風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

短歌集

ReRe短歌
 千原こはぎさんの編集した短歌集、「Re:Re:歌集」を読み了える。
概要
 元々はツイッターの発信で知ったが、コンビニでのネットプリント版の他に、彼女のブログ
「こはぎうた」へ行けば、閲覧用版・PDF(印刷用)版がある事を知った。
 コンビニへ行き、費用を払うのも面倒なので、12月31日更新のページより、PDF版をダウンロードし、指示に従って、プリント、製本した。
 A4判2つ折り両面(4面)7枚で28面(表紙、目次、カット、奥付け、裏表紙を含む)、1ページ2段組みの構成である。44組(1組8首)88名による、返歌をテーマとした短歌集、352首である。
感想
 352首といえば、少な目の歌集1冊にあたる。皆さん、バーチャルに慣れているのか、仮想恋愛歌に秀で(とくに冒頭の「星歴20××年 異星間交友のススメ」8首)、また古えの宮廷和歌の贈答を想わせる1連(とくに「2LDK」)がある。
 なかなか二人の息があわなくて、しまいまで行く連もあり、正直だとこれも感心した。
 連のしまいに「人知れず君に最後のくちづけをショコラの雨が止まないうちに」のシュールとか、また別連の2首目の下句「貘も悪夢を食べ飽きた頃」の暗喩など、優れている。返歌を受けて咄嗟にできるのか、前以ってアイデアを温めていたのかと思う程である。
 同じく千原こはぎさんの編集した
短歌集「獅子座同盟 6」は、昨年8月22日の記事にアップした。


 

にほんブログ村テーマ 100冊会へ
100冊会

獅子座同盟 6
 今月16日、千原こはぎ・歌集「ちるとしふと」kindle unlimited版を紹介した所、連携ツイートに当人よりリツイートを頂いた。辿った所、フォロワーとツイートの数が抜群に多いので、僕のフォローは遠慮した。
 ただし彼女のブログ
「こはぎうた」は、僕のお気に入りに入れた。
短歌集の入手まで
 ちょうど短歌集「獅子座同盟 6」のネットプリントを配信していて、ブログにはコンビニでの手順が詳しく書かれてある。ただしそれは費用と手間も掛かるので、僕は「web閲覧版・PDFダウンロード(印刷用)はこちらから」の指すアドレスから、PDF版をダウンロードしプリントした。web閲覧では、少し読みにくい気がしたからである。
 A4判1ページに2面が印刷できるようだったが、僕は1ページ1面しかプリントできなかった。短歌や小文が読みやすくて良い。
 なお表紙写真は、ブログサイトよりお借りした。
概要
 7月23日~8月22日の獅子座生まれの、25名の歌人が7首ずつを寄せ、175首の短歌集である。
 表紙、内表紙、裏表紙を含めて、表裏印刷14枚。紙とインクは惜しくないが、印刷時間が少し惜しかった。
 カラーにすると、費用がぐんと上がるかも知れないが、好感度もぐんと上がるのだが。
感想
 商業ベースに乗らない、ネット時代のこのような作品の発表は、大歓迎である。認知度がやや低いだけで、それが上がれば、文学フリマのように爆発的に広まりそうな気がする。
 テーマを「星・宇宙・星座・獅子」に設定した事、若い歌人の多いことから、ロマンある恋歌が多いようだ。
 千原こはぎさんの「星曇り」7首が、デザイナーであり様々なプロデュースをしている人らしく、ネット時代の男女を描いて新しい。
 多賀盛剛さんの「星をみるひと」7首が、自称・丘ラッパーらしく、素直で機微を捉えて、声調も良い。


多賀盛剛さんがツイートをくださいました。

千原こはぎさんが、ツイートをくださいました。

↑このページのトップヘ