風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

歌壇

CIMG9369
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年6月号が、昨日(5月14日、日曜日)に届いた。リアル書店で買っていた時期も長いのだが、車で往復1時間(無料駐車場のある店まで)の時間とガソリン代を思うと、宅配は便利である。
 まず表紙が好ましい。図柄は梅雨の晴れ間の虹だろうか、額紫陽花(ガクアジサイ)と、文字も青基調の中に、赤い傘を点じている。
 特集「現代版、本歌取り」は、枕詞と同じく、僕のほとんど使えない技法(たくさんの歌は、記憶していないので)だが、関心はある。
 新連載の「小島ゆかり(歌人)・正木ゆう子(俳人)の往復書簡」も楽しみである。
 綜合歌誌は、これ1種しか取っていない。量(時間的に)と、好みの結果である。


CIMG9347
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年5月号を、ほぼ読み了える。
 特集の「わからない歌の対処法」について。発端は服部真里子の「水仙と盗聴、わたしが傾くとわたしをめぐるわずかなる水」に対し、小池光が「まったく手が出ない」と批判した所からである。
 僕は、この歌はよくわかる、と思う。「水仙の花が(揺れて)会話しているようだ。それを盗み聴こうと、からだを傾けると、水仙の葉茎の水と呼応するかのように、わたしの中の水が(揺れるように)感じられる」という受け取り方である。わからないのは、最近の歌を読んでいないか、教師生活が長かったためだろう。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」は第12回に至り、最終回である。小高賢と夫人の逝去、同人歌誌「棧橋」の終刊、新歌集「無縫の海」などを巡って、語っている。次号には20の質問への答えを載せるという。


CIMG9345
 4月15日(土曜日)に、結社歌誌「コスモス」2017年5月号が届いた。
 今号には、「桐の花賞」「評論・随筆賞」の発表がある。
 僕の歌は(10首出詠の内)、4首選だった。もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
4月18日付け記事にアップしたので、横書きながらご覧ください。
 少しずつ読み進んで、ここに紹介したい。
CIMG9347
 4月16日(日曜日)に楽天より、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年5月号が届いた。
 いつものAmazonでないのは、楽天のポイントが少し、溜まったからである。
 特集は「わからない歌の対処法」。
 読み了えたなら、ここで紹介したい。


CIMG9302
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年4月号を、短歌作品を中心に読み了える。
 
同誌の到着は、今月16日の同題の記事にアップした。
 短歌作品はすべて(投稿、引用を除く)読んだものの、評論を読む事が課題だが、加藤孝男(以下、文中・敬称略)「鉄幹・晶子とその時代⑯」、古谷智子「胸もゆるかな 片山廣子ノート㉕」と言われても。
 特集の「誌上交流戦 短歌甲子園の歌人たち」は、すべて読んだ。発案者、選者、引率者の紹介文は、小島ゆかり「孤独と連帯」、笹公人の文中の「リアルな青春ドラマがそこにある。」など、6文章とも感動的である。
 誌上交流戦(「短歌甲子園」の岩手県版と宮崎県版の経験者を対比させて)を読んだが、「神童も二十歳過ぎれば…」の感がある。第3のステージを拓いてもらいたい。
 巻頭20首の岡井隆「税申告まで一箇月の日々」は、題名は散文的だが、初めは「死にたいといふ声がまた遠くからきこえる午後を茶葉で洗ふ歯」と入る。軽い鬱を一過性と気に掛けず、健康法で(?)歯を磨いている。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」第11回は、刊行した3冊の歌論書などを巡って語られる。


CIMG9302
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年4月号が、3月15日(水曜日)に郵便配達された。
 
同・3月号の拙い感想は、先の2月20日の記事にアップした。歌誌の到着の記事へもリンクしてある。
 4月号の特集は、「誌上交流戦 短歌甲子園の歌人たち」である。高校生や大学生が短歌に目覚め、短歌甲子園や大学短歌会で活躍し、また歌壇より注目されるのは、良い事である。
 巻頭作品の巻頭は、岡井隆(以下、文中・敬称略)「税申告まで一箇月の日々に」20首である。思潮社の4冊本「岡井隆全歌集」や、同社の現代詩文庫「岡井隆詩集」を、読んで来た

 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」が、第11回に至っている。
 4月号をひと通り読み了えたなら、ここに記事アップしたい。


CIMG9286
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年3月号を、短歌作品を中心に読みおえる。
 
本の到着は、今月16日付け記事にアップした。
 特集の「短歌の中に残したいことば」は、あまり読まなかった。言い訳をするなら、古い言葉を残す事より、新しい言葉を取り入れる事に関心がある。ネット世界や、ポピュリズムの行方など、新しい言葉の世界は、身近にある。
 付箋を貼ったのは、島田修三(以下、文中敬称・略)の「餡ころ餅」30首より、次の1首。
痴れゆくを天皇は懼れ宰相はもとより痴れて冬深まりぬ
 これだけはっきり、物を言えたら、胸がすくだろう。
 歌壇賞受賞第1作30首では、大平千賀「影を映して」に将来性を感じるけれど、佐佐木頼綱「狩人の歌」には危険性を感じる。
 狩野一男「懸念の島」は、率直な12首である。
 藤野早苗の「あなた 河野裕子歌集」評、「家族の物語(サーガ)」は、歌人家族の中から生まれた選歌集を、全体的にとらえようとする。全歌集の発行は、日本の経済状態では無理なのか、待たれるのだが。
 高野公彦インタビュー(聞き手・栗木京子)「ぼくの細道うたの道」が、第10回となる。モノクロながら写真も添えられ、興味深い、貴重な談話である。


 

CIMG9286
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の2017年3月号の、発送通知がAmazonより2月14日にあり、2月15日(水曜日)に届いた。
 先の
同・2月号の感想は、今月6日の記事にアップした。
 特集は「短歌の中に残したいことば」。日常では使われなくなった歌語を残そう、という趣旨らしい。古典復帰なら良いが、復古とならぬ事を僕は願う。1時は、カタカナ語の歌語が取り上げられた時代もあったのだが。
 第28回「歌壇賞」受賞第1作30首を、先月号発表の受賞者二人が寄せている。
 評論等の散文も、時間をかけて読みたいが、毎日の小さな用事、ネット、本の読書などに追われて、なかなか読み尽くせない。


↑このページのトップヘ