風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

歌集

CIMG9000
 砂子屋書房・現代短歌文庫124「森岡貞香歌集」(3歌集・全編収載)より、3番めの歌集「百乳文」を読みおえる。
 先行する「珊瑚数珠」は、先の9月25日付けの
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 原著は、1991年、砂子屋書房・刊。迢空賞・受賞。
 僕は知らなかったのだが、彼女の短歌は、葛原妙子(僕は全歌集を持っている)や、山中智恵子らと共に、女流前衛短歌運動の流れの中に、置いて読むべき作品だろう。
 非・写実、字余り・字足らず、句われ句またがり、等の詠み方が多い。
 この短歌文庫に付された、「評論・エッセイ」12編も読む予定だ。
 以下に7首を引く。
きのふまたけふ厨の方へ行かむとし尻尾のごときを曳きてをりけり
歩運びをゆるやかになす夜のあゆみ喘ぐことなきかかる寂しさ
秋の日のかくあかるきに乱積みの懊悩あるが見えはせぬかも
かならず人は身罷るかないま亡くも快活に妻をよびたてるこゑ
椅子ひとつ余分に置けりこのへやに余分のたれも居らざる日日を
まひるまの一時こころの空きたりやうつせみのほかに思ひ出だされず
藁しべも犬の抜毛も巣造りに運ばれてをりビニール紐も

  (注・文中の1部で、正字を新漢字に替えてある)。

CIMG9000
 砂子屋書房・現代短歌文庫124「森岡貞香歌集」より、第4歌集「珊瑚数珠」全編を読みおえる。
 今月7日の
記事(←リンクしてあり)、同「白蛾」に継ぐ。
 原著は、1977年、石畳の会・刊。
 森岡貞香(もりおか・さだか、1916年~2009年)は、1968年に歌誌「石畳」を創刊、主宰した。
 また戦後の「女人短歌」、「新歌人会」、「現代歌人協会」での活躍も評価されている。
 歌境はやや落ち着き、生活でも民衆の中に入って行ったようである。
 以下に7首を引く。
うすく濃く雪ふるゆらぎじやのひげの抱く藍色の玉を祝ぐなり
なかぞらのすきまに見えて赤き実の三つ野鳥ののみどへ行けり
いまわれは言はむかたなく身をば折りくるしみしのちねむりに入りゆく
駅いでて人の流れの人騒(ひとさゐ)にわれから入りてあやしみのなし
酸の実のしたたりを得て青魚の生(なま)を緊めむは愉しくぞある
くるみ割る小さき金具ににじみゐるあぶらを見をりちちのみの父よ
すきとほり垂れかかりたる赤き実は冷たく滑るか鳥ののみどを
 なお文中の1部、正字を新漢字に替えてある。


CIMG9031
 カナダ在住の歌人・佐藤紀子さんより、第2歌集「カナダの桜」を贈られた。
 2016年8月30日、柊書房・刊。
 彼女は、結社誌「コスモス」の「月集シリウス」会員であり、バンクーバー歌会の代表(?間違っていたら、ごめんなさい)である。
 「コスモス」のブロガー同士(このブログの右サイドバー、「リンク集」にある「できることから一つずつ」が彼女のブログである)のせいか、結社内同人誌の旧「棧橋」同人であったせいか、僕にまで歌集を下さった。
 もちろん、カナダから送られたのではなく、発行元の「柊書房」の発送である。
 歌集の評言は、選をした松尾祥子さんの帯文に尽きている。
 以下に7首を引く。
飛行機に四時間乗りて辿りつく子がサラと住む学園の町
空色のタオルに包まれ眠りをり私を祖母にせし小さき者
偶然に歩けてしまつたあかんぼが母を見上げてクククと笑ふ
木の下に立ち止まりたるリスに似てひらがなの<る>は待機の姿勢
電車バスすべて止まれる余震の夜友三人をわが部屋に招ぶ
子の妻が身籠りたりと知らされぬテキサスよりのテレビ電話に
青墨で英子氏の五首書き上げて私ひとりの「偲ぶ会」する





CIMG9014
 小島ゆかり(敬称略)の新歌集が出ているという情報があったが、Amazonにも、発売元とされる現代短歌社のホームページにもなかった。
 さる方面に確認して、現代短歌社のホームページの「お問い合わせ欄」から注文して、取り寄せた。
 僕は雁書館の2in1シリーズから、柊書房の「作品集」をへて、その後もほとんどの歌集を読んで来た。
 彼女の純粋な歌境に惹かれる。初め10数枚の付箋を貼ったが、これまでに合わせて7首を以下に引く。
 父、小高賢、辻本美加、宮英子、高野氏夫人、などの多くの人を送っての挽歌も1部を占める。
模様ある尾をふることをしてみたし卵(たまご)あたたむることしてみたし
われ無しで子らはもう生きわれ無しでもう生きられず老いたる父母は
あまりにも悲しき父の晩年を諾ふための時間はじまる
悲しみを言はぬ人にてつねのごと神保町をわらひつつ行く
木枯らしにぽかんとひとつ雲浮かび次女の明子は音沙汰のなし
花見弁当ひらけばおもふ ほほゑみに肖てはるかなる<戦争放棄>
陽のにほふタオルかかへて 母よりも先に死んではいけないわたし

CIMG9000
 砂子屋書房・現代短歌文庫「森岡貞香歌集」(2016年・刊)より、初めの歌集「白蛾」全編を読みおえる。
 原著は、1953年、第二書房・刊。
 1945年秋、夫が帰還したが、翌年春に急死した。
 一人息子との、寄る辺ない生活が、空想をまじえて描かれる。
 字余りの句も多く、整った作品ばかりとは言いがたい。
 しかし三島由紀夫の帯文、また戦後の風俗と合ったのか、好評で迎えられた第1歌集だったという。
 なおこの文庫には、あと「珊瑚数珠」と「百乳文」の全編を収める。
 以下に7首を引く。1部、正字を新漢字に替えてある。
壁に近く粉刷きをれる貌がわれ悲しみつきてほほゑまむとす
すり硝子黒くにじみて部屋の外をわれに近づきまた消ゆる影
月に照り枯生のやうな古畳さみしき母と坐らぬか子よ
あかあかと手足もそまるいまの日暮れに直に通へどかの日は過ぎぬ
からまつの厚き落葉にわれは坐り子は鞠のごとはづみてゐたり
群集に押さるるままに駅を出て放たれしわがあゆみの懈き
膝組みてたどたど毛絲織るわれは古代のをんなよりもくるしむ

↑このページのトップヘ