風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

竹頭社

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、4番目の句集、草間時彦「中年」を読み了える。
 今月3日の記事、
鷹羽狩行「誕生」に次ぐ。
概要
 原著は、1965年、竹頭社・刊。539句、後記を収める。
 草間時彦(くさま・ときひこ、1920年~2003年)は、初め「馬酔木」に投句。1953年の石田波郷「鶴」復刊に参加。1975年「鶴」同人を辞退。1978年~1993年、俳人協会・理事長。他。
 「馬酔木」時代の「高原俳句」、「鶴」時代の「サラリーマン俳句」、無所属時代の「グルメ俳句」と呼ばれる。
感想
 定年まで会社勤めをした、サラリーマンの俳句である。
 それ以前の俳句を僕は知らないが、向上性にやや欠けるようである。後書では、「結局は、わたくしの俳句は個の呟きの域を出なかつたのではないだろうかと。これは今後への戒心である。」と自省している。
 「賞与得てしばらく富みぬ巴旦杏」の身も蓋もない句がある。また60年安保を巡って、「梅雨のデモ殺到すサラリーマンの胸へ」1句のみを、申し訳のように収める。
 「運河に散る桜や集団就職工」の句では、「散る桜」を添えて、彼らの将来が明るくない事を示すかのようだ。
 俳人サラリーマンへの、会社の低評価を嘆く句、「冬薔薇や賞与劣りし一詩人」等があって、関心を惹く。
引用

 以下に5句を引く。
銀河濃し父となりたるばかりにて
黴の香や灯ともるごとく子の寝顔
爆音や干潟に臀立て市民たち
走り蚊や明日は忘るる小悪事
一せいに物干す団地聖五月
0-04
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、3番めの句集、萩原麦草「麦嵐」を読み了える。
 先の7月24日の記事、
岩田昌寿「地の塩」に継ぐ。
 原著は、1959年、竹頭社・刊。佐野青陽人・序、石田波郷・序、俳句遍歴(年譜)、後記を付す。
 萩原麦草(はぎわら・ばくそう、1894年~1965年)は、渡辺水巴に師事、主宰する「曲水」に入会、主要同人となる。戦後、伊豆に帰農、1953年、俳誌「壁」を創刊・主宰。
 「野人・麦草」「田園作品の第一人者」と呼ばれた。
 65歳頃の第1句集であり、1909年(明治42年)~1958年(昭和33年)の、半世紀に渉る句集であって、句数は明示していないが、かなり多い。
 土地にあって、旅にあって、庶民の姿を、暖かく捉えている。
 没後、句集「枯山仏」がある。
 戦後の句より、以下に5句を引く。
百姓はいくさに敗けてキャベツ剪り
豆を煮る豆殻を焚く十三夜
六月や脱兎の耳のやわらかさ
浜の娘は鰯を食べて羽根つけり
成人の夜を家継がぬ子が泊る
0-35
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





 

↑このページのトップヘ