風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

歌集

声、あるいは音のような
 岸原さや・歌集「声、あるいは音のような」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
 入手は、先の2月22日の記事、
「歌集2冊をダウンロード」の、初めにアップした。
 歌集の諸版の刊行年次、価格などは、その記事を参照してください。また以前の同・「100首選」の感想へも遡り得る。
概要
 岸原さや(きしはら・さや)は、静岡県・生まれ、東京都・在住。2007年、結社「未来」に参加、加藤治郎に師事。
 ブログ
「さやかな岸辺」を運営する。ツイッターでも盛んに発信している。
 この歌集には、284首、加藤治郎の解説「薄闇に」、著者・あとがきを収める。
感想
 彼女は母の自死、失恋など、辛い経験を重ねたようだ。神経症的にまでなりながら、短歌の力、キリスト教の信仰などに支えられ、生きているようだ。
 加藤治郎の解説に、「そこは、眠りと死が混じり合っている」、「苦しみを言い放つところから始めれば良い。」と述べている。僕は同人歌誌に参加して救いを感じ始め、結社歌誌に加わって救いを確信した。苦しみを発表することは、ほとんど無かったが。短歌には、神も魔人も居る。
 僕は科白でも呟きでもなく、傍白(演劇で、共演者には聞こえない設定で、観客に聞かせる科白)の、詩歌でありたいと願っていた。悪い時代の今は、未来に残す呟きだ。
 引用の5首目の「のろのろと」は、怠けているのでも、能力がないのでも無く、安全第一で全力で作業し続けていると、現場出身の僕にはわかる。7首目は、対句に惹かれたのだが、今となってみると、オブラートもビブラートもない歌を詠むから、という宣言に聞こえる。
引用

 以下に7首を引く。
かなしみがかなしくなくてくるしみもくるしくなくて熱だけのある
なぜだろういつか忘れていくことを小さな脳に刻もうとする
もう好きにさせてもらおう、くだらない。そんな言葉を叫び出しそう
死ぬことと生きてることの境いめが目にしみる夜は横向きに寝る
幾何的な巨大キリンのクレーン車が建材を吊るのろのろと今日も
花の名を呼び出すように寝台でひらくカラーの鉱物図鑑
オブラートに包みましょうか。ビブラートを響かせますか。いいえどちらも




 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、7番めの歌集「玄冬」を読み了える。
 先行する
歌集「激流」は、先の2月19日の記事にアップした。
概要
 原著は、1948年、氷見新聞社・刊。1947年の作品、386首を収める。
 1945年の敗戦から既に、5冊目の歌集である。財力を尽くしただけでなく、各方面からの援助もあった(次の歌集「風」のように)のだろう。
感想
 昨日に紹介した、土岐友浩・歌集「Bootleg」がニューウェーブに近く、この「玄冬」が写生の古典派に近い。
 僕の読書のストライクゾーンが広いと言っても、これだけ志向が違うと、僕の心も揺れる。
 写生といっても、自然詠は多くなく、人事詠、家庭詠が多くなる。
 また「雑囊を負ひしもの貨車に混合してあはれあはれ強き日本人の体臭」にあるような、破調の歌も散見される。
 彼の財力をあれこれ書いてきたが、彼は3男であったけれども、年譜には「1930年、22歳、岡部太一郎の3女ミツと結婚、本家岡部信太郎家の後を継ぐ。」とあり、家に歌集を出版する財力はあったのだろう。他人の財布を、あれこれ言っても仕方がないが。
引用

 以下に7首を引く。
濁りつつ生きゆく吾を歎けどもけふ鮎市をみて帰り来ぬ
養子となり苦しみし過去もはるかにて今夜(こよひ)鰊を煮込みつつ食ふ
湯より帰る子にコンビーフの鑵切りて待つに短くなりし日の暮
くるしみにさめしかたへに吾が妻の小さき顔あり白く眠りて
売るものも干鰯(ほしか)林檎の類にして川岸にならぶ小さきマーケット(引揚者市場)
後向けてその細い肩を抱いてやるまたひとり産む妻がいたいたしく
したしみをひとり感じつつ夜(よは)にをり炭(すみ)に火が移るかすかの音よ
0-33
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




歌集 Bootleg
 2月22日の記事で、ダウンロードを報せたkindle unlimited版・歌集2冊の内、土岐友浩「Bootleg」を読み了える。
概要
 出版社、諸版の発行年次、価格等は上述の記事にアップしたので、ご覧ください。
 土岐友浩(とき・ともひろ)は1982年・生。京都大学・卒。精神科医。
 「京大短歌」に所属して活躍した。
 第1歌集に、東直子・解説「不在の中の存在感」、著者「Note」を付す。
感想
 経歴を見ると恐れ入るけれども、表紙イラストのせいか、歌の内容からも、線の細い人に思える。
 恋人に尽くして、かえって追い詰めているのでは、と悩む歌がある。
 第2部の3連作が、小浜在住時代に成ったとするが、福井県の小浜市を指すならと、身近にも感じた。
 題名の「Bootleg」は、海賊版の意味である。
 先の記事で、kindle unlimited版の好みの歌集が残り少ないと書いたけれども、巻末の広告を見ると、書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」で、まだまだありそうである。
引用

 以下に7首を引用する。
あたらしくできた日陰で聴いている ここはどこ、から始まる歌を
牛乳を電子レンジであたためてこれからもつきあってください
いまはもうそんなに欲しいものはない冬のきれいな木にふれてみる
一台をふたりで使うようになるありふれたみずいろの自転車
ローソンに寄って帰ると言う父を別れてずっと待っている春
尽くすほど追いつめているだけなのか言葉は君をすずらん畑
おだいじに、というメールが雪の日に届くメロンの絵文字とともに



IMG_20180227_0001
 最近に入手した本、2冊を紹介する。
 まず僕の所属する結社歌誌、「覇王樹」の2018年3月号が、2月27日に届いた。
 同・2月号の拙い感想は、2月10日の記事にアップした。
 通常の短歌作品、評論の他、平成30年度の寸評・鑑賞文・評論の募集原稿のテーマ「道・路」が発表された。
また付句がマンネリ化したので、「脳トレ短歌」を企画し、第1回は「恋の歓び・苦悩」(2首まで)である。
 ホームページの切り換えは早く、2月26日には作品などが更新された。
 僕の作品等は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
2月28日の記事より、少しずつ順次アップしてゆくので、横書きながらご覧ください。
あまねそう「2月31日の空」
 もう1冊は、偶然見つけた、あまねそう・歌集「2月31日の空」である。201首。著者は同人歌誌「かばん」所属。
 題名に因んで、2月28日~3月3日の間は、Amazonのkindle unlimitedで販売するそうで、kindle版は250円である。
 自力でのkindle版出版らしく、たのもしく、動きが広がってほしい。

 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、6番目の歌集、「激流(げきりう)」を読み了える。
 先行す
歌集「朱鷺」は、先の1月12日の記事にアップした。
概要
 原著は、1947年、北陸青垣会・刊。463首、巻末小記を収める。
 青垣叢書「いしかは」「流氷」「寒雉集」「魚紋」の歌集の選に洩れた作品より成る。「いしかは」は1937年・刊の合同歌集であり、「流氷」はこの題名でなく合同歌集「日月」として1944年に刊行された。
 戦後・刊の「寒雉集」「魚紋」に就いては、このブログで取り上げた。
感想
 1926年~1946年の、7度の転任ごとに章をまとめ、巻末に「虫芥集」の章を置く。
 先の「朱鷺」の1ヶ月後の刊行であり、熱意と、資力のありようが偲ばれる。
 1940年~1943年の「信州飯山」の章に、「あかあかにぬり絵の線をはみいでて児(こ)がクレヨンのいろぞ量(かさ)なす」があり、今なら読み過ごしてしまいそうだが、当時としては贅沢な品だったろう。
 資力があったから悪い、というのではなく、蕩尽せずに歌集として残した事は、後の道を行くものにとって有益である。
 自信があったであろう「虫芥集」は、あまり感銘を受けなかった。生活詠・家庭詠に、惹かれる作品が多かった。
引用

 以下に7首を引く。
薄暗き本堂に吾ら掌(て)をたたきひそまりきくに鳴龍啼きけり
色渇せし麻蚊帳のなかにふしてをり家の貧しさを吾が思はざらむ
河の洲にいまだものこる夕明り子らほうほうと蟹追ふこゑす
夜を一夜(ひとよ)水鶏(くひな)のこゑのひびくなりこの山住(やまずみ)に堪へなむとおもふ
犯したるみにくき責(せめ)のいくつかは私にして隠し終ふべし
葱汁に鶏卵(けいらん)ひとつおとすさへおどおどとしてあからさまにせず
朝湯より帰り来し吾がをさなめを片粉(かたこ)の花のごともおもほゆ
0-12
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。





IMG_20180128_0001
 先の1月30日の記事で到着を報せた、結社歌誌「覇王樹」2018年2月号を、ほぼ読み了える。
 先の記事の表紙写真では、画像ソフトで露出をやや暗くしたが、かえって紛らわしいので、元のままに戻した。結果は良いようである。
 また昔のように、台形補正カメラで撮っているのではなく、多機能プリンタのスキャン機能でパソコンに取り込んで、トリミングしているので、画像が鮮明である。
概要
 2018年2月1日付、覇王樹社・刊。44ページ。
 通常の短歌・評論等の他に、今号では清水典子・歌集「貫流」批評特集を組んでいる。清水さんも発行当時、会員には配られたのだろうが、昨年6月に入会の僕には届いていない(Amazonで買えば良いだけだが)。
 大結社となると、毎月の結社誌を読み了えられないらしい。会員、ページ数が多いのはめでたいが、読み了えられない結社誌は普通で無いのではないか。
感想

 ネットをしている者にはありがたく、ホームページの充実、事務室との通常の通信はメールで、また題詠・付句、月例詠草もメールに添付のファイルで良い。僕の原稿は、Word2010だが、受け取って下さっている。
 題詠(1首)、付句(2首まで)の応募も楽しい。昔の歌合わせのように優劣を判じる事ではないから、遊戯のようで、僕もこれまでにないフィクションぽい作を応募したりしている。
引用
 T・サツ子さんの力詠15首「鮭昇る川」より。
口開けた薄紫の木通の実含みて道草した日に帰る
 少年少女時代への郷愁を呼ぶ。拙作「下校路を山へ逸れればこれの根が食えると言いて片栗の花」がある。
 同じく力泳15首の、T・昭子さんの「鈴虫」より。
「女湯はもう入れん」と男湯へ六歳・十歳肩をいからせ
 「肩をいからせ」に意地と緊張が見えて、愛らしくたのもしい。
 東聲集のM・照男さんの「ものいわぬ山」6首より。
萩すすき折られし儘を持ち帰り野分けを活ける信楽の壺
 「野分け」という目に見えないものを活けた、秀抜な1首である。
 大翼集のT・春代さんの「初冬の夕映え」6首より。

栗鼠にでもなった気分で栗の実をほつほつ食べる独りの夜長
 「~にでもなった気分で」は、短歌の新しい比喩法だろう。栗は皮・渋をとりにくくて、栗鼠になった気分とは、納得する。


 

IMG_20180204_0001
 先の2月5日の記事「届いた2冊」で報せた内、藤野早苗・第2歌集「王の夢」を読み了える。
概要
 2014年11月20日、本阿弥書店・刊。427首、あとがきを収める。
 藤野早苗(ふじの・さなえ、1962年・生)は、結社歌誌「コスモス」選者、他に活躍している。第1歌集「アパカバール」(2004年・刊)がある。
感想
 一人娘さんの年齢で5歳(そう詠む歌が冒頭近くにある)から、中学校を卒業してしばらくまでの、歌を収める。
 父、義母、義弟らへの挽歌、他に優れた歌がある。しかし注目されるのは、一人娘さんの中学3年1月になっての不登校に共に苦しみ、解決法を見出す過程を描いた作品だろう。
 娘さんは予備校の高認コース、受験コースを経て、現在は大学在学中という事だ。
 人間と組織の不合理に苦しみ、解決へ踏み出す様は、感動的である。彼女が短歌を詠み読むことに救われた事も、原動力の1つだろう。自分ももっと早く短歌を始めていたら良かった、と思う時がある。
引用

 中学校へ娘さんが進んでからの歌のみより、7首を以下に引く。
謂れなき無視とあざけり極りて六月とある日子は壊れたり
拳もて女子を殴りし卑劣さを糺せば「男女同権」と言ふ
「母殺し」終へたるならむ十四歳げにすなほなる物言ひをせり
高校へは行かない受験はしないといふ 一月五日朝激震
学校に行かぬ以外は異常なし猫にわたしにやさしき少女
学校に行かずともよしたましひを傷つけてまで行かずともよし
四十分歩いて予備校通ひせる娘の靴の疲れすこやか



↑このページのトップヘ