風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

積雪

 2月4日~5日に、今年(この冬)3度目の大雪になっています。
 1月12日~14日の積雪81センチ、1月23日~24日の積雪23センチに続き、2月5日19時までの24時間降雪38センチです。
 以下に写真を4枚、アップしますが、除雪は5日の午後2時頃、撮影は午後5時頃で、その間に数センチの積雪がありました。

CIMG0702
 玄関から県道までのアプローチです。両側は、植木、これまでの除雪を加え、雪の山になっています。
 枝がかぶさっていましたが、細くしか空けられません。

CIMG0707
 車庫前です。この前(県道の端)には、U字溝が走っており、鉄合金のメザラを捲って、雪の1部を放り込みました。
CIMG0704
 車庫横です。妻が車の出し入れに方向転換するため、仮駐車場を空けておいてほしい、と言っていた所です。
 面積があり、体力を使いました。
 隣の家の人がこの冬から使っている、除雪機が羨ましくなります。

CIMG0709
 玄関から勝手口までも、細く空けました。ふだんは勝手口から出入りしている為です。
 2月7日にかけての大雪が予想されていますが、5日午後9時半現在、雪は降っていません。このまま寒波が収まるとも思えませんけれども。






CIMG0682
 今月14日の記事、「大雪です」と「屋根の雪おろしは回避しました」で報せたように、1月12日~14日の朝にかけて、81センチの積雪がありました。
 それに続いて、1月23日~24日の夜に、積雪がありました。
 当地では、前回の残雪を加えて、積雪23センチ程でした。
 深夜に、メモ用紙に「除雪は僕がします」と書いて、テーブルに置いたのですが、24日の朝に見ると、妻の手で除雪してありました。上の写真は、玄関から県道までを空けたところです。朝より午後にかけて、わずかに積もった分は、僕が除けました。

CIMG0685
 上の写真の通り、車庫前も雪を空けてありました。
 癌予後の妻に無理をさせて、再発してほしくないのです。帰宅した妻に訊くと、車を出せないから、と理由にならない事を言っていました。
 24日の夜は、疲れたと言って妻は夜8時頃に入浴し、10時前の今は眠っているようです。今は雪は降っていなく、このまま済んでくれるよう、願っています。



↑このページのトップヘ