風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

新年

 今月6日の記事、入手した5冊(2)の3番めに置いた詩誌「水脈」65号を、詩を中心に読み了える。
 同・64号の感想は、今年2月13日の記事にアップした。リンクより、過去号の記事へ遡れる。

IMG_20190705_0003
 65号は、2019年6月20日、水脈の会・刊。
 編集後記に拠ると、新入会員1名、復活会員2名、1般からの投稿1名、寄稿(随筆)1名と、盛んなようである。
 現場から引退した会員が多いようだ。彼らが長く願って来たことは達成されていない。
 現場の企業戦士からは、「倒れたもん勝ち」という自虐が洩れるくらいである。
 戦後の、弱さは正しいという信念が追いやられ、優しさと善意では生き抜けない世の中となったようだ。
 僕は、囲碁(盤上では、窃盗、放火、殺人あり)で勝負(半目勝てば良い)を学び、花札のコイコイで相手の手の内を読むことを学んだ。
 悪意を持てというのではないが、隣人と社会の悪意には、敏感でなくてはならない。
 N・千代子さんのエッセイ「母の着物」に出てくる、服飾リサイクルの仲間など、これから家族を含めて小さな仲間が寄り添って助け合い、世を生き抜くしかないのだろう。
 僕の親しむ立原道造がそうだったと信じるが、次の次の世の解放を信じられるように思う。



年刊句集「福井県 第57集」
 「年刊句集 福井県 第57集」に読み入る。
 本の受領は、先の3月31日の記事にアップした。
 リンクより、昨年・刊「同 第56集」、1昨年・刊「同 55集」の感想記事へ遡り得る。
概要
 福井県俳句作家協会・発行、2019年3月20日・刊。
 1ページ2段組み、1段1名10句を、新年・四季順に掲載する。
 会長のY・世詩明氏の序文「先師に続け」のあと、作品集、俳句の各種大会の入賞句、各支部の報告等、索引、編集後記へ続く。
 作品集は、2018年(平成30年)に吟じられた句をもって成る。
感想

 今回は初めの1ページ~32ページ、役員、名誉会員・参与の61名、610句を読んだ事になる。
 大家の作品であって、初心者の乱れはない。
 おもに宗教信仰に近く、土俗性も残されている。
 農林漁業に働く老いを吟じた句があって、目を惹かれる。
 技法的に、比喩は少なく、短い詩型ながら対句を取り入れた作品が、散見される。
引用
 以下に5句を引く。
地に木遣天に見得切る梯子乗り(I・道夫)
小鳥来る庭に水琴窟ありて(F・フジ子)
春浅し焦げつき癖のフライパン(I・千恵子)
湧き水に浮かぶ西瓜の自転して(S・健吉)
鮎を焼く簗場小町と呼ばれゐて(I・野武男)



新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 元旦は、記事更新をお休みの予定でしたが、新年のご挨拶とお報せを申し上げます。
 僕のホームページ「新サスケ’s Ownd」の元旦の記事
「ネット爺さん奮戦記」は、毎日新聞福井版のリレーエッセイ「へしこ」に載せてもらったエッセイです。2016年11月24日付けの古いものを転載しました。
 僕がブログを始めた頃の事を書いています。よろしければお読みください。
0-32
写真ACより、「年末年始」のイラスト1枚。初詣に代えて。




↑このページのトップヘ