風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

藪椿

 4月2日の記事、「庭の椿3種」に続いて、庭の春の花を紹介する。
CIMG0806
 ピンク色の木蓮の花である。白木蓮に次ぐ。
CIMG0808
 赤木蓮の花である。
 上の木蓮2種は、大木になって花をたくさん咲かせているが、撮影ポイントがなくて、全体を撮れなかった。

CIMG0809
 ピンクの千重咲き椿である。品種不明。
CIMG0816
 品種名「緋乙女椿」である。誠文堂新光社の「日本ツバキ・サザンカ名鑑」に出ていないので、他の名の椿の俗名かも知れない。
 この椿は、ここ数年咲かなかったが、今年は数輪が咲いた。昨年の肥料(花・実用)が良かったのかも知れない。

CIMG0814
 原種の藪椿である。充分美しい。




満天星
 庭の花、4種を紹介する。
 上の写真は、満天星(ドウダン)の白花。大株になっている。

藪椿
 藪椿(ヤブツバキ)の花。
 元の木に咲かず、挿し木して殖やした株に咲いた。

八重桜
 八重桜。ピントが合っていない。
黄桜
 黄桜。御衣黄か鬱金桜か、わからなくなった。


↑このページのトップヘ