風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

春の台

太神楽
 庭の椿の花、3種を紹介する。
 上の「太神楽(だいかぐら)」は、3月19日の記事「庭の椿と山茶花」の花と同じだが、花容はやや整っている。

吹雪白玉
 椿「吹雪白玉(ふぶきしらたま)」。白地に、紅の吹っ掛け絞りが入る。
 一重、椀咲き。中輪。

春の台
 椿「春の台(はるのうてな)」。白~淡桃地に、紅の絞りが入る。
 八重、蓮華咲き、大輪。




春の台
 わが家の椿、2種を紹介する。
 かつてホームページを立ち上げ、今はツイッターでも活躍する奥村晃作氏(「コスモス」の先輩歌人)に直接訊ねた所、毎年同じ花をブログにアップして良い、と仰ってくださった。
 上の写真は、庭の「春の台(はるのうてな)」である。白~淡桃地に紅の絞りが入る。

草子洗い
 上の写真は、鉢植えの「草紙洗(そうしあらい)」。
 淡桃地に、濃い紅の大小絞りが入る。古典的名花である。





↑このページのトップヘ