風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

歌集

光のひび2
 Amazonのkindle本より、駒田晶子・歌集「光のひび」をダンロード購入し、タブレットに収めた。
 同じ「現代歌人シリーズ」の、
佐藤弓生「モーヴ色のあめふる」の読後感は、今月17日の記事にアップした。
 価格は1,000円。kindle unlimitedより、追加金無料で買える。
概要
 駒田晶子(こまだ・あきこ、1974年~)は、結社「心の花」所属。
 第49回・角川短歌賞・受賞。先行する歌集「銀河の水」により、現代歌人協会賞、ながらみ書房出版賞、宮城県芸術選奨新人賞、各受賞。
 歌集「光のひび」紙本版は、2015年11月、書肆侃侃房・刊。kindle版は、2016年1月・刊。
感想
 子育ての歌があるので、家庭を持って、時には違和感を滲ませて詠っているようだ。
 なお紙本版の古本が廉価で出ているので、紙本の古本で良い人は、それを購入するのも1手だろう。


CIMG9460
 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」も、今月14日の記事「日和」で過ぎたので、「岡部文夫全歌集」(2008年、短歌新聞社・刊)を本棚より出して来た。
 全歌集・購入は、前ブログ「サスケの本棚」に拠ると、2016年5月23日の記事にアップされている。定価9千円を、「三月書房」より再販本で5千円(消費税、送料、込み)で買っている。19歌集+合同歌集より抜き書き+初句索引等を収める。
 1956年より晩年まで、福井県内に住んだ事が親しい。
概要
 岡部文夫(おかべ・ふみお、1908年~1990年)は、石川県志賀町に生まれ、1928年「短歌戦線」に参加。
 1930年、口語非定型の歌集「どん底の叫び」を出版し、発禁となる。
感想
 学生(二松学舎専門学校)の身で、肉体労働者の叫びを描き、レトリック的に優れている。
 しかし次の歌集「鑿岩夫」も発禁となり、行動を伴わない運動に疑問を抱き、「プロレタリア歌人同盟」を脱退し、歌誌「青垣」に拠ったとされる。

引用
 歌集「どん底の叫び」より、5首を引用する。なお(‵)の付された語は、アンダーラインを引いた。
ごみ人夫から溝さらひまで一万三千人のごつい総罷業さ、見れ!東京の街を泥にしてやる
(む)したての大福のやうにべとべと肉がくつつくのだ仲間の身体は手もつけられねいぜ(炭坑)
(つら)と手をまつ黒にして上つてくれや夕方だい、眼と歯が光つてゐらあな(煙突掃除夫)
みんながみんな歯ぎしりをかみしめて生☓しにされた同志の棺が黙然と行く
一日の血を搾られた生白(なまじろ)い女工の群が、どたどた吐き出されくる


 

モーヴ色のあめふる
 Amazonよりのダウンロード購入を、今月13日の記事で報せた、佐藤弓生・歌集「モーヴ色のあめふる」kindle版を、タブレットで読み了える。
概要
 佐藤弓生(さとう・ゆみお、女性、1964年~)は、同人歌誌「かばん」会員。2001年・角川短歌賞・受賞。
 この歌集の他に、「世界が海でおおわれるまで」、「眼鏡屋は夕ぐれのため」、「薄い街」がある。また詩集、掌編集も刊行している。
 kindle版「モーヴ色のあめふる」は、2016年1月・刊。
感想
 この1歌集では正確な事は書けない。「あとがき」で、「心の真実にそむかず、ある境地に至ってしまったりせず、…ただよってゆきたいと思います」と述べている。
 現実の欠落、否定的部分を、嘆き悲しんだりせず、非日常的(幻想的とも評される)な歌に昇華しているようだ。達観したような所がある。
 月に関わる歌が多く、大きな連作もある。
 短歌に昇華しきれない部分が、詩集、掌編集となるのだろう。

引用
 以下に7首を引く。
恨みたい人などなくて雲の縁ほつるるままにわが淡き生
新聞受けに新聞なくて惑星の昼ひそやかに藍色のドア
ふるさとの蠅の多さを語りつつ青年が割る<かもめの玉子>
あなたの耳は入り江のかたちあかつきの星を波打ちぎわにとどめて
蛾となりて帰りくるひとあるような 月のつむじをみつめていたら
詩を思うときのなずきはいいにおい くちなしいろの月が上がった
月は死の栓だったのか抜かれたらもういくらでも歌がうまれる




 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、仕舞いの第11歌集「日和」を読み了える。
 
第10歌集「後の日々」は、今月2日の記事にアップした。
概要
 原著は、2009年、砂子屋書房・刊。2003年~2007年の597首と、あとがきを収める。
 歌の数がやや多いのは、還暦以降は旧かなの歌に移行し、新かなの歌をすべて収めたせいである。
 この歌集のあと、「作品集 Ⅰ」には、細かい年譜と、初句索引を収める。
 この作品集のあと、歌集「夏・二〇一〇」(2012年・刊)がある。
感想
 付箋を貼りながら読んでゆくのだが、20余枚となり、このブログの例の7首前後には多すぎる。研究の仕事の思い深い歌・痛快な歌、孫との歌、顔の見えない母の夢の歌など、削らざるを得なかった。
 乳癌手術後の妻・河野裕子に関わる歌だけを残した。相聞歌を取り上げたい訳ではないが、彼の場合、歌人家族という特殊な関係の1員である事が、強い特徴であり、歌人家族の歌は大きな流れだった。
 還暦以降、河野裕子・死去(2010年)後も、研究に、短歌に、出版に、忙しく動いている。

引用
 以下に8首を引用する。
あそこにも、ああ、あそこにもとゆびさして山の桜の残れるを言う
さびしくて先に寝ねしか対応のまずさを娘はわれに指摘す
不意に泣き、顔裏返すように泣く ひとりの前にたじたじとわれは
段戸襤褸菊(だんどぼろぎく)はじめてきみが教えたる雨山(あめやま)に続く坂の中ほど
はかなくて傾ぎてわれに寄り添える人には重すぎてこの花の鬱
待ち続け待ちくたびれて病みたりと悲しきことばはまっすぐに来る
不機嫌がすぐ表情にあらわれるそこが青いと妻は批判す
河野裕子がインターネットにのめりこむ不思議な世とはなりにけるかな
0-94
写真ACの「童話キャラクター」の、「浦島太郎」よりイラスト1枚。



モーヴ色のあめふる
 Amazonのkindle本より、佐藤弓生・歌集「モーヴ色のあめふる」を購入し、タブレットへダウンロードした。メモに拠ると、今月7日。
 価格は1,000円。kindle unlimitedで追加金無料で買える。
概要
 紙本版は、2015年11月、書肆侃侃房・刊。kindle版は、2016年1月・販売。(Amazonサイトより)。
 佐藤弓生(さとう・ゆみお、女性、1964年~)は、「かばん」所属。
 2001年、「眼鏡屋は夕ぐれのため」50首で、第47回・角川短歌賞・受賞。(Wikipedeiaより)。
動機等
 同じ書肆侃侃房からの「新鋭短歌シリーズ」に、少し物足りなくなっていた。同シリーズには、優れた歌集があるのだろうけれど、サンプル・ダウンロードを繰り返してもいられない。
 それで、その少し年上の「現代歌人シリーズ」より、読んでみようと思った。
 ハイライト機能(蛍光ペンで線を引くようなもの)が無いらしいので、気に入りの歌をノートに書き出しながら読んでいる。
 モーヴ(モーブ)とは、最初の合成染料で、薄紫色(電子辞書版・広辞苑・第6版より)。


↑このページのトップヘ