風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。Kindle版の無料キャンペーンも随時行ないます。多くの方のご購読を願っております。

新作

 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、第2句集「空港」を読み了える。
 第1句集「旗」は、今月10日の記事にアップした。



 句集「空港」は、1940年6月、河出書房「現代俳句」第3巻に所収。句集「旗」より抜いた句に、新作を加えてある。なお同年8月、京大俳句弾圧事件で検挙された。

 なお「空港」の内、どの句が「旗」の抜粋であり、新作であるか、腑分けする労を取っていられない。
 「旗」の自序に、「或る人達は「新興俳句」の存在を悦ばないのだが…。私の俳句を憎んだ人々に、愛した人々にこの句集を捧げる。」と、新興俳句の旗手として揚言した。
 「空港」では、内を「空港」と「戦争」の2章に分けた。生活吟では負のイメージの句が多い。
 戦争吟では、かなをカタカナとし緊迫感を出すとともに、新感覚派的スタイリッシュ性がある。

 以下に5句を引く。
海鳴りの晦きにおびえ氷下魚釣る

 (筆者注・氷下魚は、コマイと訓み、タラ目の魚)
主よ人等ゆふべ互みにのゝしれり
緑蔭に三人の老婆わらへりき
湖を去る家鴨の卵手に嘆き
戦友ヲ葬リピストルヲ天に撃ツ
0-16
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。




CIMG9292
 Amazonに予約注文していた、村上春樹の新作小説「騎士団長殺し」第1部、第2部、2冊が昨日(2月25日)の昼に届いた。
 上の写真は、「第1部 顕れるイデア編」のカバーである。
 単行本の新刊を買うのは、マニュアル本か、村上春樹の小説のみとなっている。
 このブログで前回のアップは、長編エッセイ
「職業としての小説家」(新潮文庫)を今年1月12日に紹介した記事である。
CIMG9295
 上の写真は、「第2部 遷ろうメタファー編」のカバーである。
 2017年2月25日、新潮社・同時刊。
 まだ「第1部」の初めのページしか読んでいないが、ファンタジックな長編小説のようである。
 1冊ずつ、読みおえたなら、ここで紹介してゆきたい。


↑このページのトップヘ