東海道新幹線で美人の売り子に会う話を、メインに交錯する。これではエピゴーネンは現れないが、彼の詩はグループを成さず、単独であり続けるだろう。
0-78
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 

 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、5番め「詩集<心理>から」6編を読む。
 先行する同「詩集『空中の茱萸』から」を読む、は先の9月24日の記事にアップした。

 

 「宝石の写真」は、秩父困民党事件(1884年、明治17年)の崩壊後の指導者の逃亡地(郵便番号付き地名あり)と、島崎藤村「夜明け前」のモデル・青山半蔵と、現代の縦笛を習う2女性の会話と行動とを、交えて描く。連分けで分けてないので、注意して読まないと、わからなくなる。「縦笛の練習/銃撃はきょうも続く」など、ストーリーのまじわる部分がある。

 「こどもの定期」は、「寒山拾得縁起」を書く森鴎外と、朝鮮からの国費留学生・李光洙と、都内OL・岩間宏子が「新・新小説」を定期購読する話と、3つが入り混じっている。

 「話」は、明治32年の尾崎紅葉の文学口演(日本最初の文学講演)を描く。参加者に現代詩作家が「冷えてゆけ 何もかも冷えてゆけ」と告げるのが何故かはわからない。

 彼の詩が明治時代に飛んだり、丸山真男の学究主義へ傾く(詩「心理」)のは、理由があるのだろう。
0-71
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、4番め「詩集『空中の茱萸』から」5編を読み了える。
 今月14日の記事、同「詩集『渡世』から」を読む、に次ぐ。

 長詩「完成交響曲」の題名は、シューベルトやチャイコフスキーの「未完成交響曲」を、もじったものだろう。もじる(少しずらす)のが好きな人だった。政治家・浜田幸一と画家・岡本太郎のテレビ対談を回想して、当時、初めは岡本太郎を応援していたが、浜田幸一が「…話を、/全然/聞いていなかった/ように思う」と気づいて、「芸術にとってはこのような「人間の壁」はぜひ必要だ。」と述べ、「理解」を前提とする詩人を批判する。
 大学の文学部で、文学に無理解な学生を相手に講義する内、覚えた感覚かも知れない。
 末尾は「ぼくの詩はこの日をさかいに/…/左傾する」である。彼は戦後の主思潮の実存主義に染まらなかった。
 「文庫」をのぞいて、他の「石頭」、「空中の茱萸」、「秘密の構成」、共に長詩で、思いのたけを述べたようだが、今の僕は十分な理解を拒まれている。
0-68
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、3番めの「詩集『渡世』から」を読む。
 今月8日の記事、同「『坑夫トッチルは電気をつけた』から」を読む、に次ぐ。

 彼の詩は難解である。ある時、「遊びと言われようと、詩は新しさを求めるしかない」と語った。僕は表現の新しさではなく、心の(民俗でない)懐かしさ、事柄の新しさ(ネットの民俗など)を求めている。

 詩「くろまめ・めのたま」の中で、「稲の国のプラントオパールの村落青年では/ブナの木の先のことはすべてわからない」と述べる。僕の少年時代も全くそうで、世間がわかっていなかった。高校生時代、彼の主導で作ったガリ版刷り詩集の表紙代も、作家に序文を頂いた謝礼も、僕は全く気付かず、彼が払ってくれたと50年後に感謝している。

 詩「昨日の服」では、従軍生き残りの人たちを、「止まった/  愛のために/彼のセンスはもう/どこからもやってこない」と述べる。戦後詩は、豊かだった思いが、僕は今もあるけれど。70年以降の詩を指すなら、合っていたかも知れない。

0-65
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、2回めの紹介をする。
 「『坑夫トッチルは電気をつけた』から」を読む。
 先の8月27日の記事、同「『一時間の犬』から」を読むに次ぐ。

 「かわら」から。彼は容貌にコンプレックスがあるのだろうか。「醜怪な顔」と、ぼんやりと言っている。彼は醜怪ではなく、理解されること少なく、苦労した文学者の顔だ。
 「林家」から。次の2行がある。「ぼくもまた政治家なので/文学も出世の手段としか考えない」。反語だろうか。本音だろうか。俳歌ではボスなど、権力を振るう人もいたようだ。詩と小説では聞かない。自己表現の芸術に対して、畏れがない。
 「デパートの声」では、東京上流の人のデパートでの言葉に、上京した頃の彼が、コンプレックスを持ったらしい事を描いている。
 「坑夫トッチルは電気をつけた」より。方言ではないけれども、田舎言葉を使っている。電気器具に通電する事を「電気をつけた」と言う。「球」を「たま」と読ませて電灯球を指すのも、「球が切れた」で電球のフィラメントが切れた事を指すのも、田舎風であり、違和感があって理解を妨げる1因となる。
 彼は戦無派の詩の荒野を、どこまで行くのだろう。
0-63
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ