風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

本歌取り

 藤原龍一郎・歌集「202X」を読み了える。
 購入は、今月2日の記事、入手した5冊を紹介する(6)にアップした。



藤原龍一郎 202X
 歌集「202X」は、2020年3月11日、六花書林・刊。初出1覧によると、2013年~2019年に発表した作品を、グループごと並べ替えて編集してある。発行月日は、東北大震災の日である。
 「反抗する者は常に正しい!」のテーゼ(造反有理か)が若い時代を支えた者として、ディストピアに向かうような現状に、預言とも呪詛ともなる歌を創り続けた。例えば「ニッポンは丘にしあればてっぺんに愚者は居座り日は没するを」。

 以下に4首を引き、寸感を付す。
月光がそそぐ狂気を享けとめて老いたるパルチザンの勇姿よ
 歌誌「月光」主宰・福島泰樹へのオマージュだろうか。
パソコンの起動音こそ恩寵ぞ「日本脱出!」したし今こそ
 塚本邦雄の歌からの本歌取りである。脱出しようにも、強面のドンの国ばかりのようだ。
店頭の均一本は雨に濡れ『ローザルクセンブルクの手紙』
 僕も文庫本の同書を所蔵しているが、読む当てはない。
飼育せし脱走兵が歌いたる「弾丸
(たま)にあたって名誉の戦死」
 大江健三郎の芥川賞受賞作「飼育」が、念頭にあるのだろう。


CIMG9369
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年6月号を、ざっと読み了える。本の到着は、今月15日の記事にアップした。
 特集の「現代版、本歌取り」では、先行作から語句を借りて来るのではなく、以前の別の作を連想させ重ねながら読ませる作でなければ、という点が強調される。歌集は読んでいても、ほとんど暗誦できない僕にはお手上げである。10氏の「本歌取りに挑戦」競作は読み応えがあった。
 小谷奈央「沼杉」20首より。
やったことひとつずつ消しやらなかったことはリストにそのままのこる
 to do リストか何かだろうか。便利さのために用いるアプリなどが、後ろめたさをもたらす現代の逆説を描く。
 さいとうなおこ「寒い」12首より。
考えも顔も異なる妹とおもうがフルーツポンチをたのむ
 似ている点と似ない点を挙げる妹に、違和感を持ちつつ、指摘するでなくスルーしてしまう冷静さが描かれる。
 新連載「小島ゆかり・正木ゆう子の往復書簡」第1回は、俳人・正木ゆう子の書簡であり、中身も熊本地震に関わる「熊本日日新聞」への投句が多く語られて、今1つ身が入らなかった。
 高野公彦インタビュー特別編「20の質問」では、「日課」「座右の銘」「よく見る夢」等の問いに答えている。身近に感じられ、本編と共に貴重な資料となるだろう。




 結社歌誌「コスモス」10月号の、「月集」を読みおえる。
 「月集」と1まとめに僕が呼ぶのは、「今月の4人」、「月集スバル」、「月集シリウス 特別作品」、「月集シリウス」の4欄の事である。
 「月集」の短歌の豊かさは、資質・努力と共に、地位もあっての事だろう。
 付箋を貼ったのは、次の1首。小島ゆかりさんの5首より。
われはもや初孫得たり人みなにありがちなれど初孫得たり
 もちろん、藤原鎌足の「安見児得たり」の本歌取りである。
 小島ゆかりさんにして、孫の生れた喜びを、詠わずに居られなかった。
コスモス2
「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。

↑このページのトップヘ