CIMG9000
 砂子屋書房・現代短歌文庫124「森岡貞香歌集」より、第4歌集「珊瑚数珠」全編を読みおえる。
 今月7日の
記事(←リンクしてあり)、同「白蛾」に継ぐ。
 原著は、1977年、石畳の会・刊。
 森岡貞香(もりおか・さだか、1916年~2009年)は、1968年に歌誌「石畳」を創刊、主宰した。
 また戦後の「女人短歌」、「新歌人会」、「現代歌人協会」での活躍も評価されている。
 歌境はやや落ち着き、生活でも民衆の中に入って行ったようである。
 以下に7首を引く。
うすく濃く雪ふるゆらぎじやのひげの抱く藍色の玉を祝ぐなり
なかぞらのすきまに見えて赤き実の三つ野鳥ののみどへ行けり
いまわれは言はむかたなく身をば折りくるしみしのちねむりに入りゆく
駅いでて人の流れの人騒(ひとさゐ)にわれから入りてあやしみのなし
酸の実のしたたりを得て青魚の生(なま)を緊めむは愉しくぞある
くるみ割る小さき金具ににじみゐるあぶらを見をりちちのみの父よ
すきとほり垂れかかりたる赤き実は冷たく滑るか鳥ののみどを
 なお文中の1部、正字を新漢字に替えてある。