風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

編集人

 総合歌誌「短歌往来」2020年9月号、Kindle Unlimited版を、ほぼ読み了える。
 入手は、今月28日の記事にアップした。



短歌往来9月号
 2020年8月15日、ながらみ書房・刊。
 入手紹介で、捨て身のKindle Unlimited化と書いたのは、紙本の定価が850円なのに対し、Kindle Unlimited本は1ページ0・5円くらいで、全部読んでも1冊100円か200円にしかならないからだ。若い編集人・佐佐木頼綱の決断だろうか。

 特集は「子育て&子供のうた」。「子育て」と「子供」を並立させる志向に異論もあった。
 短歌5首と短文だが、俵万智の「餃子の時間」では、一人息子が高校生になっていて楽しい。子がトラブルを抱えている場合も多いようだ。

 連作、知らない歌人の歌、楽しく読んだ。
 手軽に新しい短歌に接することを望んでいるので、Kindle Unlimitedで短歌を読めるのは嬉しい。


 

「覇王樹」8月号
 所属する結社歌誌「覇王樹」2019年8月号を、作品中心に読み了える。
 到着は先の7月29日の記事、同・8月号が届くで報せた。7月号の感想、覇王樹社のホームページ、僕の作品、3つのリンクを張ってあるので、ご覧ください。
概要
 2019年8月1日付け・刊。40ページ。編集人・佐田公子。
 今年の覇王樹賞20首と、花薔薇賞1首が、決定・発表された。
感想

 覇王樹賞は、K・恵美さんの「廃校」20首。彼女は結社「林間短歌会」で研鑽を重ねた方で、実力はある。また連作のまとめ方も上手で、賞を狙える方だ。
 次席以降の方も、読んでみれば力作である。
 T・美香子さんの「日本歌人クラブ会報「風」203号」より「記憶のかけら」5首、「短歌往来」5月号より「波照間島」8首が、転載された。
引用
 2首に寸感を添えたい。共に同人の特選欄?にあたる「爽什」10名からである。
 N・ま寿子さんの「ピリオド」6首より。
ピリオドをいまだ打てない空間に君と紡ぎし歳月浮かぶ
 口語調も取り入れて、優れた亡夫恋と読んだ。間違えていたら、済みません。
 K・恵美さんの「夢二の絵」6首より。
団らんを支えし鍋も大皿も終活の名に次つぎと消ゆ
 老夫婦のみ、あるいは独居老人となった者の切なさが、具体的に迫ってくる。




↑このページのトップヘ