風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

藤井聡太

 最近に手許に届いた2品を紹介する。
 まず藤井聡太・2冠の扇子である。藤井聡太・グッズ(本を除く)では、今年5月23日の記事にアップした、ミニ屏風に続いて3品めである。


CIMG3129
 藤井聡太2冠(当時は無冠と思われ、段位不明)の扇子、「飛翔」1本である。
 メルカリで、2,555円で出ていて、未開封・未使用というのを信じた。
 届いた品は、ビニールカバー、将棋連盟の包み、と新品だった。包みと扇子の2つの帯を解いた。転売する気は、まったくないからである。
 将棋連盟の楽天市場経由の販売(現在・品切れ)で1,980円、送料500円であり、儲けはないだろう。
 高校生(中学生?)としては、とても立派な揮毫であり、英気をもらう。

 もう1つは、電気シェーバーである。
CIMG3127
 妻が電気シェーバーを探すが、値段も様々で分からないから、僕にネットで買うように言った。これまで数年、T字カミソリを使っている僕に、なぜシェーバーが要るかというと、12月21日に半月~1ヶ月の入院をするからである。入院では、カミソリは禁止である。
 Amazonで調べて、値段とブランドで、ブラウンの「シリーズ5 5140S」と決めた。高価な物もある中で、8,888円の安めの物である。そんなに高価な物は買えない。
 注文翌日に届き、さっそく使っているが、肌触りの良い品である。




 スポーツ誌「Number 1010 藤井聡太と将棋の天才」Kindle版を、ほぼ読み了える。
 入手は、今月10日の記事、入手した4冊を紹介する(9)にアップした。



 藤井聡太・本として、グッズは別に、2019年11月3日の記事、谷川浩司「中学生棋士」を読む、以来である。当時は藤井聡太は無冠だった。


Number 1010 藤井聡太と将棋の天才
 「藤井聡太と将棋の天才」は、文藝春秋、2020年9月3日・刊。
 Kindle版:580円、紙本:640円。
 経歴等は、ごく最近の他、語られ尽くしており、記事は物語的、ムード的である。スポーツ・ノンフィクションの最近の流れだろうか。
 藤井聡太とタイトルを争った、渡辺明、木村一基の談話も載っていること、現在は不利とされる振り飛車戦法の雄・久保利明の取材も載っている(やや感傷的ながら)事などが評価される。
 「天才が切り拓いた矢倉新時代」は専門的過ぎて、観る将の僕にはわからない。




 最近に入手した4冊を紹介する。


IMG_20200909_0001
 岡山大学短歌会の「岡大短歌」8号。Twitterのダイレクトメッセージを遣り取りして入手した。
 2020年8月15日・刊。定価:400円、送料:180円。45ページ。
 同7号は、2019年12月23日の記事にアップした。






IMG_20200909_0002IMG_20200909_0003

 綿矢りさの小説2冊セットをメルカリで、700円で買った。
 彼女の小説は、少し苦手である。



Number 1010 藤井聡太と将棋の天才
 スポーツ誌「Number 1010 藤井聡太と将棋の天才」Kindle版を買った。
 初見なので疑問はあったが、評判で、Kindle版が580円と意外に安い事に惹かれた。
 Kindle本の雑誌を読む事に慣れている。


 2020年7月16日夜、藤井聡太7段が渡辺明9段を3勝1敗で破って、新棋聖となった。スクリーンショットは規制となったのか、撮れなかった。

 このブログを「藤井聡太」で検索すると、以下のようになる。余計な記事も絡むが、全ての記事である。



 妻もまた、藤井聡太のファンであり、老夫婦で盛り上がっている。

 以下にわが4首を示す。
宝もの藤井聡太に殺害の予告があった異変のあるな
夫婦して藤井聡太のファンなり快進撃に盛り上がりいる
勝ったよと藤井棋聖の誕生を妻は告げくる共にファンで
「凄いねえ」「やったねえ」とぞ新棋聖誕生を祝う藤井聡太を
将棋の駒
写真ACより、「将棋の駒」のイラスト1枚。


 プロ棋士・藤井聡太4段(現・7段)のミニ屏風を中古で買った。
 藤井聡太・棋士のグッズとして、今月18日の記事に紹介した、クリア・ファイルに続いて、2品めである。



CIMG9767 (2)
 屏風といってもミニチュアで、横24センチ、縦12センチの大きさである。メルカリで、1,099円(送料・税・込み)で買った。
 ネットで調べると、2017年8月25日、日本将棋連盟・発売、定価:1,500円(税込み)だった。
 プロ棋士になってからの、29連勝・新記録を記念して発売された。左側に対局名が書いてあるが、対局者名はさすがに書いてない。
 僕はもう古希近いけれど、彼の勢いにあやかりたい。



IMG_20200517_0003
 メルカリで、藤井聡太のクリア・ファイルを買った。300ポイント(300円分。税・送料・込み)。千年に一人の天才と騒がれる将棋棋士だから、クリア・ファイルの1枚は良いだろう。
 日本将棋連盟・正規品。ビニール・シート入り、A4判、未開封品。
 藤井聡太ものでは、昨年11月3日にアップした、谷川浩司「中学生棋士」を読む、以来である。




IMG_20200517_0002
 本阿弥書店より、総合歌誌「歌壇」2020年6月号が届いた。169ページ。
 特集は、塚本邦雄生誕百年没後十五年。塚本邦雄が第1歌集を刊行した年齢に合わせ、特別企画は31歳競詠・7名。
 同・5月号の感想は、先の4月29日の記事にアップした。


 6月号も、読み了えたなら、ここにアップしたい。




 プロ将棋棋士9段の谷川浩司(名人等タイトル多数、元・日本将棋連盟会長)が5棋士を取り上げた、評伝「中学生棋士」を読み了える。

 到着は先の10月29日の、入手した2冊を紹介する(7)に記事アップした。



IMG_20191028_0002
 角川新書、2017年9月10日・初版。価格:800円+税。
 帯なし、メルカリ:380ポイント。

 中学生でプロ棋士となった、加藤一二三、自身、羽生善治、渡辺明、藤井聡太、5人を取り上げている。ただし全217ページの内、129ページを藤井聡太7段(当時、4段)に費やしている。
 谷川浩司は藤井聡太が初め目指した名人であり、人柄も真面目らしく、語り口は爽やかである。
 藤井聡太の史上最年少デビュー、公式戦29連勝、幼年時代のエピソード等、現在までの活躍を観ると、何度読んでも更に面白い。
 自身や他の中学生棋士の評伝で、優れた成績を挙げながら、勝負の世界の厳しさに、心の葛藤のある事が知られる。

 僕は囲碁を覚えて、日本棋院アマ6段の免状を得たけれども、1対1の勝ちへの執着を失って対局しなくなり、20年くらい経た。将棋は駒の動かし方を知る程度で、もっぱら観る将である。


 

↑このページのトップヘ