風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

特選

 昨日に続き、結社歌誌「コスモス」2017年1月号より、「その一集」特選欄の読了を報告する。
 「その一集」は、1ページ12名くらいで、59ページあるから、特選欄を足して、約750名である。
 特選欄には、45名の各5首が、今号よりそれぞれ選者による題名が付され、外国・北国より南下する順に載る。
 2年間に8回以上、特選になると、「月集シリウス」へ昇級出来るが、難関である。
 付箋を貼ったのは、次の1首。K・師子さんの「勁き意志」5首より。
曼珠沙華の赤を厭ひしははそはの母は戦地で夫を亡くせり
 母の夫とは父であり、曼珠沙華の花の赤が、人の血を思わせるので母は厭うたのだろう。
 枕詞を用いるなど冷静な詠みぶりだけれども、熱い思いを内に包んだ1首である。
火鉢
フリー素材サイト「Pixabay」より、火鉢の1枚。



 結社歌誌「コスモス」2016年12月号より、「その一集」特選欄を読みおえる。
 「その一集」は、「月集スバル」「月集シリウス」に次ぐクラスである(特選欄を除き)。
 この特選欄は、9選者×各5名×各5首の、計225首が選ばれる。
 「その一集」会員が他のクラスに比べて多くなったので、特選も難関となったようだ。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。Y・文雄さんの5首より。
危篤とていそぎ参じしわれに笑み皆に礼(ゐや)して姉は逝きたり
 他の歌には、「食べ余ししかりんご一切れ」「姉はも罷るにつこり笑みて」の句があり、最後まで意識がはっきりし、苦痛のない、大往生だったようだ。
ミカン3
フリー素材サイト「Pixabay」より、蜜柑の1枚。

 結社歌誌「コスモス」2016年11月号より、「その一集」特選欄を読みおえる。
 1昨日の
記事(←リンクしてあり。特に後日の読者の為)、同「月集」に継ぐ。
 この特選は、9選者×各5名×各5首である。
 この特選の一人に、僕たち短歌研究会のメンバーが選ばれて、喜ばしい。正直、妬ましくもある。感覚の鋭い歌人である。
 レトリックと共に、正直に詠むことが必要のようだ。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。F・徳子さんの5首より。
百四の母のいのちを思ふ夜半かすかな寝息に安堵してをり
 このあと母親は亡くなられ、あとの3首は挽歌である。
 大往生だっただろうが、結句が「哭きに哭きたり」の歌もある。
apple7
 フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。




↑このページのトップヘ