風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、「『変身』以後」を読み了える。
 先行する「変身」(2)は、今月3日の記事にアップした。



 1961年秋より、1962年4月に没するまでの、句である。わずか54句に過ぎない。
 自身が1952年に創刊・主宰した俳誌「断崖」のように、癌による死を見つめる、断崖に至った。
 しかし句境は澄んで、清明である。突っ張って来た、詰屈が失せている。

 今回で、角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」の紹介の、仕舞いとしたい。
 まだ拾遺句集があるが、自身が採らなかった句である。
 また自句自解も2集を収め、興味深いが、屋上屋の感じがするので、紹介しない。

 以下に5句を引く。
父と兄癌もて呼ぶか彼岸花
這い出でて夜露舐めたや魔の病
ばら植えて手の泥まみれ病み上り
ついばむや胃なし男と寒雀
木瓜の朱へ這いつつ寄れば家人泣く
0-24
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。



 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、第5句集「変身」の前半を紹介する。
 第4句集「今日」は、今月25日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡れる。



 句集「変身」は、1962年2月、角川書店・刊。その4月1日に、癌のため62歳で亡くなった。
 著者の「あとがき」があり、危篤に陥ったため、友人諸兄の協議により成った、と書かれる。
 1951年より約10年の、1,073句より成り、僕が紹介を2回に分けようとする理由である。
 角川ソフィア文庫の、155ページ~195ページを(1)前半とする。

 新興俳句以来の、前衛の態度を崩さず、第1線を突っ走るには、かなり苦しんだ跡が見える。字余りや、省略など。題材、表現にも、新を求めて止まなかった。

 以下に5句を引く。
鉄道の大彎曲や横飛ぶ雪
病者等に雀みのらし四月の木
河豚啖いて甲板
(デッキ)と陸に立ち別る
癌の兄と別れ直ぐ泣く群衆裡
冬越え得し金魚の新鮮なる欠伸
0-21
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。




CIMG9312
 今年3月23日の記事、「入手した3冊」にアップした内、有川浩(ありかわ・ひろ、女性作家)の小説、「旅猫リポート」を読み了える。講談社文庫、2017年2月・刊。
 「旅猫リポート」は、ファンタジックな小説である。悟に拾われた雄猫「ナナ」(人間の言葉や他の動物の声を理解する)だが、悟に事情ができてナナを引き受けてくれる人を探しに旧知の人を訪ねて、銀色のワゴン車を走らせる、ロード・ノベルでもある。東京を出発して、北海道に至る。
 幸介、吉峯、杉夫妻、と訪ねるが、本人たちは飼う気があっても、それぞれ事情でナナを貰えない。最後に北海道に住む、独身の叔母(猫が苦手)を訪ねる。そこで悟の出生、両親の秘密、悟が手遅れの癌でナナの貰い手を探していた事が明かされる。
 悟は結局、ナナの訪問をうけながらその地の病院で亡くなり、ナナの死も近い事を示して小説は終わる。
 文体は、ナナの視点と、当事者たちの独白を交えて、描くものだ。人間を理解する猫の優しさと、人間の強さ弱さを示して、涙ぐましいものがある。


↑このページのトップヘ