風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

花神社

 青土社「吉野弘全詩集」(2015年2刷)より、第11詩集「夢焼け」を紹介する。
 先行の
「北象」「自然渋滞」は、今月16日の記事に紹介した。
 「夢焼け」は、1992年、花神社・刊。4章に分け、27編を収める。
 巻頭の「元日の夕日に」では、「元日の夕日を、どう呼んだらいいか/私はわからずにいます」と書くけれど、元日の朝日を「初日」と呼ぶから悪いので、正式には「初日の出」であり、元日の夕日は「初日の没(い)り」と呼べば良いと、僕は考える。
 この時代に俳句をたしなんだらしく、その経験が「俄(にわか)俳句教室」、「秋景」、「冬の鳩に」等に現れている。
 標題作の「夢焼け」では、文選工のミスを咎めず、夢に焼かれている人間、という1面を表わした。
 「漢字喜遊曲」の流れの作品もある。
 生前の詩集としては、これが最後である。このあと、詩画集、写真詩集の出版はあったけれども。
 またこの本の巻末近く、未発表詩篇選があり、初出の最後は1995年頃である。「歌詞一覧」と共に、ここでは取り上げたくない。
 没年の2014年まで、彼は詩を書かなかったのだろうか。体を悪くしたのか、このような形で詩よりフェイドアウトして行ったのかと思うと、歌人たちの場合と比べて、詩人として侘しい。
08
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



 青土社「吉野弘全詩集」(2015年2刷)より、詩集「北象」「自然渋滞」を読み了える。
 先行する詩集
「陽を浴びて」は、今月9日の記事にアッした。
 「北象」は、銅版画と対で10編を収め、1985年、「アトリエ・楡」刊、限定50部。内7編を既刊詩集より再録し、1編を「自然渋滞」に再録したので、この全詩集・版では2編のみとなっている。自然の擬人化がなされる。
 「自然渋滞」は、1989年、花神社・刊。3章に分けて、37編を収める。
 第Ⅰ章の「少し前まで」、「風流譚」、「竹」、「鴨」等は、自然を擬人化して、また自分と比べて、機智を効かせている。「紹介」は、自身のお孫さんの紹介らしく、「お通じ、あります/よく眠ります/夜泣き、しません/寝起き、ご機嫌です」と爺ばかぶりを発揮している。
 「雨飾山(あまかざりやま)」以降の4編は、以前からの叙景詩の続きだろう。芭蕉の言葉とされる「名人は危うきに遊ぶ」の域に達していると、僕は思う。
 第Ⅱ章は、僕の嫌いな「漢字喜遊曲」系統の詩が並ぶ。
 第Ⅲ章の「冷蔵庫に」、「Candle's Scandal」は、叙景詩で得た手法で、家具を擬人化した。最後の「最も鈍い者が」は、「言葉の息遣いに最も鈍い者が/詩歌の道を朗らかに怖さ知らずで歩んできた/と思う日//…」と始まり、「言葉の道に行き昏れた者」の嘆きを綴る。
 「あとがき」に拠ると、第10詩集とされる。
チューリップ7
Pixabayより、チューリップの1枚。




 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)の、「韓国現代詩選」(1990年、花神社・刊)より、3回めの紹介をする。
 今月5日の記事、
同(2)に次ぐ。
 今回は、河鐘五(ハジョンオ)の4編、黄明杰(ファンミョンゴル)の4編、金汝貞(キムヨジョン)の4編を、読みおえた。
 河鐘五の「屋台」は屋台の飲み屋を引く中年夫婦を、「ミドリマチ」では遊郭で苦しむ小娘を、描いて哀れだが、原詩集の出版時期にも拠るのか、既視感がある。「忘憂里で暮らしながら」では、父親と子(5歳)の会話があって、ようやくサラリーマン家庭を思わせるが、後半で強引に朝鮮統一の願いに向かう。
 金汝貞の「水鶏のことば」では、「くいなは/いろんな思い いろんな感覚 すべて/…/「トゥムプ トゥムプ」 きれいな鳴き声」と謳って、詩の原点を思わせる。「いのちの芯」では、「愛の病気を骨髄に封じ込めて/…/なんて悪性のはやりやまい/それでも女たちは争ってその病気を患ったのね/その病気の芯が/いのちの芯でもあったのだから」と謳い上げる。自分の達成や成功、つまり自己実現を男に託したのなら、哀れな話である。
 訳者の性格に拠るのだろうが、翻訳する詩人、詩に偏りがあるようだ。焚き火1
「写真AC」より、焚き火の1枚。


 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、「『スクラップブック』から」の3回め、最終の紹介をする。
 同(2)は、今月6日の
記事(←リンクしてあり)にアップしたので、参照されたい。
 今回、僕が読んだのは、1969年「旅」に寄せた「舟遊び」から、発表年・紙誌・不明の「ふるさと二つ」に至る、30編である。
 「会話」の始まりは、「話の歯車が かっちり噛み合って進み/何時間も倦まぬことがある/さっぱり噛み合わず/いら いら いらのこともあり/二人の歯車が がたぴし食い違うのに/へんだなァ 愉快! 愉快! のときもあり/批判のやいばで刺しちがえても/悔いなしという場合もある」と続く。僕も言い合いになった場合、お互いアップしたステージに立てるなら最高だし、刺し違えても回復する手立てはある。どうしようもないのは、嘘をついたり噂を拡げる場合である。
 「祭りは」は、祖母の男言葉での呟きで始まり、「祖母が逝って 時すぎて/かの呟き いつしか私も口にする/うきうきしたことの はや過ぎたあと/そっくりの口調で <祭りは終ったぜ>」と締める。初出が1971年7月であり、どうしても退潮から内ゲバなどに移って行った、学生政治運動への暗指を思ってしまう。
 「別れ ―友竹辰さんに―」での終連は「逝ったひとびとはなぜか私のなかでとたんに若返る/病の影さえさっと拭いさられ/二〇代三〇代の若さに戻り 精気に満ちて/皮肉な顔でふりむく/<なにやてっての?>」と、病い、老いで亡くなる友人の面影を描く。
 これで彼女の創作した詩は終わる。稀に古い口調が出て来たり、彼女の中に古いものが残っていたのでは、と思われる他は、彼女は戦後に詩を始めて生き切った。
 このあと、彼女の翻訳した「韓国現代詩選」が続く。何回かに分けて、ここで紹介したい。
暖炉2
フリー素材サイト「Pixabay」より、暖炉の1枚。



 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「食卓に珈琲の匂い流れ」を読みおえる。
 先月9月27日の
記事(←リンクしてあり)、「詩集未収録作品」に継ぐ。
 原著は、1992年、花神社・刊。2部22編。
 「娘たち」の末2連では、「そしてまた あらたな旅だち/遠いいのちをひきついで さらに華やぐ娘たち//母や祖母の名残りの品を/身のどこかに ひとつだけ飾ったりして」と、女性のファッションへの愛着と継承に注目する。 
 「今昔」では青年僧・良寛を旅人の回想として、「沈黙が威圧ではなく/春風のようにひとを包む/そんな在りようの/身に添うたひともあったのだ」と描く。
 標題作「食卓に珈琲の匂い流れ」では、「さながら難民のようだった新婚時代/(1行・略)/みんな貧しくて/それなのに/シンポジウムだサークルだと沸き立っていた/やっと珈琲らしい珈琲がのめる時代/一滴一滴したたり落ちる液体の香り」と、中流の生活を得た安心を述べる。
 時代の経済的発展を認めながら、心が喪いそうな事に敏感である。
コスモス6
「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。


↑このページのトップヘ