風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

柊書房

 今月18日の記事、入手した4冊(4)で紹介した内、大野英子・歌集「甘籃の扉(かんらんのと)」を読み了える。
2・歌集・甘藍の扉
 2019年9月5日、柊書房・刊。歌数・不明。著者(歌誌「コスモス」選者、他)の第1歌集。著者・あとがきを付す。
 独身のまま、百貨店の仕事に勤しみ、離れ住む両親の世話と、見送りをした生活を、情感を保って歌う事で、救われたようだ。
 父母なく、夫子なく、ただ一人の兄は遠く離れ住み(兄夫婦にも子供がいない)、孤独な生活に入るが、鍛えられた心境は平静なようだ。


 以下に7首を引く。
秋空のたかみに白き尾を引きてゆく旅客機は真昼の彗星
不条理にあれど素早く謝りぬおきやくさまだいいち主義なれば
秋の夜長を楽しみに買ふ椅子ふたつ星見る椅子と読書する椅子
満開に桜咲くあさちちのみの父のたましひは父を去りたり
寝たきりの父が震へる手で書きし「コレガ人生ナラツマラナイ」
幾たびも死に瀕(ひん)したるははそはは大潮に曳かれ逝つてしまへり
来るところまで来たわたし がらんどうの家とこころを残されひとり


 最近に入手した4冊を紹介する。
 同(3)は、昨年12月9日の記事にアップした。

1・大杉スミ子全詩集
 出版社の紫陽社より、「大杉スミ子全詩集」が送られて来た。県内在住の詩人自身の贈呈だろう。
 これまでの5詩集すべてを収める。2019年10月25日・付け・刊。309ページ。

2・歌集・甘藍の扉
 出版社の柊書房より、大野英子・歌集「甘藍の扉(かんらんのと)」を送られた。大野英子さんは「コスモス」の歌人で、僕は「コスモス」在籍中にもあまり関わりが無かったので、柊書房のご配慮だろう。
3・歌壇・10月号
 本阿弥書店より、綜合歌誌「歌壇」2019年10月号が届く。僕の予約購読している、月刊誌である。
4・小坂井大輔 平和園に帰ろうよ
 書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズ48、小坂井大輔の「平和園に帰ろうよ」Kindle Unlimited版を、Amazonよりタブレットにダウンロードした。
 平和園は、名古屋市にある中華料理屋さんで、短歌の聖地となっている。事情は歌人のブログ記事などに、よく出て来る。

CIMG9318
 土屋美代子さんの第1歌集「山帰来」を読み了える。
 入手は、先の3月27日の記事
「入手した3冊(2)」の、トップにアップした。
 2017年3月25日、柊書房・刊。
 選歌、題箋、帯文を、高野公彦氏(歌誌「コスモス」編集長)が成している。
 題名の「山帰来(さんきらい)」は、広辞苑に拠ると、ユリ科の蔓性低木である。姿は、カバー絵を参照されたい。
 彼女は、主婦業のかたわら、点字訳ボランティアをするなど、堅実に、慎ましい位に生きて来たようだ。
 家庭的には、3人の子供さんたちが巣立ち、お孫さんにも恵まれるなど、恵まれているようだ。
 以下に、おもに親族を詠んだ7首を引く。
この春を巣立ちゆく子の引越しの荷物の中に雑巾加ふ
背嚢を背負ひて夜の玄関に立ちし帰還の父を忘れず
ベッドより青空を見てもう春かと言ひしが父の最期になりぬ
もう何もしてあげられずあへぎつつ癌とたたかふ妹の辺に
父、母の調へくれし鏡台に母の葬(はぶ)りの身支度をする
だんだんに大きくしたるシチュー鍋 子ら巣立ちゆき再び小(ち)さし
ゆくりなく京のさくらを堪能す孫の入学祝ふべく来て





CIMG9031
 カナダ在住の歌人・佐藤紀子さんより、第2歌集「カナダの桜」を贈られた。
 2016年8月30日、柊書房・刊。
 彼女は、結社誌「コスモス」の「月集シリウス」会員であり、バンクーバー歌会の代表(?間違っていたら、ごめんなさい)である。
 「コスモス」のブロガー同士(このブログの右サイドバー、「リンク集」にある「できることから一つずつ」が彼女のブログである)のせいか、結社内同人誌の旧「棧橋」同人であったせいか、僕にまで歌集を下さった。
 もちろん、カナダから送られたのではなく、発行元の「柊書房」の発送である。
 歌集の評言は、選をした松尾祥子さんの帯文に尽きている。
 以下に7首を引く。
飛行機に四時間乗りて辿りつく子がサラと住む学園の町
空色のタオルに包まれ眠りをり私を祖母にせし小さき者
偶然に歩けてしまつたあかんぼが母を見上げてクククと笑ふ
木の下に立ち止まりたるリスに似てひらがなの<る>は待機の姿勢
電車バスすべて止まれる余震の夜友三人をわが部屋に招ぶ
子の妻が身籠りたりと知らされぬテキサスよりのテレビ電話に
青墨で英子氏の五首書き上げて私ひとりの「偲ぶ会」する





↑このページのトップヘ