風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。

歌集

 角川書店「生方たつゑ全歌集」(1987年・再版)より、歌集「花鈿」を読み了える。
 前歌集
「虹ひとたび」は、今月18日の記事にアップした。
 歌集「花鈿」は、1973年、牧羊社・刊。井上靖・序文、「あとがき」を付す。
 1972年・刊の歌集「紋章の詩」に内容的には先行するらしく、全歌集では先に置かれている。
 序文で井上靖が「極北に立った鋭さを見せています。…生方さんを取りまく外界がすっかり構築され直した感じです。」と讃えている。「あとがき」で夫の2度の入院、古家が国指定重要文化財となった事などを書き、「私が、もはや、人生の結末への準備をしなければならない要求にせまられたのは嘘ではない。」と述べている。また「私個人としては、大きい『あらたまり』のこころにゆすぶられてよみあげたものであることを信じたい。」とも述べている。
 「虹ひとたび」の記事で僕が書いた、新しい地平、新しい歌境に入りつつある自信だろうか。
 以下に7首を引く。
絶えまなく噴き熄まぬもの化合(けがふ)して夏旺んなる千島火山帯
狐の嫁入りの民話を信じきたりたるわが少女期の甦るは五月
歪みたる瓶も鉱化せる石鹸も惨の証(あかし)してかなしきあさか(広島―爆心地―)
血のやうな赤きプラムの果汁吸ふ病めばやさしくなり合ふわれら(夫病めば)
花のマッス窓にかがやく晨(あした)にて体温ひくきしあはせ分つ
胎児のやうに跼む谷石をふむときに収斂はくる秋のこゑして
ひる暗き土蔵の中のてのひらに重し磨滅の踏絵を持てば
09
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



CIMG9374
 5月16日の(記事は5月17日付け)短歌研究会のおりTさんより借りた、桑原正紀・第8歌集「花西行」を読み了えた。
 現代短歌社・刊、2017年4月・2刷。444首を収める。
 桑原正紀(くわはら・まさき、1948年~、「コスモス」選者・他)は、妻の介護詠を詠み続けている。共に教師の妻が、2006年春、脳動脈瘤破裂に見舞われ、1時は生死も危うく、植物状態の怖れもあったが、歌人の献身的努力により、現在は手助けを得て階段を登れるまでに回復した。しかし近い時の記憶が残らないようだ。
 介護は、「妻へ。千年待たむ」(2007年)、「天意」(2010年)の歌集を生んだ。
 「花西行」にも介護詠は多いが、自身の65歳・教員定年、東日本大震災、政治、他も深く詠まれる。
 僕は18枚の付箋を貼ったが、例により7首のみ引く。
足取りの確かになりてもう誰も危ぶまず見る妻のリハビリ
今日妻は調子がいいのかわるいのか鼻唄まじりにご飯を食べる
継母(はは)の死を負ひて生き来し甥つ子が四十の年に父になるといふ
「全共闘」「バブル」を生みて老いなびく世代に功、罪いづれか重き
ふと見るとケーキ取り出し食べてゐる妻がみんなの笑ひを誘ふ
質問のひとつひとつに思慮深く答ふる妻よ脳病むと見えず(新聞のインタビュー)
頂きし花束の中のユリの香にむせてくしやみす 良き教師たりしか





 

 角川書店「生方たつゑ全歌集」(1987年・再版)より、歌集「虹ひとたび」を読み了える。
 前歌集
「春祷」は、今月9日の記事にアップした。
 歌集「虹ひとたび」は、1969年6月、角川書店・刊。
 題名は、川端康成の小説「虹いくたび」に因んでおり、本人の快諾を得た、と後書「をはりに」にある。
 この歌集は、7つの能に題材を採った連作群である。かつて歌集「火の系譜」の「火の系譜」3つの章で試みられたが、今回は7章286首の群作である。
 古代からの情念と、近代知性の乗り越えから、新しい地平が開けるだろうから、能を題材に短歌を成す事は好ましい。ただ記憶にあるのみだが、馬場あき子が能を題材とした連作より、情念が弱いようだ。経験と時代にも、拠るのだろうか。
 以下に7首を引く。
いちにんの思ひ遂ぐるさへよしなきにいづべの恋になびかむものぞ
決断をせざりし愛か破邪さへもなしがたくして苦しむわれは
母こひてをらむ切なさ騙されてゆきしひよわき子を思ふとき
鐘の内に身をかくすとも生霊の偏執祓ふ手だてはありや
豹変のわざもつものら栄えゐむ暴風雨が潮を捲ける南崖
あはれまれたくなき愛とおもひつめゆけば拮抗の硬き夜なり
暗きかがやきを知る傲慢か老いの日に孤(ひと)り屈葬のかたちに跼む
046
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



 蒼井杏の歌集「瀬戸際レモン」kindle版を読み了える。
 元本は、2016年6月20日、書肆侃侃房・刊。新鋭短歌シリーズ27。
 kindle版は、2016年7月24日・刊、800円。ダウンロードしたのは、メモに拠ると今年4月20日。kindleunlimitedの、月額980円の読み放題に入っているが、僕は対象本を月に980円以上は買っていないし、本の購入に期限やジャンルで追われるのは嫌だ。
 蒼井杏(あおい・あん)は、2016年「未来」入会、加藤治郎に師事。第6回・中城ふみ子賞・受賞。第57回・短歌研究賞・次席。
 略歴に「とてもひとみしりな雨女。」と書いているけれども、短歌に拠って自信を得、歌集出版にまで至ったのだろう。
 筋のわからない歌、良さのわからない歌もあるけれど、か細く生きる娘さんの気持ちが伝わる、優れた歌が多い。
 以下に6首を引く。
あきらめるたびに頁を繰る絵本 ちいさいわたしに読み聞かせている
わたくしを全消去する はい/いいえ 夢の中までカーソルまみれ
体温が足の裏から逃げてゆくわたしでなければうまくゆくんだ
わりばしがほらねぱきっと割れなくて予言みたいに雨が降ります
七時まで白夜なきもちでカーテンの波打際で待っていますね
やっぱりね、やっぱりねってトーストのおおかみ色をかじっています

035
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。
Amazonサイトからは、歌集の写真を引けない(アフィリエイト以外は)ようだ。






 角川書店「生方たつゑ全歌集」(1987年・再版)より、歌集「春祷」を読み了える。
 前歌集
「鎮花祭」は、先の4月10日の記事にアップした。
 「春祷」は、1968年、新星書房・刊。
 後書「をはりに」で、「『定本生方たつゑ歌集』を出版したあと、急に私は短歌を発表しなくなった。…数多い作品は今までの歌集とはおもむきをかへて、書おろし短歌とよばれてよいものが含まれてゐる。…私は『休息のないひとり』のあゆみの重たさをしみじみと知った。」と書いた。
 前歌集「鎮花祭」に続いて、戦後前衛短歌から後退しているように見えながら、次の歌集「虹ひとたび」では能を題材に新しい作品を創っているので、期待を繋いで良い。
 この「春祷」には、氷見、化野、鳥取砂丘、谷川岳等の、旅行詠も多い。
 以下に7首を引く。
人をりて屋根に唄ひつつタール塗るすがすがとして飢ゑゐるまひる
ねむる禽の膨らみやさしあたたかく吾も膨らみて寝ねたし夜は
金銭のちからに人のうごきゆく世と嘆ききて買ふセロファン紙
梟がまひる見えざる目をあきて膨れし顔のやさしくうごく
かなしみにすり替へらるる血塊のやうに沈まむ陽に向くときに
奪はれてゆきたし北の潮荒れてさわさわと鳴る渚にをれば
日本海の雪に沿ひきて眠らむをあこがれとせり咎むるなかれ

 なお題名の「祷」の字は、正字より新字に替えてある。
034
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


↑このページのトップヘ