風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

新潮社

IMG_20180724_0003
 今月25日の記事で到着を報せた、矢部太郎のマンガ本「大家さんと僕」を読み了える。
概要
 2017年10月20日、新潮社・刊。2018年1月20日・9刷。公称・15万部(当時)。
 作者・矢部太郎(やべ・たろう)は、作中・39歳、お笑いコンビ「カラテカ」のボケ役、他に喜劇役者など。
感想
 僕はマンガの評し方がよく判らない。笑いあり、涙あり、ペーソスありと書いておこう。
 大家の87歳のおばあさんが、戦前などの記憶がはっきりしていて、リアル感を与える。ユーモアにも強い。
 早く記事を上げなくて良かった。読みなおしてみると、4ページ程を飛ばしていた。それも主人公が女優を好きになって振られる、重要なストーリーだった。
この後
 作者は1発当てたのだから、マンガの続編なり、芸能人としてなり、大活躍を続けてほしい。
 僕はこの本をメルカリで、さて幾らで売ろうか。


CIMG9508
 今月9日の記事「届いた3冊」で報せた内、川上未映子による村上春樹へのロング・インタビュー「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読み了える。
概要
 2017年4月25日、新潮社・刊。345ページ。
 第1章は、「職業としての小説家」を中心として。
 第2章~第4章は、おもに長編小説「騎士団長殺し」をめぐって。
感想

 改稿回数(「騎士団長殺し」で10稿)とか女性性について、新しい話もあるけれど、地下2階論とか、これまでの繰り返しの部分も多い。
 第1章で彼は、「僕がいつも言うことだけど、優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない。」と述べるけれども、僕は初めて聞いた。名声で押し切っているのではないか。
 「職業としての小説家」は話題にのぼらなかった。
 また「騎士団長殺し」は、アンチ・村上春樹にも、村上春樹・支持者にも、あまり評判は良くなかったようだ。
 言い訳めいて聞こえる。
 これだけのロング・インタビューを発行して、批判を封じているようにも読める。
 「ねじまき鳥クロニクル」でピークを迎えて、「アンダーグラウンド」等で転換を図り、発表を続けているが、勢いは(深さは別として)衰えたのか。
 彼は執筆に関する本を、何冊か出版していて、彼の作品を深く読めるようだが、読者は言いなりになってはいけない。



↑このページのトップヘ