風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

現代俳句大系

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、8番目の句集、文挾夫佐恵「黄瀬」を読み了える。
 先の3月23日の記事、
磯貝碧蹄館・句集「握手」に次ぐ。
概要
 原著は、1966年、「秋」発行所・刊。
 石原八束「序にかへて」、524句、著者・あとがきを収める。
 文挾夫佐恵(ふばさみ・ふさえ、1914年~2014年)は、1934年「愛吟」入会、1944年「雲母」入会。1961年、石原八束「秋」創刊に参加、1998年に同誌・主宰。
感想
 1934年~1965年の作品を、17章に分けて載せる。幾つかの旅行吟連作があるが、僕は好ましく思わなかった。
 生活の句の外に、生まれたばかりの子を置いての夫の出征・被災・帰還などの戦災と、母の死、かりそめの想いなどの句が残る。
 繊細なレトリックはあるが、見得は切っていないので、嫌味はない。
引用
 以下に戦後の句より、5句を引く。
帰還兵なり雪嶺の下に逢ふ(1945年)
風邪の子に読むざら紙の童話一つ
海棠の花のおもさの闇となる
悴みて針見失ふ夜の畳
嵯峨菊の穂先に縋りつく暮光
0-44
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、7番目の句集、磯貝碧蹄館「握手」を読み了える。
 今月8日の記事、
三橋敏雄・句集「まぼろしの鱶」に次ぐ。
概要
 原著は、1966年、遊墨社・刊。中村草田男「序にかえて」、467句、著者「あとがき」を収める。
 本著で、俳人協会賞を受賞した。
 磯貝碧蹄館(いそがい・へきていかん、1924年~2013年)は、川柳、自由律、口語俳句を通って、1954年に中村草田男「万緑」入会。1974年、俳誌「握手」創刊・主宰。
感想
 彼の句は、彼の生い立ち(父母の離婚、父の放浪死)や、戦後の紙芝居屋、郵便局集配員としての就職、昇進などと共に語られるという。
 戦後復興と共に、生活が安定して行ったのだろう。
 師・中村草田男の影響とはいえ、字余りの句が多い。表現を矯める(歪めるのではなく)事も、定型詩において必要と思う。
引用
 以下に5句を引く。
合歓咲くやつかみどこなき父の愛
四方の菊ひかりぬ母も髪結へよ
花咲く馬鈴薯勇気は常に妻より享(う)
芽ぐむ山々膝で旅する座棺の母
戦没学徒ら透明に群なし春塵駆く
0-35
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。






 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、5番目の句集、山田みづえ「忘」を読み了える。
 先行する
草間時彦「中年」は、今月12日の記事にアップした。
概要
 原著は、1966年、竹頭社・刊。石田波郷・序、498句、石塚友二・跋、著者あとがきを収める。
 山田みづえ(やまだ・みづえ、1926年~2013年)は、1957年に石田波郷「鶴」に入会、1979年に俳誌「木語」を創刊・主宰した。
感想
 山田みづえは、1944年に大学を中退し結婚、1955年に2男子を婚家に残し、離婚した。
 家庭で最も悲劇なのは、幼い子の死去であり、離婚はそれに次ぐだろう。彼女も戦争の犠牲者であったか。
 父を亡くし(「露霜に暁紅顕ちて父は逝けり」)、母とは遠く(「栗食むや母は遠きに在りてよし」)一人暮らしをし、句風は鋭い。
 ややぎこちない所があるが、解説では第2句集「木語」(1975年)以降巧みになり、名人芸とさえ言われるようになったという。
引用

 以下に5句を引く。
春火桶妻失格のなみだ煮ゆ(別るゝと決む)
花虻や追憶ばかり相続す(相続放棄す)
空砲にも惑ひ翔つ鴨茜冷ゆ
白桃や弱音を吐かば寧からむ
晩涼や窓鈴なりの少女工
(注:今回より、文字の大きさの区分けが異なるようになったので、表記に違和があります)。
0-10
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


 

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、4番目の句集、草間時彦「中年」を読み了える。
 今月3日の記事、
鷹羽狩行「誕生」に次ぐ。
概要
 原著は、1965年、竹頭社・刊。539句、後記を収める。
 草間時彦(くさま・ときひこ、1920年~2003年)は、初め「馬酔木」に投句。1953年の石田波郷「鶴」復刊に参加。1975年「鶴」同人を辞退。1978年~1993年、俳人協会・理事長。他。
 「馬酔木」時代の「高原俳句」、「鶴」時代の「サラリーマン俳句」、無所属時代の「グルメ俳句」と呼ばれる。
感想
 定年まで会社勤めをした、サラリーマンの俳句である。
 それ以前の俳句を僕は知らないが、向上性にやや欠けるようである。後書では、「結局は、わたくしの俳句は個の呟きの域を出なかつたのではないだろうかと。これは今後への戒心である。」と自省している。
 「賞与得てしばらく富みぬ巴旦杏」の身も蓋もない句がある。また60年安保を巡って、「梅雨のデモ殺到すサラリーマンの胸へ」1句のみを、申し訳のように収める。
 「運河に散る桜や集団就職工」の句では、「散る桜」を添えて、彼らの将来が明るくない事を示すかのようだ。
 俳人サラリーマンへの、会社の低評価を嘆く句、「冬薔薇や賞与劣りし一詩人」等があって、関心を惹く。
引用

 以下に5句を引く。
銀河濃し父となりたるばかりにて
黴の香や灯ともるごとく子の寝顔
爆音や干潟に臀立て市民たち
走り蚊や明日は忘るる小悪事
一せいに物干す団地聖五月
0-04
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、3番目の句集、鷹羽狩行「誕生」を読み了える。
 1月21日の記事、
千代田葛彦「旅人木」に次ぐ。
概要
 原著は、1965年、昭森社・刊。山口誓子・序、444句、秋元不死男・跋、後記を収める。
 鷹羽狩行(たかは・しゅぎょう、1930年~)は、1948年に山口誓子「天狼」に入会、1977年に俳句専業となる。1978年、俳誌「狩」創刊・主宰。2015年、日本芸術院会員。
 第1句集「誕生」は、俳人協会賞・受賞。
感想
 1958年(28歳頃)に7歳年下の妻と結婚、愛妻句を多く作り、1964年となって長女を得て愛児句を成した。
 7歳も年が違い、少女妻と吟じているように、労わってやるよりなかったのだろう。また34歳頃に子を得て、父として喜びだったろう。
 慎ましいながら幸せな家庭を吟じて明るい。
 句集刊行の1965年は、60年安保の政治の時季も過ぎ、経済成長に向かっており、句集「誕生」の受け入れられる素地はあったのだろうと、僕は推測する。
 「燈火親しむ汝はフランス刺繍」は「燈火親/しむ汝はフラ/ンス刺繍」と切れるのだろうか、大胆な句割れ・句跨りである。このような句も目立つ。
引用

 以下に5句を引く。
寒林となりて河港の舟檣(マスト)透く
火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ
鳥雲に妻の指切りぐせ今も
金亀子(ぶんぶん)に裾つかまれて少女妻
雪握る充実の音父となりし
0-03
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。




CIMG9489
 角川書店「増補 現代俳句大系」全15巻も読み進んで、第13巻(1980年・刊)に入る。第13巻より増補巻に入るらしく、第12巻が(1959年~1968年)であったのに対し、第13巻は(1964年~1971年)と、1部遡って句集を採っている。
 第13巻の初めは、古賀まり子「洗禮」である。第12巻のしまいの句集、
石田波郷「酒中花」は、今月3日の記事にアップした。
概要
 原著は、1964年、麻布書房・刊。
 水原秋桜子・序文、438句、藤田湘子・跋文、自筆後記を収める。
 古賀まり子(こが・まりこ、1924年~2014年)は、1946年より秋桜子「馬酔木」に参加、秋桜子没後は堀口星眠・主宰の「橡(とち)」に参加した。
 結核病のため、1949年、清瀬病院入院、死の淵をさまようが、母の作ったお金で当時まだ珍しかったストマイ(抗生物質ストレプトマイシン)7本を打つ等に拠って回復した。
 1952年、洗礼を受け、1956年の退院後は横浜スラム街の療養所に勤務するなどした。

感想
 俳句、医学、信仰の救いを感じさせる句集である。「短歌は自己救済の文学である」と伝わるけれども、ある人にとっては俳句も同様かも知れない。医学の進歩の恩恵は、僕も受けている。
 信仰の救いは、生きがたい人にとっては拠り処であろうが、僕はあまり信用していない。
 前半「清瀬」は闘病俳句として、後半「運河のほとり」は献身の俳句として、感銘の残る句集である。
引用
 以下に5句を引く。
酸素吸ふ梅雨夕映に汗ばみて
麦青む日々を咳きつつ細りゆく
病みし過去しづかに隔て雪積る
眉寒く若し父母の名秘めて死す(放浪中病を得し人夫あり)
雲夕焼童顔人夫日銭得て




 
 

 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、14番目の句集、秋元不死男「万座」を読み了える。
 先行する
「定本 木下夕爾句集」は先の11月28日の記事で紹介した。
概要
 原著は、1967年、角川書店・刊。1950年~1966年の826句、「あとがき」を収める。第3句集。
 同「大系」第8巻より、
第2句集「瘤」については、前ブログ「サスケの本棚」の2014年1月15日の記事で紹介した。
 秋元不死男(あきもと・ふじお、1901年~1977年)は、戦後1947年、「現代俳句協会」設立発起人となる。1948年、山口誓子・主宰の「天狼」創刊に参加。1949年、同・系の「氷海」創刊のち主宰。
 1961年、「現代俳句協会」脱会、「俳人協会」設立に参画。
感想
 俳句を生業として生きる決意が、句で吟じられている。
 句集「瘤」の時代から、「降る雪に胸飾られて捕へらる」の句のように、暗喩を用いた作に長じていた。
 しかしそれらレトリックも過ぎると、論語「巧言令色鮮(すくな)し仁」の諺のように、滋味少ないように感じられる。
 苦労をかけた妻が、彼の句を褒め、彼の行動を支えたようで、羨ましい点ではある。
 俳句を生業としながら、収載句数は別として、生涯に4冊の句集しか持っていない。1980年、「秋元不死男全集」全2巻(角川書店)がある。
引用

 以下に5句を引用する。
冷されて牛の貫録しづかなり
電工のいちにち高し原爆忌
悔と言ふ語音短し寒(かん)長し
まだ死ねぬ泥濘凍てて星揃ふ
鷗らに円遊の浮標(ブイ)年暮るる
0-05
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ