風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

総目次

覇王樹11月号珊瑚礁 総目録
 最近に短歌結社・覇王樹社より届いた2冊を紹介する。

 結社歌誌「覇王樹」2018年11月号(初めの写真)が、10月26日(金曜日)午後に届いた。
 
「同・10月号」の感想は、今月2日にアップした。そのリンクより、10月号の到着、過去号の感想へと、遡ってゆける。
 11月号は、11月1日付け・刊。36ページ。10首詠4名、15首詠2名も揃って、勢いがある。
 編集後記に「覇王樹のホームページから入会して定着してくれる方が多い…」とあり、運営の新しさがある。
 なお
僕の歌6首(8首出詠より選)他は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、10月27日以降の記事より少しずつ順次掲載するので、横書きながらご覧ください。

 あとの写真は先日に届いた、「覇王樹」前身の「珊瑚礁」総目次である。1917年~1919年にかけて、通巻26号が、橋田東聲達によって発行された。貴重な資料である。
 「覇王樹」は、2010年の「90周年特大号(抜き刷りあり)」で、1919年の創刊号~1954年までの、総目次(通巻353号)を載せた。抜き刷りを僕も有している。
 2020年の100周年には、それ以後を集めた総目次が刊行される予定である。


IMG
 今月2日に、記事「歌誌「覇王樹」11月号を読む」をアップした。
 僕の所属する同誌は、2020年、創刊100周年を迎える。僕は未だ、参加して半年だけれど、100周年の記念の場に出会えるかと思うと、身震いがした。武者震いである。
 100周年記念号には、「覇王樹」総目次を載せるが、それは昭和29年以降分(大正8年8月・創刊)であると予告があった。90周年記念号で、昭和29年までの総目次を載せたからである。
 「覇王樹」のホームページに、90周年「覇王樹」」総目次の販売が示されていたので、メール欄より抜き刷りを購入した。100年の総目次を、手許にほしいからである。
 2010年・刊か(抜き刷りのせいで、奥付がない)、定価・2,000円、261ページ。創刊より昭和29までの総目次に、「覇王樹の歴史と先人達の足跡」が付される。読み通す本ではないが、参照が出来、気持ちの上でも、結社への参加意識が高まる。



↑このページのトップヘ