風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

本音

 岡山大学短歌会の歌誌、「岡大短歌」7号をほぼ読み了える。
 到着は今月1日の記事、届いた4冊(4)にアップした。


 「外大短歌」9号と同じく、ツイッターのメッセージで注文し、指定口座に代金を振り込むと、爽やかに対応してくれた。

IMG_20191130_0003
 2019年7月15日・刊、61ページ。頒価:400円。
 8首連作が10名に上る。山崎放代、雪舟えまらの1首を評する「1首評」が5首(各1ページ)に渉る。1首評は読まなかった。若い観念が苦手だからだ。
 更に20首連作3名、30首連作1名がある。詠い手は、8首連作作者と重複するけれども。
 岡山大学卒業生の歌人との、作品と書簡の往復が2組あり、幸福な状況だと思う。


 以下に3首に寸評を付す。
 O・こみちさんの「波のリズム」8首より。
あなたは海を例えない 言葉ではなくきらめきで理解する人
 理知ではなく、感性で理解する、若い世代を表すようだ。
 F・悠陽さんの「ホワイトチョコは十二回だけ甘い」20首より。
しんとして西公園の藤棚は枯れた あなたもどこかで生きる
 甘い恋の歌も載る中で、これは失恋、少なくとも別離の歌である。
 M・航さんの「果て」15首より。
嫌いだからヤギ滅ぼしてくれますか それと抱きしめてもらえませんか?
 冗談めかして、青年の本音を表すようだ。

 短歌に交遊に打ち込める事のある青春は良いけれども、勉学を忘れないでください。







 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、2回めの紹介をする。
 「『坑夫トッチルは電気をつけた』から」を読む。
 先の8月27日の記事、同「『一時間の犬』から」を読むに次ぐ。

 「かわら」から。彼は容貌にコンプレックスがあるのだろうか。「醜怪な顔」と、ぼんやりと言っている。彼は醜怪ではなく、理解されること少なく、苦労した文学者の顔だ。
 「林家」から。次の2行がある。「ぼくもまた政治家なので/文学も出世の手段としか考えない」。反語だろうか。本音だろうか。俳歌ではボスなど、権力を振るう人もいたようだ。詩と小説では聞かない。自己表現の芸術に対して、畏れがない。
 「デパートの声」では、東京上流の人のデパートでの言葉に、上京した頃の彼が、コンプレックスを持ったらしい事を描いている。
 「坑夫トッチルは電気をつけた」より。方言ではないけれども、田舎言葉を使っている。電気器具に通電する事を「電気をつけた」と言う。「球」を「たま」と読ませて電灯球を指すのも、「球が切れた」で電球のフィラメントが切れた事を指すのも、田舎風であり、違和感があって理解を妨げる1因となる。
 彼は戦無派の詩の荒野を、どこまで行くのだろう。
0-63
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ