風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

日々のソネット

 僕の初めてのkindle本・詩集「詩集 日々のソネット」に、ブログ「資産防衛のための読書ノート」「CHIKOインターナショナルの風に吹かれて」でご活躍の、リュウさん(今はスペインをご旅行中らしい)が、Amazonに初めての、長文のカスタマーレビュー「シニア世代のカタルシス」を書いてくださった。
 実はこちらから、ブログサークルのトークルームのメッセージ機能で、お願いしたのである。
 リュウさんは、このブログでも以前に紹介したように、「詩集 日々のソネット」を購入くださり、あかつきさんと共に
好意的なご感想を寄せてくださったからである。半年も前の本だが、快く引き受けてくださった。
 カスタマーレビューのアドレスを記載できると良いのだが、個人情報の入ったページにしかならないので、読者は右サイドバーで3カウンターの下、「あなたへ詩集をAmazonで」の画像バナーをクリックして、当該ページへ飛んでください。
 また、リュウさんのブログ「資産防衛のための読書ノート」の先の
4月25日付記事にも述べられているので、そちらでもお読みいただける。
柴田哲夫 日々のソネット


 僕が刊行したkindle本、「詩集 日々のソネット」より、3回目、しまいの紹介をします。第2章「日々のソネット」の、第1節「妻と」より、作品「シチュー」です。かなりのヘタレです。

  シチュー
     柴田哲夫

僕が起き出す頃には
妻は出勤している
食卓を見ると お菜が少ない
毎朝 昼夜の分を作ってくれるのだ

昨日は年金を全額渡した
お小遣いはもらっていない
それでお菜が少なくなったのか
ところが昼食のあと


ガスレンジを見ると
鍋が置いてある
シチューをいっぱい作ってあった

妻は今日も優しかった
気づかぬ僕がうかつなのか
疑ぐってわるいことをした

 (暁龍さんがブログ「あんこと麦と」の11月15日の記事で、僕の2つのブログと詩集を、紹介して下さっています。)

0-57
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



  

柴田哲夫 日々のソネット
 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)は、この10月17日付けで、Amazonのkindle本、「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年の紙本・ソネット詩集「光る波」以後のソネット(韻は踏んでいなくて、おもに4,4,3,3行の4連14行詩)より、半数以上を削って、55編を贈ります。
 再任用職・リタイア前後の、庶民の日常の哀歓を綴った4章と、巻末に哲学風の小連作(2章7編)を付します。
 Amazonの「kindleストア」カテゴリーより、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 価格は、kindle本で540円(本体価格500円+消費税40円)です。kindle unlimited版も発行しており、追加金無料で読んでいただけます。
 もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」に既発表の作品ばかりですが、多くの推敲、取捨・編集を行っています。
 またこの詩集には、3つの小さな要・改訂個所があり、出版業者と交渉していますが、うまく行きません。読者が、3個所を見付けて連絡をくださった場合、ブログのランキングへ、2端末より3日間、応援させて頂きます。
 ブログ、SNSで広告して行きますので、よろしくお買い上げをお願い致します。




↑このページのトップヘ