風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

覇王樹

IMG_20180826_0001
 結社歌誌「覇王樹」2018年9月号を、作品中心に読み了える。
 
同誌の到着は、先の8月28日の記事にアップした。
 上のリンクから、8月号の感想、覇王樹社のホームページ、9月号の僕の歌へ至り得る。

 「覇王樹」の通常欄は、ランクの別なく1人6首掲載である。同人でない会員、準同人は、8首出詠して6首の選を受ける。
 他に1段組みのページとして、巻頭「八首抄」、「文月10首詠」(4名)、「力詠15首」(2名を予定の所、都合により1名)がある。
 散文の連載3本も、長く続いて、たのもしい。
 毎月ごとの題詠・脳トレ短歌は楽しい。

 「他誌拝見 七月号」は7誌を取り上げ、「受贈歌集歌書紹介」は4冊を取り上げ、懇切である。
 「歌会だより」では、同誌の各地の歌会が報告されている。
 僕の評論「啄木『一握の砂』の「道・路」」(2ページ)を、ネットで公開する策はないものか。

 「東聲集」のS・叡子さん「梅雨に入りて」6首より、1首を引用する。
権力の座にうそぶける男ゐて香り無くせる白百合かさぬる
 反権力を訴え続けている文壇は、歌壇のみのようにさえ思われる。




IMG_20180826_0001
 僕の所属する結社歌誌「覇王樹」の、2018年9月号が8月26日(日曜日)、ヤマト運輸のクロネコDM便で届いた。
 先の
同・8月号の感想は、今月8日の記事にアップした。
 またホームページ
「短歌の会 覇王樹」もすでに、9月号分に更新されている。
 僕の歌6首(8首より選)、題詠・脳トレ短歌(各1首)、被批評2首などは、アメブロ「新サスケと短歌と詩」の8月27日の記事、
同・「僕の歌(1)3首」より、少しずつ小分けに発表して行くので、横書きながらご覧ください。
 また僕は、短い(2ページの)評論、「啄木『一握の砂』の「道・路」」を載せて頂いた。力量の無さ拙さが目立つ1文である。年度間テーマ「道・路」の散文を募集していた。編集部のお誘いがあったとはいえ、入会1年の僕には、畏れ多い事であったか。
 ブログ文には長いので、ネットで公開するかどうか判らない。
 今号も読み了えたなら、ここで紹介したい。




IMG_20180727_0001
 所属する結社の歌誌、「覇王樹」2018年8月号を、ほぼ読み了える。
 同誌の
到着は、先の7月28日の記事にアップした。
概要
 2018年8月1日付け・刊。46ページ。
 通常の短歌は、巻頭「八首抄」、「10首詠」、「力詠15首」が1段組み、他は2段組みである。
感想
 今号は、通常詠の他に、「覇王樹賞」の発表がある。結社内の20首詠の競詠である。
 受賞したのは、古城いつもさん(このブログへのコメントで、フルネームで挙げて良い事になっている)の「3分セクレタリー」である。「セクレタリー」とは秘書・書記の意だけれども、今回は原義の「秘密を取り扱う人」の意だろう。「郵便局職員3分セクレタリー我の封書を通し微笑む」。」
 次席から以降の作品にも、学ぶ所が大きかった。
 第7回「花薔薇賞」1首の発表があるが、所属歴が短い僕には、趣旨がよく判らない。
 「他誌拝見」「受贈歌集歌書紹介」が丁寧である。
引用
 「東聲集」のN・和子さん「今ゆえ想う」6首より。
今風の着ぐるみ達は芸達者ヒップホップのダンスもこなす
 新しい内容(「ヒップホップ」が僕によく判らないので、電子辞書で引いた)を、なめらかに詠んでいる。
 「覇王樹集」のO・雅子さん「叔母の心」6首より。
淡々とホームに入る準備する叔母の心は測りようなし
 叔母の心を推し測り寄り添おうとしながら、結局測り得ない無念さにいる。


IMG_20180727_0001
 7月27日(金曜日)の昼に、所属する結社の歌誌「覇王樹」2018年8月号が、クロネコDM便で届いた。
 
同・7月号の紹介は、今月3日の記事にアップした。

 今月号には、通常立ての他、20首連作を競う「覇王樹賞」の発表と、「花薔薇賞」の発表がある。
 それらを含め、読み了えたなら、ここで紹介したい。

 僕の歌6首(出詠8首より選)他は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」(アメブロ)の、7月27日の記事以降に、小分けに順次発表するので、横書きながらご覧ください。

 現在は体調が良くなく、パソコンも不調のため、簡単な記事で失礼します。




IMG_20180625_0001
 先の6月28日の記事、「入手した3冊を紹介」で報せた内、結社歌誌「覇王樹」2018年7月号を、ほぼ読み了える。
 
同・6月号の感想は、同じ6月2日の記事にアップした。
概要
 2018年7月1日、覇王樹社・刊。40ページ。
 通常立て短歌欄(1律6首)の他、巻頭の「八首抄」、「文月10首詠」(10首×4名)、「力詠15首」(15首×2名)が、文字大きく掲載される。
 連載評論2編の他、伊勢方信(「朱竹」代表)の「覇王樹ゆかりの歌碑(19)」、年間テーマ「道・路」の評論2編、「他誌拝見」、「受贈歌集歌書紹介」等を収める。
感想
 庶民的ながら、新しさを追求する作品が多い。
 もうすぐ100周年を迎える歌誌だが、新かな表記が多い面にも、その気風は汲み取れる。
 毎号、先々月号の歌を取り上げて、各欄ごとに批評してくださるのも嬉しい。
引用

 「文月10首詠」から、T・恵子さんの「寿メール」10首より。
ひと言も語らぬままに日の暮れて米一合をハミングで研ぐ
 1日語らなくてもめげないのは、短歌が傍らにあるからだろう。
 「東聲集」のT・照子さん「鮒ずし」6首より。
知人宅猫ほめて場の和みたりほんとは私猫苦手です
 こういう、本音を書ける場のある事は、生活の精神衛生にとても良い。


IMG_20180625_0001
 最近に入手した3冊を紹介する。

 まず6月25日、所属する結社の歌誌、「覇王樹」2018年7月号が届いた。
 7月1日付け、覇王樹社・刊。40ページ。

 僕の掲載6首(8首より選)他は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の
6月26日の記事より、順次掲載しているので、横書きながら是非ご覧ください。
早坂類 ヘブンリーブルー
 6月26日、AmazonのKindleストアより、早坂類・歌集「ヘヴンリー・ブルー」kindle unlimited版を、タブレットにダウンロードした。写真とのコラボらしい。

 紙本版:2002年・刊。
 kindle版:2014年12月20日・刊。1,177円。

生きるぼくら
 原田マハの小説「生きるぼくら」が、6月27日に届いた。
 徳間文庫、2016年5月10日・6刷。定価:690円+税。

 あるブログにこの本が紹介されて、すぐAmazonのマーケットプレイスへ注文した。
 後に注文がキャンセルされたが、別の店に再度注文して、入手した。
 予想より分厚く、423ページである。

 原田マハの作品は、印象の悪い1冊を読んでから、敬遠していた。この本は、感動的な小説のようだ。

 以上3冊、共に読み了えたなら、ここで紹介したい。


IMG_20180526_0001
 所属する結社の歌誌、「覇王樹」2018年6月号をほぼ読み了える。
 到着は先の5月28日の記事
「届いた2冊(2)」の後方で、同・5月号の拙い感想は4月29日の記事「同・5月号を読む」にアップした。
概要
 通常立ての短歌欄と、連載評論の他、年間テーマ「道・路」に応じて、H・俊明さんの「二つの寂しき路」、I・謙三さんの「人生行路」2編が載る。
 「他誌拝見」では1ページ3段組みで、7誌を5名5首ずつ転載している。
 「受贈歌集歌書紹介」では、3段組み2ページ余にわたって7冊が紹介され、感想に引用歌が添えられる。
感想
 年間テーマ「道・路」の2編は、「道・路」の出て来る歌の論ではなく、歌の道、人生の道を、自在に綴ったもので、読みやすくて感銘深い。
 壮年よりも高齢の方が多いと見受けるが、短歌作品にはそれぞれいつまでも「短歌の新」を追う姿が浮かぶ。
引用

 「游芸集」の佐田公子さん(本誌・編集人なので、フルネームで記す)「さくら子なれば」6首より。
両岸の桜枝垂るる神田川 嗚呼そこここに亡き息子(こ)が笑ふ
 息子さんを亡くされた嘆きは深く、そこここに顔が浮かび、声が聞こえるのだろう。笑顔である事が救いか。
 「大翼集」のS・和子さん「さくら三昧」6首より。
テーブルに向き合ひ若き日の話すれば夫の顔がほころぶ
 和やかに新婚時代を過せた夫婦は、老いても思い出話の和やかな時を持てる。そうでなかった自分は後悔する時がある。


 

↑このページのトップヘ