風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

石川書房

 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、歌集編のしまい、「初期歌篇」421首と、栞の遺詠9首を読み了える。先の6月16日の記事、同「鼓動以後」を読む(4)に次ぐ。
 全歌集にあとは、「歌集別総目次」、「年譜稿」、「あとがき」、「編纂覚書」、「初二句索引」を収める。
概要
 「初期歌篇」には、第1歌集「蟬」以前に発表された、「新万葉集」掲載2首と、「多摩」掲載419首を収める。18歳~25歳の作を、発表年月号順に配列する。
 没後に全歌集の発行される歌人は、幸せである。
感想
 若さと共に、感受性ある、抒情的な歌群である。
 若さと、「多摩」の歌の傾向だけではない、豊かでもなく東京工業大学電気工学科に学ぶ負い目と、上京1人暮らしの淋しさがあったのだろう。
 従軍を経て、歌風は変わり、骨太だが苦渋の多い歌となる。この変化を読んでも、感受性を擦り減らした戦争が悪と知る。
 これでこの「葛原繁全歌集」と別れる。
引用

 以下に7首を引く。
水のごと心冴えつつ月夜来て板塀にひづむわが影は見き
下心(した)堪へむ想ひ苦しもみ冬づくポプラの梢空にきほへり
ストーブの燃えつぐ聞きて山の夜はそれのみに親し刻(とき)移りつつ(道後山登山行)
淋しさを弟は告げねど病室の壁にはなやぐ夕日を言ひぬ
燃え果てし命のきはみ知りしより学生われらことあげをせず(昭和17年)
先生と呼び申すさへ懼れつつ恃みまつりし師はすでに亡し(北原白秋・逝去)
学生生活の最後の夏に許されし十日の暇短く過ぎぬ
0-49
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、「鼓動以後」(1,359首・収録)の4回め、最終の紹介をする。
 先の5月28日の記事、同(3)に次ぐ。このあとは短歌作品として、初期歌編421首と、別冊栞に掲載された遺詠9首のみである。
概要
 今回は、547ページ「時も命も」(1990年)の章より、しまい586ページ(1993年)までを読んだ。この時期、著者は肝炎を病み、1993年1月7日、肺癌のため死去した。
 僕が「コスモス」に初出詠したのは1993年12月であり、没後すぐに当たる。
感想
 「コスモス」の創刊者・宮柊二の没後、「コスモス」は幾つに分かれるか、などと噂されたらしいが、葛原繁が編集人となり結社をまとめ、分裂を防いだ手腕は大きく評価された。
 会社勤め、家族の扶養、結社の維持拡大などに、成功した。また歌人としても、読売文学賞を受賞するなど、評価された。
 しかし葛原繁の短歌が、今1つ膾炙されないのは、実務面に心身を向け過ぎたからだろうか。
引用

 以下に7首を引く。
宇宙にて徐々に近づきドッキング成るまでを映す生中継にて
見る我も水に浮かべる鴛鴦もおしなべて今春の日のなか
寝ては起き仕事なしをり予後の身は机のそばに布団を敷きて
一党独裁の終(つひ)の帰結か民衆はののしりて屈せず戦車の前にも(ソビエト政変)
歩み来し我の目前に紅梅は花をつらねて陽にかがやけり
遊民ら春日に出でておのも憩ふビルの谷間の石の広場に
身力の失せゆくことを如何せむかく嘆くかも残暑の明暮れ
0-46
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、全歌集に初めて収められた(生前未刊)の歌集「鼓動以後」の、3回めの紹介をする。
 今月17日の記事、同(2)に次ぐ。
概要
 今回は、504ページ「雪の火口」(1988年)の章より、547ページ「かなふならば」(1990年)の章までを読む。
感想
 葛原繁(1919年~1993年)の短歌が、今1つ純粋に澄まなかったのは、郷里の者を含め家族を養う、「生活のため」に会社側に立った(日新運輸倉庫・取締役を務める、等)ためかも知れない。従軍体験から、美への純粋な憧れを信じられなかったためかも知れない。
 少年少女を詠んで明るい歌が多く、未来に期待する点があったようだ。
 宮柊二・没後の「コスモス」編集人となる(1987年)が、体調は衰えこの時期、腸閉塞・肝炎で2度の入院をした。

引用
 以下に7首を引く。
鼓笛隊先だて来るも師の写真樽酒載せし車を引きて(柳川頌歌)
一本の菊をささげて頭(かうべ)垂るさはやけし先生の無宗教の葬儀(山本健吉氏逝く)
雨の輪を生みつつ水は行くものか下野(しもつけ)草の咲く花の下
人影の二三あるのみ一望にしぐれて寒し人工の浜
うちつけに東欧の民衆の声ひびく戦中戦後の世を知る我には
予後の身の一喜一憂くり返し耐へたる冬も春ならむとす
やつかいな肝炎と思ふ残生に仕遂げおきたき仕事を残せば
0-42
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、歌集「鼓動以後」の2回めの紹介をする。
 今月12日の記事、同・(1)に次ぐ。
概要
 僕は歌集「鼓動以後」と称しているけれども、この編の扉には「歌集」の文字はない。単行本歌集として刊行されていない。歌集「鼓動」以後の没年に至る1,359首を、全歌集に一括して収めた編である。
 今回は、483ページ「昭和62年」の項より、504ページ「昭和63年」の項の「師を偲ぶ会」の章までを読んだ。
感想

 付箋を貼った7首に、寸感を付して、感想とする。
雲か霧か峡の紅葉をよぎり行く冷えしるき朝をカーテン繰れば
 会津に旅しての、美しい旅行詠を成した。
奥嵯峨のこは祇王寺か入りゆけば一宇閑雅なり茅葺にして
 旅行して名所の現実を観ると、新しい感慨がある。無常観も感じているようだ。
師の悲報至るたりなりあわててはならじと思へど身の定まらず
 師・宮柊二は、1986年12月11日に亡くなった。「宮柊二先生逝去」の、挽歌の大連作を成している。
先生のおん身燃ゆるかがうがうと炎(ひ)の音は鳴るわが胸のうち
 同じく火葬場の場にて。大歌人の最期と共に、大結社の折り目を、感じたか。
花のもと飲み且つ歌ふが花見にてあまつさへカラオケ鳴らせるもあり
 歌人として桜の名歌を願うのとは、かけ離れた世情である。
今生の母との別れす夕あかね来迎光(らいがうくわう)と車窓より見て
 母の今際に間に合わなかったが、「母逝く」の挽歌連作を残した。
師を偲ぶ会とし思へど立ち動き落ち居がたしも裏方われは
 1988年の発表。結社の裏方として、落ち着かないまま、実務をこなしたのだろう。
0-39
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、歌集「鼓動以後」の1回めの紹介をする。
 先の4月21日の記事、同・「鼓動」を読むに次ぐ。
概要
 「鼓動以後」は、著者が1993年に亡くなったあと、歌集「鼓動」以後に紙誌に発表された全ての短歌、1,359首を「全歌集」発刊に際し、まとめて収めたものである。
 紙誌に発表する際には、推敲、選歌があっただろうが、歌集にまとめる際の自分の選歌、推敲はなされていない。
感想
 大部なので、分けて読んで記事化するけれども、何ページごと、という規則は持たない。付箋を7枚貼ったなら、そこで中断して記事化しようと思っている。
 今回は、431ページ~482ページの、52ページを読んだ。1ページ10行組み(章題を含めて)である。
 戦争体験者として、曲折はありながら、戦後の平和と繁栄に、深い感慨があるようだ。
 幼児、少年・少女を見る目は明るい。職を退いたあと、職務に励んできた分、虚しさはあるようだ。
 また故郷の広島県、とくに原爆平和公園を度々訪れている。
引用

 以下に7首を引く。
沿線の戦中戦後を知るものに感慨はありビル林立す
騒音は地上のものか高層のビルに見る東京もの音もせず
おのづから平和公園に我は来つ他に行き場所のなきが如くに
除幕の日学生なりき師の歌碑に今日来て立てば六十路(むそぢ)も半ば(白秋歌碑)
自在とはま寂しきもの企業といふ組織に励みし半生むなし
早春の今日を放たれ遊ぶもの子らは駆けつれて仔犬も走る
去来と彫る小自然石姿よし心にくき墓を残せるものか
0-36
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、第6歌集「鼓動」を読み了える。
 先の3月17日の記事、同「又々玄」を読む(後)に次ぐ。
概要
 原著は、1989年、短歌新聞社・刊。1980年~1983年の278首、著者・あとがきを収める。
 短歌新聞社の「現代短歌全集」の1冊となった。
 この間に、「玄」3部作による読売文学賞・受賞、仕事上での一線を引く、弟の死、肺病による8ヶ月の初入院、等があった。
感想
 写生、社会詠、生活詠に、純化しなかった。家長として家族(故郷の母、弟を含む)を助け、歌誌「コスモス」の活動に手腕を発揮したようだが、歌人として今一つ純粋でないように思えた。
 しかし戦争体験を経て、生活と社会に対する態度の一致、を求め続けたように思える。
 生前の最後の歌集であり、以後没年(1993年)までの歌は、この全歌集に「鼓動以後」として収められた。
引用

 以下に7首を引く。
足もとの砂をす走る波の先伸びきはまりて横ざまに退(ひ)
休みなく手と足を振りわが膝にゐて柔らかし孫といふもの
まのあたり変転を写し裁かるる江青の顔端正不屈(変転)
患者としこの夏逝くか病棟の側壁に来て鳴く油蟬
帰り来し我が家の真上汝(な)は亡きに虹かも立てる面影のごと(弟逝く)
行く風の息のまにまに吹雪く花あるものは高く吹かれつつ舞ふ
うから率て出湯にひと日遊びつつ病癒えたる喜び分つ
0-30
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、第5歌集「又々玄」の後半を読み了える。
 先の2月25日の記事、同(前)に次ぐ。
概要
 発行は石川書房、1980年・刊。3部作・歌集「玄」の第3冊にあたる。
 今回は「走る稲妻」の章346ページより、しまい392ページまでを読んだ。
 「玄」の題名は、師・宮柊二より頂いたものであり、今の自分には過大だと恐れる、と「あとがき」に述べている。
感想
 写生というのではなく、自分や他人の現れる叙景歌、また自然詠に優れている。
 テクノロジーの急進を恐れつつも、民主主義教育下の少年少女に未来を観ている。
 巻末に「新中国周行詠」の大連作を成している。1979年、勤める会社の友好訪中団の1員として、15日間に渉り、各地を巡った。旧中国の遺跡の壮大さ、新中国の真摯さに打たれている。
引用

 以下に7首を引く。
溜り潮しんと光れり釣人の群るる荒磯(ありそ)の岩間に澄みて
人間の手をはや離れ戻ることあたはぬ技術(テクノロジー)恐れむとすも
断崖の真下の一つ岩に拠りいこふ船あり白く小さしも
娘は嫁して白木蓮(はくれん)の咲く時に遇(あ)ふ過ぎて移るかわが身辺も
放たれて馳せ交ふ子等は無心なり水の広場にともなはれ来て
シンバルは少年指揮は少女にて太鼓のリズム流しはじめつ
明朝(みんてう)の死の荘厳は思ふべし地下陵の玉座生けるかにせり
0-16
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



Instagramより、取り込みました。
柊の斑入り葉の小木。貴重な自然生えです。


↑このページのトップヘ