風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

CIMG0385
 今月19日の記事、「庭のムクゲ2種」の最後に、「あと1本、実生の木が残っている」と書いた。
 8月20日、その最後の7本目のムクゲに、この夏の初花が咲いたので、紹介する。
 リンクを辿って行くと、これまでの6種のムクゲに会えるので、是非ご覧ください。
 今回の花は、白二重、底紅の花である。二重といっても、外の一重に、内側に乱れた花びらの付いた花である。あとに咲く花で、もっと整った花があるかも知れない。
 八重咲きの血が入っているので、最初に紹介した、純白一重と赤紫八重(花笠咲き)の交配かも知れない。あるいは2回目に紹介した、白千重と赤一重の花の交配か。
 これで庭にある、7本のムクゲの花の、紹介は終わりである。
 いまも何種ものムクゲが咲き、庭を彩っている。


CIMG0291
 廊下を通ると、裏庭のサツキの花が見えたので、コンデジを持って、外へ出る。
 サツキといっても、園芸種ではなく、庭木用の普通種である。それでも花は嬉しい。
 この家を父が建てた時に植えたもので(他にも2、3ヶ所ある)、40年近くを経ている。
CIMG0294
CIMG0293
 その外へ出た時、花ザクロの花に気づいた。
 八重咲きで、基本的に実は生らない。稀に小さい、食用にならない実を付ける。
 上はズームアップ、下は花木のほぼ全体である。元気に咲いている。




紫木蓮 - コピー
 庭の花を紹介します。
 まず紫木蓮(普通種)です。何度か幹を切り替えたので、叢生になっています。
 白木蓮、ピンク木蓮、赤木蓮に続いて咲き、黄木蓮を残します。

CIMG0244
 ツツジの赤花です。少し紫がかっています。
CIMG0242
 ツツジの白花です。清楚な色です。
CIMG0239
 ツツジのピンク花です。心の明るむ色です。
 まれに先祖返りして、赤花が出ますので、その枝は折り取っておかねばなりません。
 庭のツツジはこの3種のみですが、僕が枝取り(下枝を地中に埋めて発根させる)で殖やしたので、あちこちに咲いています。



↑このページのトップヘ