風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

本阿弥書店

CIMG9286
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の2017年3月号の、発送通知がAmazonより2月14日にあり、2月15日(水曜日)に届いた。
 先の
同・2月号の感想は、今月6日の記事にアップした。
 特集は「短歌の中に残したいことば」。日常では使われなくなった歌語を残そう、という趣旨らしい。古典復帰なら良いが、復古とならぬ事を僕は願う。1時は、カタカナ語の歌語が取り上げられた時代もあったのだが。
 第28回「歌壇賞」受賞第1作30首を、先月号発表の受賞者二人が寄せている。
 評論等の散文も、時間をかけて読みたいが、毎日の小さな用事、ネット、本の読書などに追われて、なかなか読み尽くせない。


歌壇
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の、2017年2月号を、短歌中心にほぼ読みおえる。
 同誌の到着は、先の1月16日の記事にアップした。
 第28回歌壇賞は、大平千賀(以下、文中・敬称略)「利き手に触れる」、佐佐木頼綱「風に膨らむ地図」、2編に決まった。
 歌の前線は、このようなものかと思った。新しい人の感情は、新しい言葉で詠まれれば良い。
 候補作品は、初めの2編は読んだけれども、あとは痛々しくて読めなかった。選考座談会の記録も、僕の歌作の参考にはならないようで、殆んど読まなかった。
 連載「短歌の周囲(うたのぐるり)」11回「な・り・た・い」で、藤島秀憲が大西淳子・歌集「さみしい檸檬」他を取り上げて、実感する所を述べている。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」第9回は、歌集「甘露」「天平の水煙」と共に、様々な旅・他を語っている。


CIMG9205
 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年12月号を、短歌作品中心に読みおえる。
 本の到着は、先の11月19日の
記事(←リンクしてあり)、「歌誌12月号2冊」の内にアップした。
 「コスモス」関係では、巻頭20首に桑原正紀(くわはら・まさき、以下文中敬称略)「鯉(カープ)物語」が今年の広島カープ優勝とその歴史を詠んで、御同慶の至りである。
 特集「今年を象徴する百首」では、鈴木竹志が10首の選者となった。
 また吉川宏志・歌集「鳥の見しもの」の書評「『はるかなもの』を見るために」を小島なおが、時評「新しさとは何か」を福士りかが、作品評10月号「時代を映す鏡として」を木畑紀子が、それぞれ担当して大活躍である。
 栗木京子の高野公彦へのインタビュー「ぼくの細道うたの道」は、第7回に至った。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。上田一成「渚」12首より。
サボテンの小さく咲きたる赤花をしばらく見守る火種のやうに
 「白檀」等の小花は、火種のようだったな、と思い返す。赤いサボテンの「紅玉」も、火種のようだった。

↑このページのトップヘ