風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

自然

 綿矢りさの小説「手のひらの京(みやこ)」を読み了える。
 今月6日の記事、入手した5冊(2)の、初めに紹介した。その5冊の内、3冊めのアップとなる。

IMG_20190705_0001
 新潮文庫、2019年4月1日・刊。
 定価:本体490円+税39円=529円のところ、楽天ポイント303ポイントを使って、楽天ブックスで実質226円で買った。
 京都の3姉妹の娘さんを描いて、谷崎潤一郎の「細雪」や川端康成の「古都」を連想させると謳われたそうである。「細雪」は読んでいない(全集28巻揃いが鎮座している)し、「古都」は枯れていて印象が薄い。

 これは京都の自然と行事と人情を描いて、濃やかな小説である。
 長女・綾香は次女の紹介した男性と交際を始め、うまく結婚へ進みそうである。次女・羽衣は自認するモテ女だが、「キレ芸」でいけずな先輩や取り巻き、パワハラ・セクハラの上司を撃退するものの、キレたところを恋人に見られて失恋してしまう。3女・凛は理系の大学院修士課程を修了し、両親の同意を苦労の果てに得て、東京都の有名菓子メーカーに就職する。

 僕は2人兄弟の弟なので、家庭内の娘さんの実情を知らない。しかし僕が憧れるほど、京都の娘3姉妹を、京言葉と共に、濃やかに美しく描いている。
 作者の望郷の思いも、籠められているだろう。



 福井県俳句作家協会「年刊句集 福井県 第57集」より、4回目の紹介をする。
 同・(3)は、先の4月24日の記事にアップした。
概要
 1年に1集ずつ発行されて来たとすると、創刊は1962年になる。俳人協会から伝統俳句協会が分離した年である。危機感を持つ県内の俳人が多かったのか、現代俳句協会を含めて、3派が合同して県組織を創立し、年刊句集を発行し、現在に至るようだ。
感想
 今回は、坂井地区(坂井市、あわら市)の13ページ(108ページ~120ページ)の26名、260句を読んだ事になる。
 同・(3)の41ページ、810句に比べて、かなり少ない。人口数の違いであり、文化への関心度の違いではないと信じたい。
 「世情は変わっても自然は変わらない」という考え方があったが、自然開発が進み、災害・異常気象が進むと、「自然は変わっても人情は変わらない」とも考え得る。
 年刊句集の句が、多く有季定型であり、季節の詩として俳句は貴重である。
引用

 以下に5句を引く。
初旅や三か所の子に餅配る(A・昭三)
人影も見えぬ野面の極暑かな(S・潤子)
日捲りも薄くなりけり涼新た(W・千加江)
スマホで見る天気予報や稲刈り日(T・政三)
着崩れし踊り浴衣や水を飲む(I・房枝)
0-34
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 今日2回目の記事更新です。
 このブログの投稿が、そろそろ1,000回を越えているのではないかと、調べてみると、2月20日付けで1,005投稿だった。
 調べ方はライブドア・ブログで「マイ・ページ」→「基本設定」→「利用状況」→「ブログの投稿情報」の最下段「これまでの投稿数」に明示される。
 本格的に運用を始めた、2016年9月3日の記事、
「ブログを移転します」より29ヶ月余、約890日での達成である。
 記事更新を休んだ日もあるが、ほぼ毎日更新で、1日2回更新の日も多い。
 前ブログ「サスケの本棚」が、9年5ヶ月で3,075投稿だったので、それに比べて少し速い。
 1日の2記事目の投稿に、昼食の公開(
今日の昼食を公開します(10)より、遡れる)や、お八つの公開(僕のお八つを公開します(5)より、遡れる)が多かったが、最近は上品に花の紹介などが多い。反省というか、感性の上昇は自然だとうそぶいたりして、迷っている。
0-06
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



CIMG1242
 北庭に、南天の実の1房を見つけたので、写真アップする。
 昔は庭に何ヶ所かあった南天もすたれて、今年は欠けの目立つ1房のみである。
 家の北東部(鬼門)に中るが、庭の北東の角ではない。

CIMG1248CIMG1253
 万両の2株が、乏しい実を付けた。鉢植えの親株はなく、小鳥が自然生(じねんば)えさせた株で、左が兄貴分にあたる。
 昨年は12月17日、積雪から起こした、実生の万両(上初めの株)の写真をアップした。
 生長は良いので、実の少ないのは、開花期に雨が続いた(当時、心配していた)からだろう。
 鉢植えの株は、こうまで少ない年はなかった。鉢植えでも、世話をすれば、自然より結実の環境が良いのかと、自然の厳しさに思い至る。
 南天も万両も、来年はたくさんの実を付けてくれるよう願う。


↑このページのトップヘ