風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

比喩

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、20番目、しまいの句集、福田甲子雄「藁火」を読み了える。
 今月17日の記事、
古舘曹人・句集「能登の蛙」に次ぐ。
 今年1月15日に、第13巻初めの句集、古賀まり子「洗禮」を報告している。
 なおこの本にはあと、「解説・年表」(83ページ)を付す。僕は同・第14巻の読書に入る予定である。
概要
 原著は、1971年、雲母社・刊。飯田龍太・序「よもぎの香」、426句(1946年~1970年の作を年次順に)、著者・後記を収める。
 福田甲子雄(ふくだ・きねお、1927年~2005年)は、敗戦により満州から1946年に帰郷、俳句を始める。同郷・山梨県の飯田蛇笏「雲母」に投句、1960年より飯田龍太に師事。
 1992年の「雲母」終刊により、「白露」創刊同人。
 第38回・蛇笏賞、読売俳壇・選者、等。
感想
 若々しさは、師の飯田龍太・譲りだろうか。比喩の句が多いが、当時の飯田龍太のすでに象徴に近い「忘音」の句に及ばなかった。
 僕が比喩の俳歌を好まないのは、戦後詩「荒地」派とその影響を受けた者(当時の詩人のほとんど総てであり、僕も1員だった)によって比喩は徹底的に発掘され、1975年の荒川洋治・詩集「水駅」によって終わりを告げられたと感じ思うからである。
 俳歌に独自の比喩があるなら、それは生き延びるだろうけれど。
 俳句の読者として、俳句に俳味、諧謔を求めるのは、古いのだろうか。
 「藁火」は第1句集であり、なおこの後に、福田甲子雄に6句集がある。
引用

 以下に5句を引く。
書道塾出る子入る子に玉霰
炭火吹く秋風を負ひ一家負ひ
炎天の海をめざして神父の歩
短夜の鱈はこぶ馬車鈴ならし(網走)
笛合はす祭の若き男たち

0-92
写真ACより、「おもてなし」のしまいのイラスト。





 

CIMG9553
 kindle unlimited版の歌集を続けて読んで来たが、初発行の古い本が多く、最近の話題・歌集を読んでみようと、佐藤モニカ・歌集「夏の領域」を読み了える。
 紙本の歌集を買ったのは、今年2月8日に感想をアップした、
藤野早苗「王の夢」以来である。
 「夏の領域」は今、Amazonでプレミアが付いているが、第2刷が出たので、発行所の「本阿弥書店」のホームページより注文して、定価2,600円+消費税+送料160円(郵便振込・無料)で送って貰った。
 又吉栄喜、吉川宏志、俵万智、3氏よりの栞が付いている。第1歌集。310首、著者・あとがきを収める。
概要
 彼女は、歌壇賞、この歌集で「現代歌人協会賞」、「日本歌人クラブ新人賞」を受賞した。
 詩、小説でも受賞歴のある、多才な人である。
 1974年・生、「心の花」所属。現在、沖縄県・在住。
感想
 比喩の多い歌である。「如き歌人」とは呼ばないが、目障りだな、と感じた。
 しかし日系3世の母親の血、東京住まい、沖縄県生活の、3つの生の共通項を感じて、また違和を感じて、作歌するのだろう。
 比喩とは「林檎のような頬」が「赤く丸い」という共通項と、しょせん違うという違和の上に、成り立つ修辞である。
 落語家となった弟はブラジル国籍なのか、「兵役辞退の手紙投函」や「いつか戦場へ行くかもしれず」と詠まれている。
引用

 以下に7首を引用する。
はちみつに漬けた甘さの恥づかしさ接客をするわたしの声は
舞台(いた)の上で人を笑はす弟はいつか戦場へ行くかもしれず
ベランダに父のシャツ揺れ君が父と向きあふ間風を見てをり
聞き耳を立ててはならず夫がまた猫に仕事の相談するを
みどりごを運ぶ舟なりしばらくは心臓ふたつ身ぬちに抱へ
人の世に足踏み入れてしまひたる子の足を撫づ やはきその足
呼びかくれば小さく応へゐる吾子のまだ不揃ひの睫毛光れり




 

 福井県俳句作家協会「年刊句集 福井県 第56集」(2018年3月・刊)より、7回目の紹介をする。
 今月9日の記事、
同(6)に次ぐ。
概要
 今回は、161ページ~186ページの26ページ分、52名の520句を読んだことになる。
 南越地区(越前市、南越前町)の、すべてである。
感想
 俳歌で新と真を求めると言っても、レトリックの新として、比喩(暗喩を主とする)は、たくさんだという気がする。戦後詩において、暗喩を主とする比喩は大掛かりに追及され、その時代も過ぎてしまった。むしろ直叙や対句、リフレイン、オノマトペ等の古典的レトリックに、新しい技法を求めるべきだろう。また新しい題材も、無限にある。
 俳歌の真といっても、人情の真は、古代よりあまり変わらないように思える。その真の心情の発露は、無限の形を取るけれども。
引用
 以下に3句を引用する。
 T・房子さんの「小夜時雨」10句より。
ねむる児に母の団扇と童歌
 K・秀峰さんの「笑ふ絵馬」10句より。
もて余す串刺し鯖や半夏生
 (注:福井地方では半夏生の日を「はげっしょ」と呼んで、その日に焼き鯖を食べる風習がある)。
 K・蒼美さんの「初鏡」10句より。
身に入むや今のままでと願ひをり

0-79
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ