風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

自力

 僕はこれまで柴田哲夫のペンネームで、「日々のソネット」、「改訂版 光る波」の2詩集を、Kindle出版してきた。しかし電子出版の代行業者を通じてだった。それなりの反響があり、わずかだが印税を受け取った。
 しかし代行業者を通すと、有料定価での販売が無い場合(無料セール、Kindle Unlimitedの販売のみの場合)、販売冊数、印税の連絡(メールでの)が無い。これまでの出版を経て、ここ2年か全く連絡がない。それにその代行業者に依頼すると、1冊3万円弱の費用がかかる。

 今年に入って、あるサークルのコメントの2、3箇所で、今年の計画として、「Kindle出版を自力で成したい」と書いた。夢物語でなく、計画なので、まずはKDPアカウントをAmazonに登録した。
 参照したのは、海河童さんのガイド本「さるでもできるKindle電子出版2020」の「KDPアカウント情報の登録」の章である。

さるでもできるKindle電子出版

 KDPとは、Kindle Direct Publishing(キンドル ダイレクト パブリッシング)の略号で、AmazonのKindleストアを通じて、電子書籍を配信できる電子出版サービを指す。道程を達成できれば、無料でKindle本を出版し、収入を得ることができる。

 パソコンでKDPアカウント画面を呼び出すと、「あなたは〇〇(僕の本名)さんですね」といった画面が右上に出るので、クリックする。出ない場合は、Amazon登録のメールアドレスとパスワードを入れるらしい。海河童さんのガイドに従って(KDPアカウントの登録に関して、この本が1番詳しいらしい)、登録をする。アメリカに提出する書類には、英数字で記入した。電子署名をアルファベットで入力し、銀行口座を登録し、KDPアカウントの登録の完了である。僕は登録できたようだ。

 Wordでの原稿作成と出版は、他の幾冊かのガイド本(Kindle Unlimited本)に従う予定である。なお印税は、1万円を越えないと口座に振り込まれないらしいので、経験上、当分は諦めている。収入ではなく、出版(作品を読んでもらうこと)が目的である。


あまねそう「2月31日の空」
 今月1日の記事「入手した2冊」の、後のほうでダウンロードを報せた、あまねそう・歌集「2月31日の空」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
概要
 2013年3月17日・刊。kindle版:250円。kindle unlimited版:追加金無料。
 初め題名に因み、3月3日までのunlimited版・発行のように書いてあったが、現在もunlimited版がAmazon上で販売されている。
 著者は、1976年・生まれ、中学校教諭を経て、研究所勤務(臨床発達心理士)。
 歌人集団「かばん」会員。
感想
 2013年にkindle版のみの歌集を自力で出版するには、多大な勇気と技術が必要だったと、僕は思う。
 201首、あとがき、著者略歴を収める。
 著者と内に併走するように感じて来た少年が、第1子の誕生後に消え、新たな作品を生めるように感じ、区切りとして「第一歌集を青春歌集として出版する事にした。」
引用

 以下に7首を引く。
 ハイライト機能があるので、気になる短歌にハイライトをし、ノートでそれを参照すれば良い。
てつぼうに手のとどかない子のために広がっている青空がある
「ヘーゲルは分からないけど」(他の事は知ってますよ)という含みあり
睨まれているほうがいい教員がつくり笑顔で近づいてくる
白色に濃さのあること思いつつ牛乳を飲む雨の降る朝
ゆうらりとうたたねをして過ごす午後インターフォンを鳴らすペリカン
人類の得てきたどんな権利より優先されるおばちゃんのチャリ
旅行用歯みがきの味やや甘くたぶんうちより水が冷たい


詩集 楽園の記憶 歌になった言葉たち
 Amazonより、あいね麗奈・詩集「楽園の記憶」kindle unlimited版をダウンロードし、タブレットで読み始める。kindle版は、1,250円である。unlimited版もある事を見つけ、ダウンロードした。
 副題に「歌になった言葉たち」とあるように、6人の作曲家に提供し、歌われた歌詞集である。32編と「はじめに」「おわりに」を付す。
 僕がなぜこの本に惹かれたかというと、出版社も電子書籍出版代行業者も通さない、自力でのkindle出版らしいからだ。
 歌詞は横書きだが、工夫された面もある。
 「詩集 日々のソネット」kindle版(kindle unlimited版もある)を、代行業者に依頼して出版した僕は、親近感を持った。
 英語のみの歌詞もあり、ゴシック風なのだろうか。
 自費出版(自力出版)のkindle版詩集を、たくさん読みたいものだ。



↑このページのトップヘ