風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

歌壇

IMG_20181119_0001
 今月20日の記事「届いた1冊、頂いた7冊」の内、初めに紹介した綜合歌誌「歌壇」2018年12月号を、ほぼ読み了える。
 本阿弥書店、12月1日付け・刊。169ページ。
 この1冊は、歌集の1冊、歌論集の1冊より、量が多く、読みでがあると感じる。
巻頭20首
 いずれも内向的な詠みぶりと思われる。秋葉四郎「昼の闇」は、白内障手術を受けた妻と、身辺を詠む。
 久々湊盈子「いなごまろ」は、「反骨」を自称するけれど、世間の常識への反抗らしい。「戦禍」「戦争」「君側の奸」を詠むけれども、現政権トップへの批判ではない。
 大下一真「日常 旅 日常 旅」が、題名に似ず、旅にての外界との繋がりを感じさせる。渡英子「母音が七つ」では、二人の孫と海外詠と読書よりの知識をうたう。
特集 妊娠・出産をめぐる歌
 この特集の設定も、内向的だろうか。
 僕の一人子の誕生は、40年近く前なので、立ち会っていず、歌も始めていなかった。
 共感したのは、棚木恒寿「ガラガラポン」だった。夫は幸せな家庭を思い描いているのに、妻は産院で夜は不安に(四人部屋の皆が)泣いていた、という男女の受け止め方の大きな差である。
特別作品30首 田中拓也「とうけい」
 編集者も作者も、その意図のわからない作品群だけれども、右傾化の先走りか、と疑う。
引用

 森岡千賀子「けふの雲」12首より。
床上に横座りしてテレビ観る裸足を猫が齧つたりして
 平穏な生活のようで、外界の危機を思わせる。
 関場瞳「秋の日」7首より。
切株の猿の腰掛け蟇に似て急がずゆけと秋の日の中
 誰もが急ぐ世の中への、諌めの言葉だろう。



IMG_20181119_0001
 11月17日、18日に、受贈するなどして入手した本、8冊を写真アップする。
 純粋な受贈本として、先の10月19日の記事、青山雨子さんよりの
詩集「冷麺」に次ぐ。
 まず上の本は、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)12月号である。「歌壇」がAmazonで抱き合わせ商品になってしまったため、今月13日の記事「昨日の用事4つ」の2番目に書いた通り、発行所の本阿弥書店へ直接、半年分を振り込んだのである。
 17日(土曜日)に県立図書館へ荒川洋治氏の講演を聴きに行こうと、外へ出た所へ、郵便配達の人に手渡された。

IMG_20181119_0003
 県立図書館で同人詩誌「青魚」代表の千葉晃弘さんに会い、出来たばかりのNo.89を8冊頂いた。僕はソネット9編と、短歌連作を載せてもらった。
IMG_20181119_0005
 また同時に、千葉晃弘さんの新詩集「降誕」を頂いた。134ページ、帯。
 詩集に纏められる事で、価値を高める詩群である。

IMG_20181119_0006
 11月17日は、県立図書館の文学フェスティバルの日だった。
 県内文学関係のフリーマーケットも20余のブースを設けており、同人詩誌「果実」のK・不二夫さんより声を掛けられた。僕の名宛ての封筒入りで、同人詩誌「果実」79号を下さった。教員、教職経験者を主な同人とする詩誌である。

IMG_20181119_0007
 フリーマーケットに「百日紅」のブースがあり、県内結社歌誌「百日紅」計20号程を並べ、どれも無料だとの事で、最新10月号を頂いた。
IMG_20181119_0009IMG_20181119_0008
 県立大学文芸部のブースより、「リキッド」N0.24、No.24.5、2冊を無料で頂いた。イラストと掌編などを収めている。フリーペーパーなのか、部誌なのか、判らない。
 他に幾つかの高校、大学の文芸部の部誌のブースがあったが、小説中心という事で、詩歌はなく、冊子を買わなかった。

IMG_20181119_0010
 18日の「2018 ふくい詩祭」に出席したところ、とくしともこさんが詩集「ひかり いのち」を下さった。
 文芸社・刊。87ページ、帯。

 おいおい読んでゆき、ここに感想をアップしたい。


IMG_20181106_0002
 服部真里子・第2歌集「遠くの敵や硝子を」を読み了える。
 なお表紙写真は、トリミングの都合で、上下端が少し切れている。
 今月7日の記事
「入手した4冊(2)」の初めで、入手を報せた。
 (なお同・記事の幸田玲「再会」は、既に読んだ小説だった)。
概要
 上のリンク記事で、前ブログ「サスケの本棚」に載せた、第1歌集「行け広野へと」の感想のリンクを挙げないと書いたけれども、名前を訂正の上、ここに引いて置く。購入記事へのリンクもある。2015年4月6日の記事、
服部真里子「行け広野へと」である。
 4年ぶりの第2歌集は、2018年10月17日、書肆侃侃房・刊。
 普通より縦長の本で、171ページ、291首を収める(1ページ2首)。
感想
 論争の発端となったという、「水仙と盗聴」の歌など、よくわかると思う。
「歌壇」2017年5月号の感想の冒頭部で、僕の理解を述べた。むしろ男性に少し媚びていると思う。
 若者にとって厳しい社会で、歌壇のヒロインとして、彼女は生き抜く決意をしたようだ。
 芸術を取るか生活を取るかの岐路で、彼女は若くして芸術を取ったようだ。
 彼女が将来、不幸に成らない事と、新しい歌を生み続ける事を、今の僕は願うばかりだ。
 なお彼女は、今年10月10日のツイートで、治療に入る旨を告げている。

引用

 以下に7首を引く。
夕顔が輪唱のようにひらいても声を合わせるのはいやだった
見る者をみな剝製にするような真冬の星を君と見ていつ
水仙と盗聴、わたしが傾くとわたしを巡るわずかなる水
父を殺し声を殺してわたくしは一生(ひとよ)言葉の穂として戦ぐ
言葉は数かぎりない旗だからあなたの内にはためかせておいて
地下鉄のホームに風を浴びながら遠くの敵や硝子を愛す
もう行くよ 弔旗とキリン愛しあう昼の光に君を残して



「歌壇」11月号
 綜合歌誌「歌壇」2018年11月号を、作品中心に読み了える。
 10月16日の記事
「入手した3冊(3)」で、3番目にアップした。
概要
 2018年11月1日付け・刊。169ページ。800円。
 毎度書く事だが、値上げせずに頑張っている事は尊敬する。1定の読者はおり、自費出版等の収入もあるのだろうけれども。
巻頭20首
 高野公彦(以下、敬称・略)の「海面は銀波」初めで、歩きスマホと幼児虐待を同等視するのは、如何なものか。安倍首相の顔を平手打ちする想像は、僕にはできない。
往復書簡
 宇田喜代子から馬場あき子へ宛てた書簡で、この夏の酷暑、豪雨が、恒常のものではないかとの怖れは、僕も感じた所だ。
ぶつかりインタビュー 第6回
 佐佐木定綱が寺井龍哉にインタビューしている。若者同士の対話となった。狭い範囲での先端的問題についても論じられている。
 「基本的歌権」が論じられている。僕はもっと一般的に、創作された芸術は、表現としてある程度以上の敬意を払われるべきだと、いう事だと思っている。大衆芸術の俳歌であっても。だから、むやみに貶したり、むやみに添削してはならない、と感じる。「基本的人権」と共に「基本的表現権」はある。
引用

 青木陽子の「アルバム」12首より。
痛きまで還らぬ日々を思ふ夜途切れては鳴く一つ蟋蟀
 感慨、述志から景物へ逸れてゆく詠み方は、これまで「なぜ言いきらないのだ」と嫌がってきたが、歳のせいか、好ましく思う歌もあるようになった。




IMG_20180920_0002
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2018年10月号を読む。
 Amazonよりの到着は、先の9月21日の記事、
「頂いた本など9冊より(2)5冊」の2番目で報せた。
概要
 2018年10月1日付け・刊。169ページ。
 原資の値上げ、消費税増税に耐え、定価を据え置くご苦労を思う。綜合歌誌も諸誌多い事でもある。
特集
 「短歌の名鑑賞」は、それぞれ感銘深い文章である。しかし何か不満が残る。
 1首~数首の鑑賞では、歌人は語れない。歌集論、歌人論まで至らなければ、歌論と言えない。時代の歌壇論とまでは言わないけれども。
巻頭20首
 佐藤モニカ「夏の市場」20首より、次の歌が気になる。
トランプをきりつつ思ふ若き日のおほかたの夢手放ししこと
 短歌での成功と、貧しくない幸せそうな家庭を得ながら、それでも夢は他にあったのだろうか。
戦争と歌人たち 第55回  篠弘
 戦争に関わった歌人を徹底的に追求し続けている。今回は匿名の「桐谷侃三」の暗躍を取り上げている。彼は「きりがやつ・かんざん」と訓んでいる。その卑劣さが暴かれている。
 いま、たやすく「非国民」などと詰る者は、後世の追求を恐れるべきである。

 僕は短歌指導書をわずかだが読んだけれども、それで眼を開かされた、という経験がない。多くの歌を読んで、効率悪くとも、学んで行くしかないのだろう。


IMG_20180920_0001
 最近に頂いた本など9冊より、(2)5冊を紹介する。
 9月20日の記事、
同(1)に次ぐ。

 先の9月15日の県詩人懇話会「第38回 会員の詩集を祝う会」より家に帰ると、詩誌「水脈」63号が届いていた。
 2018年8月30日・刊。A・5判、39ページ。

IMG_20180920_0002
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)10月号が届く。
 169ページ、価格:800円(税込み)。

IMG_20180920_0003
 結社「コスモス短歌会」内の若手歌人による季刊同人歌誌、「COCOON」Issue09が届く。
 2018年9月15日・刊。85ページ、価格:500円(税込み、送料・込み)。
 若手実力派歌人たちの歌誌として、注目される。

IMG_20180920_0004
 県詩人懇話会・副代表の前川幸雄さん(上越大学教授、福井大学教授、仁愛大学講師等を勤めた)が、詩文集「想い出の中の上越と福井」を送ってくださった。
 2018年8月30日・刊。A5判、66ページ。非売品。

IMG_20180920_0007
 これだけ本が集まりながら、Amazonで講談社文庫を注文してしまった。
 川上未映子の小説「ヘヴン」。彼女の
「乳と卵」を読んで、成長ぶりを見たくて(おこがましいが)。
 2017年10月16日・9刷。311ページ、価格:552円(+税)。

 まだメルカリで文庫本1冊を注文している。これだけ本が手許に集まると、嬉しい悲鳴をあげる。



IMG_20180817_0001
 Amazonより予約購入した、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2018年9月号を、作品中心に読み了える。
 本の到着は、今月18日の記事「(同)が届く」にアップした。リンクより、8月号の感想へ遡り得る。
 特集「短歌の物語性」の総論、大井学(以下、1部を除き、敬称略)「内包と外延」では、歌に関わる情報の必要性(歌を読む際の)が書かれるが、世俗的な過度の情報は、歌の読み取りの妨げになる、と言いたげである。
 佐田公子さん(僕が所属する結社歌誌「覇王樹」の編集人)の「歌物語・歌語りの世界」を読むと、「歌徳説話」を読みたくなる。歌の始めに救われた思いを持ち、救われて来たと感じるからである。
 作品群では、日常生活を詠んだ、底意の無さそうな歌が、危ないと思う。無党派層みたいなもので、どちらへも流れ得る。
 巻頭30首の、今野寿美「涙を洗ふ」より、1首を引用する。
騙されるわけにはゆかない騙されるはうが悪いと言はれかねない
 前後の歌より、反権力の1首である。ここまで書いてしまえば、後へ引けないだろう。
 インタビュー「水原紫苑 聞き手=佐佐木定綱」や講演録「ザ・巨匠の添削「北原白秋」高野公彦」を読むと、彼等が歌に就いてどう考えているか、多くの事がわかる。
 商業出版社を通さない歌の伝播が、もっと多くなってほしい。



↑このページのトップヘ