風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

月集スバル

 結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、作品欄の初めの「月集スバル」を読み了える。
 5月号の到着は、今月20日の記事
「歌誌2冊が届く」に報せた。
 「月集スバル」は、選者及び選者経験者の欄であり、無選歌で各5首が載る。特選欄めいた「今月の四人」欄がある。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。K・紀子さんの5首より。
十代をかたみに知るは二人のみ生きてゐることに先づ杯を上ぐ
 少女時代よりの友人は、掛け替えのない人間関係だろう。このように歪んでしまった世界では、心の憩まる少ない場の1つだろう。
 同時には「旧友に会ふや健康談義にて大腸カメラの経験談聞く」と隠し立てなく、また「取つ手とれし抽出しのなかにねむりをり数枚残す十代の写真」と少女時代への郷愁もかきたてられたようだ。
010
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



 結社歌誌「コスモス」2017年4月号より、初めの「月集」を読み了える。
 
同号の到着は、今月20日の記事にアップした。
 「月集」と僕が呼ぶのは、「月集スバル」(選者、選者経験者が、無選5首を載せる)と、それに次ぐ「月集シリウス」(7首出詠して、4首or5首掲載)を合わせての事である。
 「月集スバル」には、特選めいた「今月の四人」欄があり、巻頭のH・茂男さんの「老兵となりて忘れしこと多しなかんづく笑顔はみづから捨てき」は、内容と詠みぶりが優れている。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。「月集シリウス」のK・絢さんの5首より。
見るたびに残念なので見ないふり皸(あかぎれ)だらけの私の両手
 育休を取っているのだろう、初子の育児に懸命である。ストレスが溜まるのだろう、夫に怒りが向いて、「子の写真入りの賀状を刷り終へて離婚はやめておくかと思ふ」とも詠む。穏やかな家族になりますように。
クロッカス8
Pixabayより、クロッカスと蜂の1枚。



 結社歌誌「コスモス」2017年3月号より、作品欄巻頭の「月集スバル」を読みおえる。
 
歌誌の到着は、今月18日の記事にアップした。
 いつもは「月集スバル」と「月集シリウス」を合わせて、「月集」として紹介するが、今回は「月集シリウス」をまだ読みおえていない。
 「月集スバル」は、選者及び選者経験者が各5首ずつ、無選歌で載る。自分を律している事だろう。
 特選めいて4名の作品が、「今月の四人」として載る。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。桑原正紀さん(歌壇で活躍しているので、フルネームを出す)の5首より。
トランプは本音を言ふからよしといふ本音は怖し本音は酷し
 人間は、自己抑制し、他に配慮する事が、人間らしさである、という思想家がいた。トランプ大統領も、内心、将来を怖れているかも知れない。大衆心理を煽っているだけで。
梅5
Pixabayより、紅梅の1枚。


↑このページのトップヘ