風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

社会性俳句

 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、2番目の句集、原裕「葦牙」を読み了える。
 先の8月30日の記事、
岡本眸・句集「朝」に次ぐ。
概要
 原著「葦牙(あしかび)」は、1971年、春日書房・刊。321句、著者後記、原コウ子「解説にかへて」を収める。
 原裕(はら・ゆたか、1930年~1999年)は、俳誌「鹿火屋(かびや)」の主宰・原石鼎の没後、夫人の原コウ子の要請により養子縁組。1974年、原コウ子より主宰を継承した。
感想
 原裕は、社会性俳句以後の<第4世代>として現われ、「なつかしい句」を主唱したとされる。社会性俳句、根源俳句を避けたのであろうか、「後記」でも「自念自然流である」と言いきっている。
 作意のある俳句より、時に驚くような鮮やかな句が生まれるようだ。
 後期にも、俳句の完成度を高めたようだ。
引用
 以下に5句を引く。
猫寒く雨の浦安波こまか
児が泣けば冬浜に集(よ)る日の翼
忘却の彼方に大樹蟬しぐれ
指吸ひつつ仮眠男児や夏一途
秋風にひらきて十指とぎすます
0-01
写真ACより、「折り紙」のイラスト1枚。





 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、18番目の句集、飴山実「少長集」を読む。
 今月1日の記事、
林翔・句集「和紙」に次ぐ。
概要
 原著は、1971年、自然社・刊。119句、著者・あとがきを収める。
 飴山実(あめやま・みのる(實とも書く)、1926年~2000年)は、1946年、沢木欣一・主宰の「風」創刊につれ投句、1951年・同人。5年近く不出稿後、26歳で逝いた芝不器男の研究より、再び投稿。1976年、「風」出稿を止めるも、句集を続刊した。「飴山實全句集」(花神社・刊)がある。
感想
 10年間の119句を、4季別に収録する。あまりに少ない。著者に思う所があったのだろう。
 社会性俳句、前衛俳句の盛んな中で、自覚的に伝統俳句の良さを取り込む句を目指したらしい。
 戦後俳句らしい詩性をまとっているが。
 今となっては、総合俳句らしい、明澄さと情がある。
引用
 以下に5句を引く。
寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻
どの椿にも日のくれの風こもる
釘箱から夕がほの種出してくる
紫蘇畑ひそかにくらき森をなす
灰に埋め墨干すといふ露の町
0-99
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ