風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

覇王樹

 最近に入手した4冊を紹介する。
 所属する結社歌誌「覇王樹」の2020年11月号が届いた。


IMG_20201027_0001

 なお同・10月号の感想は、今月13日の記事にアップした。

 11月号の僕の歌「共にファンで」6首は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、今月25日記事より、2回に分載したので、横書きながらご覧ください。



 県立図書館より、「ふくい風花随筆文学賞 入賞作品集」を贈られた。僕は1度も応募した事はない。

IMG_20201027_0002
 2020年6月、同賞実行委員会・刊。49ページ。


海河童 乗鞍
 海河童さんのKindle版・写真集「Photo Collection of 乗鞍」をタブレットにダウンロードした。
 Kindle版の無料キャンペーンの終了が近いと、Twitterで呟きがあったので、急いだ。既に見了えた本かと惑ったが、無料なのでとりあえず入手すると、初めての本だった。
 海河童さんのKindle版・写真集は、今年8月12日の記事にアップした、「Photo Collection of Similan Islands」以来である。



IMG_20201027_0003
 福井県詩人懇話会より、「年刊 詩集ふくい2020 第36集」2冊が届いた。総47編(物故者を含む)。僕はソネット「クーデターか亡命か」を寄せた。
 参加者は2冊以上の購入を義務付けられており、1冊以上は他者に広められており、合理的である。
 「同2019」の感想は、昨年11月11日の記事にアップした。






 僕の所属する結社歌誌「覇王樹」の、2020年10月号を、ほぼ読み了える。
 入手は、今月6日の記事、入手した3冊を紹介する(12)にアップした。


 なおこのリンクには、9月号の感想、10月号の僕の歌、結社のホームページ、3つへのリンクが貼ってあるので、是非ご覧ください。

覇王樹10月号

 この10月号では、通常立ての記事の他、年1度の「覇王樹賞」(20首・応募)の発表、既発表より年1首・選の「花薔薇賞」の発表がある。僕は一発勝負が苦手なので、「覇王樹賞」に応募していない。

 H・俊明顧問の「覇王樹人の歌碑(40)岸良雄の歌碑」2ページ、W・茂子顧問の「落とし文考(69)」、S・素子編集委員の「後水尾院時代の和歌70」(各1ページ)も、滞りなく連載が続いている。

 以下に2首を引き、寸感を付す。
 K・南海子さんの「五葉のクローバー」6首より。
思い出の中にいかなるわが存在むかーしの友より届く文あり
 戸惑いと懐かしさが湧いたのだろうか。
 N・ヱツ子さんの「狐の嫁入り」6首より。
再発も有りと数値を示す医師余後五年過ぐと喜こぶ吾に
 歌は整っているが、気掛かりな日々だろう。


 所属する結社歌誌「覇王樹」の2020年9月号を、ほぼ読み了える。
 到着は、先の8月28日の記事にアップした。


 なおその記事に、僕の「グーグルに引く」6首・他、同・8月号の紹介、2件のリンクを貼った。
 またホームページ「短歌の会 覇王樹」も9月号仕様である。



覇王樹・9月号
 コロナ禍を詠んだ歌が多い。巻頭8首もほとんどを占める。
 散文ではH・俊明さんの「覇王樹人の歌碑(45)今井芳子の歌碑」が、モノクロ写真を含めて、2ページに渉る。W・茂子さんのエッセイ「落とし文考(68)」、S・素子さんの研究「後水尾院時代の和歌70」も健在である。
 T・次郎さんの「NHK短歌」9月号よりの転載、長崎原爆記念館に永久保存となったA・秀子さんの被爆体験記(2ページ)、受贈歌誌抄2冊、受贈歌集紹介6冊(2ページ)など、内外に手厚い。
 エッセイ欄、題詠欄等、リラックスできるページもある。

 以下に2首を引いて、寸評を付す。
 N・繁子さんの「かをりほのかな」6首より。
梔子のかをりほのかな朝明けを命つむぎて息深くすふ
 「命つむぎて」は比喩だろうけれど、早朝の爽やかさをよく伝えている。
 H・タケ子さんの「花の種」6首より。
庭土の温みを待ちて花の種つねより少し遅れて播けり
 植物に適切な環境を与える、園芸愛好家の歌である。



 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2020年9月号を、短歌作品中心に読み了える。
 到着は、今月14日の記事、届いた2冊を紹介する(16)で報せた。




 また同・8月号の感想は、先の7月20日の記事にアップした。


歌壇9月号
 連載・平成に逝きし歌びとたち9で、黒瀬珂瀾が春日井建を取り上げている。僕は彼の全歌集を読んだ。
 「バディ幻想という輝き」では、初期歌集に偏り過ぎて、中部短歌会の「短歌」に復帰してからは、多く書かれていないようだ。また同・選の30首では、後期の歌も多く入るようだ。

 「統制下に置かれた歌人たち」で「覇王樹」代表の佐田公子さん、「熟年の歌人」で顧問のH・俊明さん、「読者歌壇」で顧問のT・次郎さんと、結社「覇王樹」人の活躍が盛んである。

 以下に2首を引き、寸感を付す。
 H・忠さんの「浜昼顔の群落」7首より。
うす紅の浜昼顔の花に寄り抱き来たりしこだはりを捨つ
 歌に詠む事によっても、こだわりを捨てられたのだろう。
 服部崇さんの「雨音」7首より。
ひそやかに非で括られてわれわれは適応してゆく今日よりは明日
 「非」とは、非正規職か、非就業者か。籠りがちな生活が7首から読める。


 

 結社歌誌「覇王樹」2020年6月号を、ほぼ読み了える。
 到着は、先の5月31日の記事にアップした。


 リンクには、同・5月号の感想、結社のホームページ、僕の掲載歌、3つへリンクを貼ったので、是非ご覧ください。

覇王樹 6月号
 「覇王樹」社員には、新かな遣いの歌人が多く、例えば巻頭8首のうち、6名が新かなであり、旧かな遣いは2名である。ただし新かなでも、古典文法の歌人が多く、完全口語体を使う人は少ない。わかりにくい歌は、ほとんどない。「覇王樹」が清新自由をモットーとしているせいだろう。

 新型コロナウイルス禍を取り上げた歌も多く、その早さに機会詠としての短歌を思う。7月号には、僕も詠んで出詠している。

 かつての同人の逝去を悼んで、「追悼 土屋和夫氏」と題して、2名が2ページの追悼文を寄せた。

 今年11月に東京で予定されていた100周年記念祝賀会は、新型コロナウイルスの危険を避けて延期され、来年11月頃に開催の予定となった。

 以下に2首を引く。
 W・ちとせさんの「隠居」6首より。
食べ馴れの魚は旨きと笑み交わし貴殿と飲むは何年ぶりか
 K・南海子さんの「春嵐」6首より。
春嵐過ぎゆくまでを見ておりぬ窓一枚を隔てし世界を








 市内の出版社、宮本印刷に依頼して、合本2冊を製本してもらった。
 合本作製は、同じ宮本印刷で、昨年4月26日の記事、「福井県詩人懇話会会報」以来である。リンクでは、写真が消えていて、申し訳ない。



IMG_20200603_0001
 所属する結社歌誌「覇王樹」の去年、2019年1月号~12月号である。この年はまだ、準同人で、選を受けていたと懐かしい。
 これまでも2冊、年ごとに合本してある。


IMG_20200603_0002
 購読している、季刊同人歌誌「Cocoon」のIssue11~Issue15、5冊分である。若い人の歌から、刺激を受けている。
 創刊以来、5冊ずつをまとめて、合本製本してある。

 今回は、季刊同人歌誌「Cocoon」Issue15(3月15日・刊)の読了を待ち、緊急事態宣言の解除を待ち、5月25日(月曜日)に宮本印刷へ電話を入れ、翌26日に持ち込んだ。返事通りに、29日に電話を入れ、受け取りに伺った。値段は奥さんが迷われたようだが、2冊で500円となった。
 名入れはしてないので、家のテーププリンターで印字し、貼り付けた。うまく行った方である。
 それにしても、宮本印刷のサービスには感謝している。



 結社歌誌「覇王樹」2020年5月号を、ほぼ読み了える。
 到着は、先の4月26日の記事にアップした。


 リンクには、僕の6首と、4月号の感想へ、リンクが貼ってある。

 結社のホームページ「短歌の会 覇王樹」も、5月号をの仕様になっている。



「覇王樹」5月号
 100周年記念祝賀会の予告と共に、延期の可能性についての案内もある。
 この号で僕の「パールは光る」6首は、巻頭8首(1首×8名)に次ぐ特選、「爽什」(6首×10名)に初めて採られた。入手のリンクより、是非ご覧ください。
 皐月10首詠4名も健在である。
 コロナ禍を含めて、マイナスな向きの歌もあるが、現在の幸を詠むプラス向きな歌もある。
 H・俊明氏の「ウイルス砲」は「文春砲」に掛けたらしく、機知がある。

 以下に2首を引き、寸評を付す。
 M・眞知子さんの「部屋ガランとして」6首より。
幼たち帰れば鬼も来ぬ夜に力士の豆撒きニュース見ており
 お孫さんか曾孫さんか、子孫に恵まれても、淋しい生活のあると知る。
 T・律子さんの「墓じまい」6首より。
ひと匙の土となりいて堅物の父が運ばる故郷を発つ
 「堅物」の1語に、様々な思いが籠もるのだろう。





↑このページのトップヘ