風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

Kindle本の第1歌集「雉子の来る庭」をKDPしました。右サイドバーのアソシエイト・バナーよりか、AmazonのKindleストアで「柴田哲夫 雉子の来る庭」で検索して、購入画面へ行けます。Kindle価格:250円か、Kindle Unlimitedで、お買い求めくださるよう、お願いします。

特徴

 今月26日に届き、28日に記事アップした、CD2枚セットを、当日に続き29日午後にもセパレート・ステレオ・セットで聴いた。


ミスター"エレキ"ザ・テリー・ワールド
寺内タケシとブルージーンズ
KM MUSIC
2020-11-11

 寺内タケシ&ブルージーンズの、ミスター〝エレキ″ザ・テリー・ワールドである。民謡編曲・12曲、クラシック編曲・12曲の内容は、ここで挙げると長くなるが、Amazonの販売ページに1覧があるので、ご覧ください。
 音楽に詳しくなく、美よりも芸を求める僕なので、曲引きなどが面白かった。「津軽じょんがら節」(幾つかの調をメドレーしたようだ)の速弾きが良い。しかし以前に持っていた民謡・編曲のCDに比べて、民俗的な暗さが少ないようだ。時世に合わせた編集だろうか。
 クラシック・編曲では、「運命」の速弾きが良い。超絶技巧である。
 エコーなどエレキギターの特徴を良く活かしている。吹奏楽にない高音、低音を出した。キーボードのメロディもうまく挟まる。
 この2種のみを取り上げられるのは、寺内タケシの本意ではないかも知れないが、特性として売り出したので、いつまでも付き纏う。
 なおベンチャーズの録音と比べると、音が中央に集まり、左右に意識して分けて聴かせる事が少ないようだ。セパレート・ステレオ・セットを意識しない、編集ぶりだろうか。
 僕の数少ない音楽CDコレクションの内、貴重な盤となるだろう。
 僕は26日以後、オフィシャルHPやYouTubeで、彼らの演奏をたくさん視聴した。

1 (7)
写真ACより、「雨の日」のイラスト1枚。




このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月末となり、5月の人気記事を振り返る。人気記事は、ブログのマイページのアクセス解析より、すぐにわかる。

 第3位は、16日の記事、結社歌誌「覇王樹」5月号を読む、だった。

 他の結社にはないと思われる、「覇王樹」の特徴を明かした事が良かったのだろうか。代表の佐田氏もメールで、指摘された。

 2位は、11日の記事、総合歌誌「歌壇」5月号を読む、だった。

 歌壇の閉鎖性を示した点が、良かったのだろうか。読者のターゲットを歌人に絞ってもいないのだが。

 1位は2位と同点で、17日の記事、届いた2冊を紹介する(22)だった。

 同人詩誌「果実」84号と、総合歌誌「歌壇」6月号の、到着を報せた記事だった。
 詩と短歌の関係者が多かったのだろうか。

 なおこの人気記事ランキングは、日毎のpv数とは別である。
6 (4)
 写真ACより、「ビジネス」のイラスト1枚。





このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20190801_0002
 今月2日の記事、届いた2冊(9)で報せたうち、マンガ・ムック「猫まんが いつでもモフモフ」を読み了える。
 プロ・漫画家、ブロガー、インスタグラマー等としてご活躍の、暁龍さんがブログ「あんことむぎと」で強く推している。
 マガジンハウス、2019年9月5日付け・刊(既刊)。
 暁龍さんをはじめ、14氏の14編を読み了える。
 暁龍さんの「あんこと麦と」(4コマ・マンガ、10編)は、優れた特徴がある。まず数少ないオールカラーであること。背景がしっかり描かれていること(これまでのコマや、商用頒布の、背景を用いているらしい)。2匹の猫を取り上げているので、猫だけで4コマを成す作品があること。苦労を重ねたらしい、優しさが伝わってくる。
 今日マチ子さんの「猫嬢ムーム」がファンシーで、新しい方面だろうか。
 すべて、心がほっこりする作品で、この本を買って良かったと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ