風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

葛原繁

 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、歌集「風の中の声」後半を読み了える。
 
同(前)は、今月8日の記事にアップした。
概要
 おおまかな概要は、上のリンク記事で紹介したので、参照されたい。
 生前未刊のこの歌集は大冊なので、前後2回に分けてアップする。
 後半は、110ページ「冬木群」の節より、152ページ・巻末までを読んだ。
感想
 母親、弟妹を扶助する(仕送りをした?)身は、家庭を裕福にできなくて寂しむが、戸主としての威厳を崩さない。子を詠む歌は濃やかで、優しさに満ちている。
 60年安保(僕は田舎の10歳児だったので、よく知らない)当時らしい歌もあるが、引かない歌の下句に「いづれの側にもつきたくはなし」と詠むなど、関わろうとしなかった。従軍体験、労働争議体験、2つの大きな敗北を経た身は、政治闘争に関わりたくなかったのだろう。
 いっぽう、叙景歌は人為の加わった景色を詠んで、優れた姿を見せる。
 歌集を当時に出版しなかった理由に、財政の他、家庭のこと、会社での立場、政治の忌避など、1961年以降の社会に、憚る思いがあったかも知れない。
引用

 以下に7首を引く。
係累ゆゑ貧しき生活(たつき)に耐ふるべく我が強ひて来つ我の妻子に
雪の玉押しつつ雪を大きくし余念なき遊び幼子のする
国会の乱入起り事ののち立場持ち互ひに非を責むるのみ
神経の困憊に夜更け目覚めをりひしひしとわが生(せい)の寂しさ
秋の星を杉の秀の間にちりばめし中尊寺参道闇厚きかな
黄葉(もみぢ)して寂しく明かる木々の間に「憩ひ」はありと我が入りて来つ
河沿ひに並み立つ直き杉の幹日は照らしつつ船遠ざかる
0-21
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。







 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、未刊歌集「風の中の声」前半(110ページ、「雪と幼子」の節まで)を読み了える。
 先の11月16日の記事、
同「蟬」を読むに次ぐ。
 なおこの全歌集は、1ページ10首(10行)組みであり、20首組みだった短歌新聞社「岡部文夫全歌集」よりも読みやすい。
概要
 歌集「風の中の声」は生前未刊の歌集であり、没後に原稿が発見された。実質的に第2歌集であり、題名も全歌集刊行会が仮に付した。
 1953年(33歳)~1961年(41歳)の706首を収める。短めなら2冊分の首数であり、前後2回に分けて紹介したい。
感想
 彼は1947年に労働争議に関わり、1949年に退職、転職した。1949年には結婚し、子供も生まれた。
 更に長男として、母、弟妹の生活を扶助し続けなければならなかった。1度ヤケドを負った、その様な庶民は、2度と政治的闘争に関わろうとしないだろう。
 重役に追従を言って暗澹となったり、多人数の馘首に関わったのは、生活のため、生き抜くために致し方なかったのか。
 人嫌いになったのか、叙景歌が多くなる。しかし人のいる叙景に優れていたようである。自然詠では「アララギ」系の写生にまだ及ばないようだ。
 短歌が救いであったと、書かれていないが、信じられる。
引用

 以下に7首を引く。
偶然が人を支配しゆくことを語れども納得を君に強ひはせぬ
野づかさの起伏を遠く自転車に見え隠れ来る人の小さし
妻と子と風呂より戻る声聞ゆ今宵三十五歳のわが誕生日
正義は常に労働者にありと想はねど四十人を失職せしめたり
食卓を中にして妻と対ひをり我が生涯のおほよそは見ゆ
背負ひ切れぬ荷重(かぢゆう)を更に積むごとし公私にありて限りもあらぬ
折紙の飛行機作り幼子と遊べば明日は団交が待つ
0-20
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。


CIMG9599
 昨日の記事「僕の未読全歌集」に挙げた内、最後の「葛原繁全歌集」(1994年、石川書房・刊)より、初めの歌集「蟬」を読み了える。
 葛原妙子や山崎放代を語るのは、まだ早いようだ。
概要
 1955年、白玉書房・刊。484首を収める。
 1945年夏(26歳)~1952年秋(33歳)までの作品。軍隊より復員して、電器設計に携わりつつ、宮柊二を中心とするガリ版誌・勉強会「一叢会」で研鑚する。
 27歳の時、父が死去、弟は病み、一家の責任を負う立場となる。
 労働争議に加わり、退職させられ、事務職となる。
感想
 戦後の窮乏の中で、その暗さを見せない。時代は新しく、彼も若かった故か。
 夫人・田鶴との馴れ初め、結婚が詠まれる。労働争議とその敗北も詠まれる(「崩壊の日々」の章)。
 しかし「後記」で著者は「僕は生きてゆく事の激しさ美しさを信じ疑ふ事を知らなかつた。」と述べる。戦後青春の典型だろう。
 葛原繁は結社誌「コスモス」の先達である。僕は24年間、「コスモス」に在籍したけれども、入会した1993年は、亡くなられた直後だったらしい。僕が読んだ話では、宮柊二・没後の「コスモス」を分裂させずにまとめた、力量を評価されていた。
引用

 以下に7首を引く。
大学は戦に黒く塗られきと我ら添ひゆくその黒き壁に
ちちのみを葬りまつると御棺(みひつぎ)に焔移さむ火を持たされぬ
かいかがみ寒さ堪へつつ設計を為して越えむか一、二、三月
嫁ぐ日の前の日までも蒲団縫ひ荷物ささやかに整へあげつ(妹嫁ぐ)
四階に事務をとるとき窓に見ゆ水の面(も)暗く澱める運河
カットの類襖の継ぎに妻は貼れど犬あり兎あり悲哀も住めり
始めての対面をせり小さき顔力(りき)みて泣く児(こ)秤の上に




↑このページのトップヘ