IMG_20180204_0002
 今月5日の記事「届いた2冊」で報せた内、定道明さんの短編小説集「外出」を読み了える。
 なおリンクより、前の短編小説集「風を入れる」の紹介へ遡り得る。
概要
 「外出(がいしゅつ)」は、2018年2月1日、編集工房ノア・刊。帯、カバー、249ページ。9編の短編小説を収める。
 初出は、「青磁」(2編)、「イリプス」(5編)、「海鳴り」(1編)、書き下ろし1編である。
 彼は詩人、小説家、評論家であり、端整な詩を書き、Wikipediaの「中野重治」の項に、研究者として名前と著書が載っている。
感想
 冒頭の「川蟬色の記憶」は、夫婦連れで蟋蟀橋の紅葉を観に来た男性が、若い頃、わずかに好意を持ち合った女性(赤ん坊を背負っている)と出会い、名乗らぬままわずかに会話を交わす話である。その女性が幸福そうではないが、気に掛ける訳にも行かない、という心残りのまま常識的に振る舞って終わる。
 「落ちていた雀」では義父(妻の父)を、「Jの終り方」では交流のあったJ老人とその周囲の人への、対象人物の死後のオマージュである。それぞれの特性を捉えている

 「505号室」は、長く不和だった娘が、手術を受ける大病をし、「私」と和解する話のように思える。次の1節がある。「我に返った人々は納得して現実の生活に戻って行く。そしてそれから、幸も不幸もある。」 しかし納得できなかった人は、歌人・竹山広のように、長く長く内心の戦いを続ける。
 諸編で、一人での旅、妻との旅、思い出、故人へのオマージュ等、エピソードは行き来して、本筋に戻り決着が付けられる。
 書き下ろし「スパティフィラムの花」は、母親の葬儀の進行に従う。葬儀社の「沢田君」の手腕によって、「彼」に「…おふくろも安まると思うね」と言わせるほど、納得の葬儀だったとする。「彼」は50年かかって合理主義を身に付けたが、「世の中に学歴のない知恵者はいっぱいいた」と嘆く。
 了いの「能登路」は、妻と何度目かの能登再訪をし、過去の思い出が語られる。そして「彼」と親密でもなかった妻「梢」との、和解を予感させる場面で終わっている。