風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 今日2回めの記事更新です。
 6月25日に鉢に植え付けた百合5球の内、4種に莟が付き、8月27日頃に最後の「カサブランカ」が2輪、咲きました。
 今月24日の記事、百合2種の開花に次ぎます。
 莟が付かなかったのは、赤花「パラッツオ」のようです。

 インスタグラムより転載します。





 今月8日の記事、百合4種の莟が太るの内、初めに紹介した品種が咲きました。
CIMG2166
 莟が太った頃、花茎が折れました。重みで折れたのか、イタズラされたのか、わかりません。
 茎を切って、花瓶に挿しておいたところ、1輪が咲きました。
 品種は、添付されていたガイドに拠りますと、オリエンタル・ハイブリッド系の黄花「テラソル」です。まだ1輪ですが、他の莟が咲く保証はなく、ここにアップします。
 撮影場所は光線の関係で玄関先ですが、ふだんは窓際に置いています。



 先の7月23日の記事、百合5首の現在で、当時の状況をお伝えした。
 8月5日頃、4種の百合に莟が大きくなり、数も確定したようなのでお伝えする。
 品種名は、花が咲くまでわからない

CIMG2137CIMG2140
 まず白大鉢の右側の株である。写真上で、5つの莟が見える。
 次の真ん中の株は、頂部の病気で、莟ができなかった。
 後の写真の、白大鉢の左側の株は、写真上で6つの莟が見える。垂れているのは、萎れているのではなく、こう咲く品種のようである。

CIMG2142CIMG2144
 青中鉢でも、2種とも莟を付けた。初めの写真では、写真上6つの莟が見える。
 あとの写真の、1番小さい株には、2つの莟が見える。
 これから暑さに耐え、花を咲かせる重要な時期である。


↑このページのトップヘ