風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

新種

CIMG1012
 昨年8月22日の記事「7本目のムクゲ」で、庭の7種目のムクゲを紹介した。
 キッチンの窓から、近ごろ覚えのない花が見えるので、カメラ片手に近づいてみると、ムクゲの新種の8種目だった。赤紫千重花である。
 庭で自然交配して、ボケか椿の株の間より、除草剤を免れて伸び立って、花咲かせたものらしい。
 親は、下に示す、白花千重と赤紫花一重かも知れない。赤紫八重花(花笠咲き)や白花一重の血が入っているかも知れない。
 写真では8種目だが、庭に絶えた種があるかも知れないので、8種の花を将来見られるかどうか判らない。

CIMG1017CIMG1016
 今年8月7日に「ムクゲの花2種」で紹介した2種が、今も咲き残っている。
 雨あとの涼しさのせいで、元気を取り戻したかに見える。
 写真はいずれも8月13日(木曜日)に写したものである。




CIMG0921
 今日2回目の記事更新です。
 今月13日の記事、
アジサイ2種、で紹介したとは違う種類の、ガクアジサイを発見しました。普通種の赤紫のアジサイに混じって、咲いています。
 外の花びらが純白でなく、赤紫がかっています。斑入り葉でもありません。
 普通種の後退変種か、先の2種の交配種と思われます。

CIMG0918CIMG0919
 今月8日の記事の付記で、伐ったムクゲの古木2本に、胴吹き芽が出ていると報告しましたが、その写真を載せます。
 大きく育って、再び花を見せてくれると良いのですが。


↑このページのトップヘ