風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

短編小説集

 三浦哲郎・短編小説集「愁月記」(7編)より、5番目の「居酒屋にて」を読み了える。
 今月8日の記事、同「夜話」に次ぐ。
概要
 この短編に至って、僕はこの本を以前に読んだ事があると気づいた。前ブログ「サスケの本棚」にも記録がないから、2007年4月以前に読んだのだろう。
 この作品は、ショッキングだったようだ。また再読を、後悔しない。短編集ながら、構成は複雑で、込められた思いを充分には感じ取れていなかったのだろうから。
感想
 若い看護婦(現在は看護士)が夜更けの居酒屋で深酔いしている。おかみとの遣り取りを、作家が耳に入れる設定である。死に際の老男性が乳房に触れようとする事について、「…たったいちどだけって、涙を浮かべて拝んでは手を伸ばしてくるんだから。やりきれないわ」。「拝むと間もなく亡くなるから」。「どうしても厭だとはいえないの、あたし」。
 「わかった。今夜もまた、拝まれてきたんだ」(おかみ)。「そうなの。だんだん手垢にまみれてくるわ」。
 躰が汚れた、結婚を諦めたと、豊満な娘さんがストイックに嘆く。
 老男性の死に際の無念を救ってくれるなら、神仏よりも尊いと、感銘を受ける。
 「夜話」でも挙げた、「神なき信仰」に関わるだろうか。僕は信仰を持たない。信仰なき祈り、はある。
0-03
写真ACより、「キッチングッズ」のイラスト1枚。



IMG_20190126_0002
 三浦哲郎・短編小説集「愁月記」より、冒頭の表題作「愁月記」を読み了える。
 新潮文庫、1993年・刊。7編の短編小説を収める。帯が破れかけているが、残している。
 故郷に長病む母の最期を看取りに、故郷へむかう列車で、以前によく上京していた母の、食事時に急に泣き出したり、作家の仕事部屋を眺めまわして満足していた時を、回想する。不遇な宿命を背負った子供たちのうち、末弟の作家が成功して穏やかに過ごしている事に満足だったのだろうと、文中にはないが察せられる。
 目が弱くて琴の師匠をしている姉、母を長く世話している世話上手の付添婦さんなど、他の小説にも現われる人物が、心優しい。親しんでくれた若い看護婦の話もある。
 作家がいったん実家に戻って休んでいる間に、母の容体が急変し亡くなる。死に目には会えなかったが、作家は喪主としてあれこれ手配し、斎場から骨壺を抱いて車で戻る所で終わる。
 好い日和に亡くなり、数日間好天だった事も、故人の徳として語られる。
 現代風のチャキチャキした文体でなく、渋い文体で淡々と語られ、優れた母への挽歌である。


IMG_20181109_0001
 江國香織の短編小説集、「号泣する準備はできていた」を読み了える。
 長く文庫本棚にあったのだが、題名に少し引いていた。
 彼女の小説は、先の9月8日の記事、
同「きらきらひかる」を読む、に次ぐ。
概要
 新潮文庫。2007年、10刷。233ページ。12編の短編小説を収める。
 この短編集に由り、2004年、直木賞を受賞した。
感想
 初めの2編、「前進、もしくは前進のように思われるもの」、「じゃこじゃこのビスケット」は、男女の心の擦れ違いから生まれる、カップルの違和感を描く。
 この短編集に登場する男女は、どうしてこう不倫をするのだろう。夫が、妻が、あるいは双方が不倫をしている。標題作「号泣する準備はできていた」では、別れて出て行った男が、「ときどきやってきて、またでていく」という状態だ。
 だから最後の「そこなう」で、不倫相手の男が離婚して、「これからはずっと一緒だから」と言っても、満足感を持てない。
 一夫一婦制に無理があるとか、性の解放だとか言っても、今の社会では無理だろう。登場人物は、フリーランスか中産階級で、そのような放恣があり得るのだろう。
 「きらきらひかる」でも、ホモの夫の睦月は医師、妻の笑子は翻訳家、の設定だった。




大和物語
 歌誌「歌壇」9月号の、佐田公子さんの評論に惹かれて、歌徳説話「大和物語」(朝日古典全書、南波浩・校註)をAmazonマーテットプレイスへ、8月27日に注文し、8月30日に届いた。
 同じ値段で2冊があり、第7刷というのに賭けた。初刷のもう1冊との優劣はわからない。
 宮廷貴族の間の話が主らしく、歌の鬼神をも動かす、あるいは短歌の自己救済の、徳の話ではなかった。

幸田玲 月曜日の夜に
 kindle unlimitedより、短編小説集「月曜日の夜に」を、8月28日にタブレットへダウンロードした。
 作者はインディーズ作家として、活躍中らしい。僕は小説はメジャーなものしか読まなかったが、短編恋愛小説集らしいので、試しに買った。

白石晴久 第四次
 ひょんな所から、白石晴久「第四次産業革命の底流」kindle unlimited版を、8月28日にタブレットへダウンロードした。
 情報産業に関心が、僕にもあって入手したが、読み了えられるかどうか。




IMG_20180204_0002
 今月5日の記事「届いた2冊」で報せた内、定道明さんの短編小説集「外出」を読み了える。
 なおリンクより、前の短編小説集「風を入れる」の紹介へ遡り得る。
概要
 「外出(がいしゅつ)」は、2018年2月1日、編集工房ノア・刊。帯、カバー、249ページ。9編の短編小説を収める。
 初出は、「青磁」(2編)、「イリプス」(5編)、「海鳴り」(1編)、書き下ろし1編である。
 彼は詩人、小説家、評論家であり、端整な詩を書き、Wikipediaの「中野重治」の項に、研究者として名前と著書が載っている。
感想
 冒頭の「川蟬色の記憶」は、夫婦連れで蟋蟀橋の紅葉を観に来た男性が、若い頃、わずかに好意を持ち合った女性(赤ん坊を背負っている)と出会い、名乗らぬままわずかに会話を交わす話である。その女性が幸福そうではないが、気に掛ける訳にも行かない、という心残りのまま常識的に振る舞って終わる。
 「落ちていた雀」では義父(妻の父)を、「Jの終り方」では交流のあったJ老人とその周囲の人への、対象人物の死後のオマージュである。それぞれの特性を捉えている

 「505号室」は、長く不和だった娘が、手術を受ける大病をし、「私」と和解する話のように思える。次の1節がある。「我に返った人々は納得して現実の生活に戻って行く。そしてそれから、幸も不幸もある。」 しかし納得できなかった人は、歌人・竹山広のように、長く長く内心の戦いを続ける。
 諸編で、一人での旅、妻との旅、思い出、故人へのオマージュ等、エピソードは行き来して、本筋に戻り決着が付けられる。
 書き下ろし「スパティフィラムの花」は、母親の葬儀の進行に従う。葬儀社の「沢田君」の手腕によって、「彼」に「…おふくろも安まると思うね」と言わせるほど、納得の葬儀だったとする。「彼」は50年かかって合理主義を身に付けたが、「世の中に学歴のない知恵者はいっぱいいた」と嘆く。
 了いの「能登路」は、妻と何度目かの能登再訪をし、過去の思い出が語られる。そして「彼」と親密でもなかった妻「梢」との、和解を予感させる場面で終わっている。


↑このページのトップヘ