風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

綜合歌誌

IMG
 9月10日(日曜日)に、ショッピングモール「ワッセ」内の書店「KaBoS」へ行った。
 次のパソコンを買うとして、Windows10の解説書を、とでも思ったが、思わしい本はなかった。
 「Facebook超入門」という、入門書があったので、買う事にした。僕はFacebookを、ほとんどブログの拡散にしか使っていないし、友だちを現在の30数人より、増やすつもりはない。
 ただし本来の内輪的交友の望みを捨ててはいない。そのためにも、基本の確認は必要である。

IMG_0001
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年10月号の、発送通知が9月14日にあり、15日に届いた。
 9月号の発行直後には、予約価格900円と示されて、ためらったのだが、9月2日に確認すると、定価800円となっていたので、予約した。
 表紙デザインも深まる秋らしい。読み了えたなら、ここで紹介したい。


 

CIMG9433
 8月22日の記事「届いた2冊」で紹介した内、残る綜合歌誌「歌壇」2017年9月号を、作品中心にほぼ読み了える。同・8月号の拙い感想は、7月22日の記事にアップした。
巻頭作品20首
 尾崎左永子(以下、敬称・略)「音」20首が、盛年時代を回顧して、感慨深い。1首を引く。
高架路を走り抜けゆく快感はすでに過去わが盛年も過去
 久々湊盈子「夏こそおみな」20首。
 「勘違いされいるらしく折々にとどく句集に言葉をもらう」ともあり、次の1首はその成果だろうか。
雑巾がけは難儀なれどもフィンつけて泳ぐを喜ぶ身勝手な膝
特集・時代を読み、詠む
 松村正直の総論「常識・過去・重層性・多義性」は、過去とレトリックに拘って、現況に曖昧な気がする。
 「作品五首とコメント」12氏は、スローガン的な作品は頂けない。
 風間博夫「紋左」では、「焼き鳥の竹串し抜いて皆でつつくことなどあらじ苦(にが)しビールは」と共に、次の1首がドキュメントとして優れる。
言論の自由失せゆかん午前七時四十六分過ぎのにつぽん
 斎藤佐知子「言霊の」の、コメントで「言葉が辱められている」と述べる。中西信行「隘路の間」5首末で次のように詠む。
バベルの塔の故事の前夜か言の葉の汚れ乱るる未来あやふし
 今年5月2日の記事
「詩誌「生魚」No.86」で書いたように、政治家は半意図的に、言葉の世界を空虚化しようとしている。更には、言葉に悪意を付着させている。
インタビュー「橋本喜典さんに聞く」③
 今回の末の章の題が「この国の明日が心配でしょうがない」であり、戦後の思いやりの良識が失われそうである事を憂える。
作品12首
 内山晶太「蟬声」では、次の1首が、勤め人(あるいは学生)の農業に慰められる心境を描く。
夜の畑にしげる野菜をなぐさめとしてわたくしの帰路つづきおり
 藤野早苗「迦具土神」は、6月の情動と共に、「共謀罪」成立への怒りをも詠む。1首。
六月の夜陰に紛れ生れにけり迦具土神(かぐつちのかみ)のごとき一法
作品7首
 牧雄彦「草萩」の、次の1首のような異様な光景は、僕も喫茶店で見掛けた。
向きあひで飯を食ふべる若き女男スマホ操り物は言はざり
 評論・他も有意義な編が多いが、ここでは取り上げない。

CIMG9407
 今月16日の記事、「購入した5冊」で入手を報せた、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年8月号を、ざっと読み了えた。
 
同・7月号の感想は、今月4日の記事にアップした。
 巻頭の岩田正「竹踏み」20首は、老いの意気と嘆きと、床屋政談である。崩れやすい危険性を感じる。
 大口玲子「夕焼けを見たか」20首は、クリスチャンの立場から、共謀罪反対のサイレントデモに参加し、かつ詠む。痛ましい気がする。
 魚村晋太郎「累卵の、」12首の11首目「脚ほそき木椅子はきしむ内心といふゆふぐれの部屋におかれて」は、初句2句で写実かと思わせて、3句目以降で比喩の歌に転換させている。
 林田恒浩「ひたになつかし」12首の3首目、「待ち受けにうつる曾孫を死の床の母に見せやりき それより換えず」の初句がわからなかったが、スマホかケイタイの壁紙とわかった。「待ち受け画面」くらいにして貰わないと、すぐにはわからない。
 1冊1ページの歌書紹介欄が貴重である。


CIMG9383
 6月18日の記事で到着を報せた、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年7月号を、ほぼ読み了える。
 巻頭の佐佐木幸綱「一九六六年」は、意外だった。大家が花舞台で、51年も昔の小さな事を、回想する歌を発表するしかなかった事に、かえって時代性を覗くよりないのか。
 平岡直子「スカートのそとの刺青」30首では、「つまさきを乗せれば沈む蓮の葉をあやうく渡りきったけれども」と、ある危機を渡りきった経験を詠んでいる。
 特集「介護の歌から見えてくる家族の姿」では、久々湊盈子「介護が生む兄弟間の軋轢」に救いを感じた。二人住まいの僕たち夫婦も、介護に入る日を想定せねばならない。
 篠弘「戦争と歌人たち」第四〇回では、学徒出陣を詠んだ歌から、取り上げている。
 「インタビュー 橋本喜典さんに聞く」(聞き手 柳宣弘)は第1回「軍国少年だったころ(戦前)、窪田章一郎先生との出会い」であり、戦後すぐに「まひる野」に入会するまでを、述べている



CIMG9383
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年7月号を、発売日の6月14日に楽天へ(ポイントがわずかにあって)注文し、翌日に宅配便で届いた。
 表紙の写真は夏らしいが、海(白波が1列だけ?)、巻貝、西瓜と、典型的過ぎないか。典型は裏側の褻(け)を思わせる。
 巻頭作品に、若い平岡直子(以下、敬称略)の作品も挙げていて、鑑賞したい。
 時事的な特集は目に付かないが、篠弘「戦争と歌人たち」(40)、また「インタビュー 橋本喜典さんに聞くⅠ 聞き手・柳宣弘」に驚かされそうだ。
 1ページ・エッセイの「私の時間術(24)」大松達知、「私の行きつけ(7)」恩田英明、なども楽しそうである。


CIMG9369
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年6月号を、ざっと読み了える。本の到着は、今月15日の記事にアップした。
 特集の「現代版、本歌取り」では、先行作から語句を借りて来るのではなく、以前の別の作を連想させ重ねながら読ませる作でなければ、という点が強調される。歌集は読んでいても、ほとんど暗誦できない僕にはお手上げである。10氏の「本歌取りに挑戦」競作は読み応えがあった。
 小谷奈央「沼杉」20首より。
やったことひとつずつ消しやらなかったことはリストにそのままのこる
 to do リストか何かだろうか。便利さのために用いるアプリなどが、後ろめたさをもたらす現代の逆説を描く。
 さいとうなおこ「寒い」12首より。
考えも顔も異なる妹とおもうがフルーツポンチをたのむ
 似ている点と似ない点を挙げる妹に、違和感を持ちつつ、指摘するでなくスルーしてしまう冷静さが描かれる。
 新連載「小島ゆかり・正木ゆう子の往復書簡」第1回は、俳人・正木ゆう子の書簡であり、中身も熊本地震に関わる「熊本日日新聞」への投句が多く語られて、今1つ身が入らなかった。
 高野公彦インタビュー特別編「20の質問」では、「日課」「座右の銘」「よく見る夢」等の問いに答えている。身近に感じられ、本編と共に貴重な資料となるだろう。




CIMG9369
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年6月号が、昨日(5月14日、日曜日)に届いた。リアル書店で買っていた時期も長いのだが、車で往復1時間(無料駐車場のある店まで)の時間とガソリン代を思うと、宅配は便利である。
 まず表紙が好ましい。図柄は梅雨の晴れ間の虹だろうか、額紫陽花(ガクアジサイ)と、文字も青基調の中に、赤い傘を点じている。
 特集「現代版、本歌取り」は、枕詞と同じく、僕のほとんど使えない技法(たくさんの歌は、記憶していないので)だが、関心はある。
 新連載の「小島ゆかり(歌人)・正木ゆう子(俳人)の往復書簡」も楽しみである。
 綜合歌誌は、これ1種しか取っていない。量(時間的に)と、好みの結果である。


↑このページのトップヘ