風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

歌壇

CIMG9286
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年3月号を、短歌作品を中心に読みおえる。
 
本の到着は、今月16日付け記事にアップした。
 特集の「短歌の中に残したいことば」は、あまり読まなかった。言い訳をするなら、古い言葉を残す事より、新しい言葉を取り入れる事に関心がある。ネット世界や、ポピュリズムの行方など、新しい言葉の世界は、身近にある。
 付箋を貼ったのは、島田修三(以下、文中敬称・略)の「餡ころ餅」30首より、次の1首。
痴れゆくを天皇は懼れ宰相はもとより痴れて冬深まりぬ
 これだけはっきり、物を言えたら、胸がすくだろう。
 歌壇賞受賞第1作30首では、大平千賀「影を映して」に将来性を感じるけれど、佐佐木頼綱「狩人の歌」には危険性を感じる。
 狩野一男「懸念の島」は、率直な12首である。
 藤野早苗の「あなた 河野裕子歌集」評、「家族の物語(サーガ)」は、歌人家族の中から生まれた選歌集を、全体的にとらえようとする。全歌集の発行は、日本の経済状態では無理なのか、待たれるのだが。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」が、第10回となる。モノクロながら写真も添えられ、興味深い、貴重な談話である。


 

CIMG9286
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の2017年3月号の、発送通知がAmazonより2月14日にあり、2月15日(水曜日)に届いた。
 先の
同・2月号の感想は、今月6日の記事にアップした。
 特集は「短歌の中に残したいことば」。日常では使われなくなった歌語を残そう、という趣旨らしい。古典復帰なら良いが、復古とならぬ事を僕は願う。1時は、カタカナ語の歌語が取り上げられた時代もあったのだが。
 第28回「歌壇賞」受賞第1作30首を、先月号発表の受賞者二人が寄せている。
 評論等の散文も、時間をかけて読みたいが、毎日の小さな用事、ネット、本の読書などに追われて、なかなか読み尽くせない。


歌壇
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の、2017年2月号を、短歌中心にほぼ読みおえる。
 同誌の到着は、先の1月16日の記事にアップした。
 第28回歌壇賞は、大平千賀(以下、文中・敬称略)「利き手に触れる」、佐佐木頼綱「風に膨らむ地図」、2編に決まった。
 歌の前線は、このようなものかと思った。新しい人の感情は、新しい言葉で詠まれれば良い。
 候補作品は、初めの2編は読んだけれども、あとは痛々しくて読めなかった。選考座談会の記録も、僕の歌作の参考にはならないようで、殆んど読まなかった。
 連載「短歌の周囲(うたのぐるり)」11回「な・り・た・い」で、藤島秀憲が大西淳子・歌集「さみしい檸檬」他を取り上げて、実感する所を述べている。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」第9回は、歌集「甘露」「天平の水煙」と共に、様々な旅・他を語っている。


CIMG9245
 1月14日に、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年2月号の、発送通知がAmazonよりあり、15日の午前にゆうパケットで届いた。
 雪の積もる中、日曜日に届けてくれて、郵便配達員さんありがとう。
 表紙は、節分の鬼遣らいに因んだもの。左端は雪をまとう裸木。
 巻頭初めの、「あこがれは欲のかなたにあるものと」の上の句に、頭をガツンとやられている僕である。
 また今号には、「歌壇賞」2編、候補作品、選考経過が載っており、読み甲斐がある。
 読みおえたなら、ここで紹介したい。
 
同・1月号の感想は、今月6日の記事にアップした。


CIMG9229
 Amazonより、予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年1月号の、発送通知が12月14日にあり、翌日15日(木曜日)の昼に届いた。
 新春巻頭作品を7名が寄せ、「新春作品特集『お正月のお膳』」(8首と短文)に10名が集まった。
 新春を祝って朗々と、という形は消えたようだ。
 穂村弘の講演録「言葉の不思議」は、彼の本を読まない僕にとって、新しい歌を読む、鍵になるかも知れない。
 なお表紙の富士山の写真だが、新年号とはいえ、僕は富士山の写真や絵を好まない。配信の壁紙でも、富士に桜、富士に紅葉、などの写真は残さない。何年かに1度、新幹線の窓から、しばらく見えるのは佳いのだが。こういう好みの者もいる。
 今号を読みおえたなら、ここで紹介したい。
 Amazonに、2月号を予約注文しなくては。


CIMG9205
 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年12月号を、短歌作品中心に読みおえる。
 本の到着は、先の11月19日の
記事(←リンクしてあり)、「歌誌12月号2冊」の内にアップした。
 「コスモス」関係では、巻頭20首に桑原正紀(くわはら・まさき、以下文中敬称略)「鯉(カープ)物語」が今年の広島カープ優勝とその歴史を詠んで、御同慶の至りである。
 特集「今年を象徴する百首」では、鈴木竹志が10首の選者となった。
 また吉川宏志・歌集「鳥の見しもの」の書評「『はるかなもの』を見るために」を小島なおが、時評「新しさとは何か」を福士りかが、作品評10月号「時代を映す鏡として」を木畑紀子が、それぞれ担当して大活躍である。
 栗木京子の高野公彦へのインタビュー「ぼくの細道うたの道」は、第7回に至った。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。上田一成「渚」12首より。
サボテンの小さく咲きたる赤花をしばらく見守る火種のやうに
 「白檀」等の小花は、火種のようだったな、と思い返す。赤いサボテンの「紅玉」も、火種のようだった。

CIMG9205
 Amazonに予約注文してあった、総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年12月号が、11月15日に届いた。
 特集は「今年を象徴する百首」(10首選×10名)である。早くも年末ムードを興すかのようだ。
 読みおえたなら、ここで紹介したい。
 2017年1月号を、Amazonに予約注文した。僕の方が、もっと気が早い?
CIMG9207
 結社歌誌「コスモス」2016年12月号が、11月17日に届いた。
 「本年度後期の歌集批評特集」があり、1歌集見開き2ページで、会員の11歌集が紹介されている。
 僕の歌は、3首選だった。もう一つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、11月18日付け
記事(←リンクしてあり)にアップしたので、横書きながらご覧ください。

↑このページのトップヘ