12月15日(第3金曜日)の午前9時半に、メンバー3人が喫茶店の1隅に集まり、短歌研究会A第41回を持った。
 
同・第40回は、先の11月17日の記事にアップした。
 歌誌・歌集の貸し借り、返却のあと、研究会に入った。研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの10首より。
 「愈々」「吾が」をひらがなにするよう、Tさんと僕が奨めた。結句「インスタントコーヒー」は字数が多く、1首が詠草1行をはみ出すので、「即席珈琲」と書いて「インスタントコーヒー」とルビを振るか、「スティック珈琲」と書いて「珈琲」の所にルビを振るか、二人が奨めた。
 「降る雪が下屋に落ちたる音響き」の初句は、「積む雪が」にするよう、Tさんが奨めた。
Tさんの7首より。
 「三月ごとに配達さるる」を、「三ヶ月ごとに届ける」あるいは「配達の」に直すよう、僕が奨めた。「次回はやよひ春近き頃」の表記を、Tさん自身が迷っていたようなので、「次回は弥生はる近きころ」を、僕とMさんが例示した。
 「雪しづく音を聞きつつ」の「しづく」は、「沈く」の例しかないので、「垂づる」(「垂づ(しづ)」の連体形)にするよう、僕が奨めた。
僕の10首より。
 「歌詠まぬむなしき時の過ぎにつつ」の初句を、「歌詠めぬ」に直すよう奨められたが、意が違うので、元のままで置きたい。「LED天井灯に虫むくろ幾つか見えるおぼろに透けて」が2人に判らないようだったので、結句を「カバーに透けて」に自分で直した。
 「師走の日々に年を先取る」の結句「先取る」は、広辞苑にない(「先取り」はある)ので、「年の先取り」の例も示されたが「師走に年の先取りをする」に自分で直した。

 そのあと、僕の今期1ヶ月の50余首を2人に読んでもらい、感想をもらった。
 年末の研究会Bは無理なので、1月の研究会Aの日程を決め、10時40分頃に散会した。
0-06
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。